プロミスで増額審査を通過するためのポイントは利用実績と過去に延滞していないか

20110516追加 728*90

プロミスで増額するためのポイント

借入限度額UP

プロミスのカードローンは限度額の範囲内で何度でも借り入れができますが、この限度額をさらに引き上げることもできます。限度額の増額に成功すると、金利も一緒に引き下げてもらえる場合があるので、増額が可能ならば積極的に狙っていきたいところです。

カードローンの増額が可能な理由は単純で、プロミスが「この人にはもっとお金を貸したい」と考えるからです。プロミスをはじめ、カードローン各社はきちんと返済してくれる優良顧客を常に探し求めており、そういった人にはもっとお金を借りてほしいと考えています。

そのため、きちんと遅れずに返済するという実績を積んだ人に対しては、契約時の審査で決定した限度額をさらに増額してくれるというわけです。

カードローンの増額は、プロミスから勧誘される場合と自分から申し込む場合があります。

そのどちらも審査を経て、基準を満たしていれば増額(と金利引き下げ)が行われます。審査があるということは審査落ちになってしまうこともあるということです。さらに、審査を受けるためには一定期間カードローンを利用するなどの実績も必要になります。

そうした資格がない場合は、プロミスに増額を申し込んでも断られてしまうことになるのです。

プロミス増額の手順について

手順

プロミスで増額を行なうには、会員サービスの「限度額変更申込」から申し込むことになります。平日18時までの申し込みで審査が順調であれば、当日中に限度額変更が可能です。

審査の際に、50万円を超える限度額、または他社借り入れと合わせて100万円を超える限度額を希望する場合、収入証明書の提出が必要です。これは事前に会員サービスから送信することが可能なので、そうしておくと審査がスムーズに進みます。

審査に通過できれば、申し込み時に入力した電話番号に連絡があり、増額の手続き方法について指示があります。手続きは電話や自動契約機のほか、郵送や店頭窓口でも受け付けています。
なお、プロミスのほうから「増額しませんか?」という勧誘が来る場合もあります。

この場合も審査は行われますが、プロミスは事前審査でリストアップした人に優先的に連絡をしているので、審査に通る可能性が高いです。ただ、最近転職した、引っ越しをした、等の変更があると、審査結果も変わってくる可能性はあります。

本来、転居や転職はすぐにプロミスに連絡を入れなければならない事項なので、勤務先や住所の変更があった場合はすみやかに届け出をしておきましょう。こうしたこまめな連絡ができる人は返済態度も良好として、優先的に増額の対象となります。

プロミスの増額審査ってどのように行われるの?

プロミスの増額審査の基準は、年収や職業、居住形態、家族構成、他社借り入れ、そして信用情報です。これらは初回契約時に審査されたものとほぼ同じであり、増額審査の場合はここに返済実績が加味されます。

これらの基準において、前回の審査よりも評価が高くなっている部分があると増額される可能性が出てきます。多くは返済実績が評価され増額、というケースとなります。

一方で、延滞など返済実績に問題があると増額は難しくなります。

プロミスなど消費者金融の場合、延滞の連絡後すぐにこちらから連絡し、数日以内に返済を行えば、延滞扱いにならないことが多いです。やむを得ず延滞になりそうなときは、事前連絡を心がけましょう。

また、思わぬ落とし穴になるのが信用情報です。

プロミスに延滞がなくとも、他社のカードローン返済が滞っていたりすると、これも増額審査に影響が出ます。この延滞は現在進行系のものだけでなく、過去1年以内の延滞がチェックされます。

1回でアウトというわけではないようですが、複数回延滞の記録が残っていると、増額することは難しくなるでしょう。

なお、増額の審査の際には勤務先への在籍確認が行われることがあります。

転職などで勤務先が変更になった場合はもちろん、前回の確認からある程度の時間がたっていると再び確認が行われることもあります。プロミスでは基本的に電話による在籍確認を避けることはできませんが、事情によっては電話で相談してみましょう。

在籍確認について要望がある場合は、電話などで前もって伝えておくとよいでしょう。

増額に成功しやすい限度額とは?

OKです

プロミスでの増額が成功するかどうかは、限度額によってかなり差があります。

まず、50万円までの増額はかなり成功率が高くなっています。

10万円、もしくは30万円などで初回契約をしておいて、利用実績をみて問題なければ50万円まで増額、というのがプロミスのひとつの基本方針です。50万円までなら収入証明書も不要であり、増額しやすいラインなのかもしれません。

プロミスから増額の勧誘があるのも多くはこの金額帯です。

一方で、希望限度額が50万円を超えると、審査基準が厳しめになります。収入証明書が必要ですし、在籍確認もしっかりと行われます。また、50万円を超える金額への増額の勧誘はかなり珍しいようです。

50万円を超える金額に増額したいのであれば、収入のアップや他社借り入れの返済、そして延滞のない利用実績をきちんと積み上げたうえで、自分から増額を申し込む、ということになります。

ちなみに増額ができるかどうかは、プロミスの事前審査によってほぼ決まっているようです。もし増額が可能であれば増額の審査に移りますが、増額が現時点で不可能な人の場合は、日時を告げてそれ以降に再度お申し込みください、という旨の案内があります。

その日時までに再度の事前審査があり、そこで増額可能と判定されれば、次回は増額の審査を受けられます。

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能