りそなプレミアムカードローンで増額審査を通過するには利用実績と過去に延滞していないかがポイント

りそなプレミアムカードローンで増額するには

借入限度額UP
りそなプレミアムカードローンの限度額は、限度額50万円までの50万円型、限度額100万円までの100万円型、というように、限度額に応じたコース分けがなされています。限度額を増額する場合、より限度額が高いコースへの変更ということになります。

りそなプレミアムカードローンは低金利カードローンとして有名ですが、より限度額が高いコースに変更されるにしたがって、金利はどんどん下がっていきます。りそなプレミアムカードローンでの増額は、金利の引き下げとセットになっています。

この金利は年2回見直しがある変動金利方式なので、申し込みの前には現在の金利をチェックしておくと良いでしょう。

りそなプレミアムカードローンは低金利の銀行カードローンなので、消費者金融と比較すると増額審査の難度は高めとなります。

自分から限度額の変更を申し込むこともできますが、基本はりそな銀行からの増額案内を待つことになるでしょう。増額案内は増額が可能な人にのみ送られてきます。これが送られてきたということは、増額される可能性が高いということです。

案内が送られてきた場合でも審査はあり、そこで不利な材料が見つかると増額見送りになることもありますが、基本的には増額と金利引下げのチャンスであることは間違いないです。

りそなプレミアムカードローン増額の手順

流れ
りそなプレミアムカードローンで増額するには、クレジットセンターもしくはカードローン受付センターに電話をして申し込みをすることになります。年中無休のカードローン受付センターのほうが、土日祝日も対応してくれるので便利でしょう。

会員ページであるマイゲートからの限度額変更はできません。電話による問い合わせからの申し込みのみ、となります。
増額の申し込みを受け付けてもらえれば、あとは審査結果が出るのを待つだけです。

この間に勤務先への在籍確認が行われ、それが済めば限度額の高いコースへの変更が行われます。このとき、400万円型以上のコースに移る場合、収入証明書が必要になります。

審査は在籍確認がすぐに済めば結果がすぐに出るのですが、土日祝日の申込みの場合、在籍確認の関係で結果通知が翌営業日以降になりやすいです。

りそなプレミアムカードローンの審査において、勤務先への在籍確認はほぼ必須になっているため、これを避ける方法はありません。結果が来るまで待つしかないでしょう。

りそなプレミアムカードローンはキャッシュカードにキャッシング機能を追加するタイプのカードローンなので、審査に通過できればキャッシュカードに付属するキャッシング機能の限度額は自動で変更されます。

りそなプレミアムカードローン増額の審査について

保証会社イメージ
りそなプレミアムカードローンの増額審査で重要になるのは、収入の増加、支出の減少、そして利用実績の評価です。収入の増加については、昇進や転職による年収の増加が主な要因となるでしょう。

株式の売却益など一時的な増収はそれほど評価されませんが、不動産の賃貸収入など、安定した副収入の増加は評価されやすいです。

支出の減少については、多くを占めるのが他社借り入れの完済でしょう。他社への返済が終了すれば、それだけ返済する余力が生まれます。

また、完済までいかなくとも、大幅に他社借り入れの残高が減っていれば、増額されやすくなるようです。

りそなプレミアムカードローンを延滞をせずに利用し続けている、という利用実績も、増額には欠かせない要素になります。

りそなプレミアムカードローンでは、返済が延滞状態になった時点で新規借り入れが不可能になります。それほど延滞には厳しいため、限度額の大きいコースへの増額を希望するのであれば、延滞は絶対に避けるべきでしょう。

りそなプレミアムカードローンには残高不足を補うオートチャージ(自動融資)の機能がありますから、知らないうちに借り入れをしている場合があります。借り入れ残高を毎月しっかりと確認しておきましょう。

りそなプレミアムカードローン増額の成功率はどれくらい?

疑問
りそなプレミアムカードローンでの増額がどれくらい成功するかについてですが、やはり低金利の銀行カードローンというだけあって、他のカードローンよりも増額の審査基準は高めです。

初回契約時に、収入に応じた限度額いっぱいのコースを選んでいるとなると、利用実績にくわえて収入の増加や他社借り入れの完済など、審査で有利になるはっきりとした材料が必要になるでしょう。

また、限度額がコース別に分かれているというのも増額を少し難しくしています。他社であれば、10万円、20万円といった細かい金額刻みで増額をすることも可能です。

しかし、りそなプレミアムカードローンの場合、50万円、100万円、150万円と限度額は50万円ごとに増えるシステムです。一気に50万円の限度額が増えるだけの評価を審査でしてもらう必要があるので、どうしてもハードルが高めになってしまいます。

200万円からは100万年刻みになるため、さらに増額審査は難しくなるでしょう。ちなみに金利が同じで限度額が低めのりそなクイックカードローンは30万円型、50万円型、70万円型と、限度額のコースがより細かく分けられています。

20万円、30万円刻みでの増額ができるので、増額はこちらのほうがしやすいかもしれません。

りそな銀行よりもおすすめのカードローン

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳~満65歳 残高スライド方式

プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能
りそな銀行 プレミアムカードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年3.5%〜12.475% 最大800万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
19.9%(実質年利) 満20歳〜60歳 残高スライド式 ネットのみで完了