近くのプロミスを探すよりもWEBから申し込みした方が良い理由

20110516追加 728*90

プロミスから急いでお金を借りたいとき、とりあえず近くのプロミスを探した方が早く楽にお金が借りられると思っていませんか。

実はプロミスで急いでお金を借りたい場合、近くのプロミスを探すより、WEBから申し込みをした方が早く楽にお金を借りる事が出来る場合があるのです。

プロミスからお金を借りるとき、近くのプロミスを探すよりもWEBから申し込んだ方がいい理由について解説します。

既に会員で、プロミスの借り入れ可能な提携ATM、コンビニを探している場合


既にプロミスの会員になっている人は、キャッシングカードをATMに差し込めば、いつでもお金を借りる事が出来る状態になっています。

プロミスの、提携ATMやコンビニATMは色々な場所に設置されていて便利ですが、『手数料』が発生することに注意しなければいけません。

1回の手数料は微々たるものですが、月に何回も借りていると金利を含めた実質的なコスト負担が上がってしまいます。

手数料がかからない借り入れ方には、WEB会員ページから申し込む『振り込み融資』を利用してみるといいでしょう。

振り込み融資は既にプロミスの会員であるなら、だれでも利用でき、銀行口座に融資金の振り込みを受ける事が可能です。

わざわざATMを探す、ATM利用手数料をとられるといった事もありません。

更に、プロミスとの提携銀行の銀行口座(三井住友銀行、三菱UFJ銀行等)を持っていれば、リアルタイム送金で時間をとられず、すぐに振り込みを受ける事も可能です。

プロミスの無人契約機のデメリット


早く融資が欲しいときはプロミスの無人契約機を訪れるのがわかりやすい借入方法です。
ただし、プロミスの無人契約機は、

  • 営業時間が22時まで(一部店舗では21時)、更に営業時間内に審査に通過していなければいけない
  • 審査に申し込んでから、審査が終わるまでブース内で1時間程度待機しなければいけない
  • 知人や会社の同僚などに無人契約機に入るところが見られる事も
  • 無人契約機から申し込んでも対して融資実行までは早くならない

といったデメリットもあるのです。

このようなデメリットはWEBから申し込むことで避けることが出来ます。

営業時間については無人契約機もWEBも変わりませんが、WEBから申し込めば審査が終わるまでの待機時間発生や、誰かに見られるリスク等が無くなるので、快適かつスピーディーな融資を受ける事が可能です。

プロミスをネット申し込みするメリット


なぜプロミスをネット申し込みした方がいいのでしょうか。
それには4つのメリットが発生するからです。

(1)24時間審査を受け付け
プロミスはネット申し込みの場合、24時間申し込みを受け付けています。

深夜は審査が止まりますが、翌日営業時間から順番に処理してくれますので、審査は早くなるので、営業時間外でも申し込んでおいた方が得です。

時間に縛られないで申し込み出来るのはプロミスのネット申し込みのメリットと言えるでしょう。

(2)審査中他の用事が出来る
ネット申し込みは自動契約機での申込みと違い、審査中どこにいてもOKです。

他の事をしながら、審査結果を待つことが出来るのでとても楽になります。

いちいち外出や、勤務時間中に抜け出す必要も無いのはネット申し込みのメリットです。

(3)即日融資も受けられる
プロミスのネット申し込みは即日融資も受けやすくなっています。

(4)郵便物なし
一切の郵送物がありません。

振り込み融資、自動契約機でカード受け取り、スマホアプリでセブン銀行のATMを操作できるアプリローンなど、利便性の高いサービス提供がなされているのです。

ネット申し込みでも安心して即日融資を受ける事が可能な点も、ネット申し込みのメリットと言えるでしょう。

初めてのカードローンならプロミスがオススメ

これから初めてカードローンを組む人は、プロミスがオススメです。

なぜなら、

  • プロミスの最大金利は17.8%と他の消費者金融より安い
  • WEB完結申込など、郵送物なしの利便性のあるサービスを提供している
  • 30日間無利息サービスなど、短期間借りる事に適したサービスがある
  • 三井住友銀行ATMが手数料無料で使え便利
  • 銀行カードローンより審査に通りやすい
  • アプリローン等、業界の最先端のサービスを導入している

といった利便性があるからです。

初めてカードローンを作るなら、そんなに長期間借りる予定ではないと思います。

使いやすいサービスを多く導入しているプロミスを、利用してみるといいでしょう。

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能