ダイレクトワン審査に通過するコツは?

キャッシングのダイレクトワンとは?

キャッシングのダイレクトワンは、貸金業者ですが、スルガ銀行グループなので安心して利用することができます。
知名度の低い中小消費者金融とは全く異なり、信用度が高いことで、よく利用されています。

中小消費者金融の場合、資本金が少ないため、融資限度額が低いことも多いですが、ダイレクトワンの融資については総量規制の範囲内でギリギリまで利用できる可能性があります。

スルガ銀行のATMからも借り入れが可能であるため、必要な時に必要な分の現金を借り入れできます。

金利は最高18.0%

ダイレクトワンの金利ですが、最高20.0%となっていますが、これはあくまで10万円以内の借り入れだけの話で、10万円を超える借り入れには18.0%が適用されます。(法律で決まっています)

ですので金利としては大手の消費者金融と変わりはありません。
ただ、銀行のカードローンと比較するとやはり高いので、先に金利の低い銀行系カードローンに申し込みをしてみてダメならダイレクトワンに申し込んでみるのもありだと思います。

限度額は最高300万円

ダイレクトワンの融資限度額は、最高300万円と大手消費者金融の最高500万円や800万円と比較し、少なくなります。

しかし、実際の契約において定められる限度額は、貸金業法に定められる総量規制すなわち年収の1/3までとなり、大手消費者金融とも大きな差が無くなります。

一般的な利用限度額は30万円や50万円となるため、実質的な部分では大きな差がありません。

どうしても最大限度額が気になりますがばかり気にしますが、影響するのは契約者自身の年収であるため、ダイレクトワンと大手消費者金融はあまり変わりはありません。

審査で必要になる書類は?

審査で必要な書類として、まずは本人確認書類です。運転免許証が一般的ですが、無い場合はパスポートや健康保険証、住民基本台帳カードでも対応可能です。

ただし、運転免許証以外の場合は公共料金の領収書や納税証明書などが追加で必要になります。

また、ダイレクトワンはあくまで貸金業法に基づく融資となるため、希望額が50万円を超える場合や融資額が他社借り入れと合計し100万円を超える場合は収入証明書類が必要になります。

収入証明書類は、源泉徴収票や直近2か月分の給与明細、課税証明書が該当します。

審査基準は?

審査イメージ

審査は、申込者の与信情報と返済能力の有無により行われます。与信情報による審査は2つに分かれており、申込情報による書類審査すなわちスコアリング判定により、融資可否を確認しています。

この際、他社借り入れ情報や家族構成、年収といった基準があり、借り入れがあると減点され、家族がいて持ち家だと加点されます。

一方、より審査基準で厳しいのが個人信用情報の照会であり、審査を通過するためには、他社借り入れが総量規制に抵触していないか、金融事故が無いかということを基準に審査を行っています。

審査時間はバラバラ

審査時間ですが、大手消費者金融の様にスピーディーというものではありません。近年では、銀行系カードローンでも即日または翌日に審査結果が通知されたり、消費金融なら30~60分程度で結果が通知されます。

しかし、ダイレクトワンの審査申込を行った方の口コミを見ると審査結果の通知までに3日掛かったり、カードが届くまで1週間かかるなどが見られます。

スルガ銀行のカードローンであるリザーブドプランなら審査時間が短いくて人気がありますので、融資を急ぐ場合はこちらを検討するか大手消費者金融を契約した方が審査時間が短くて済みます。

ダイレクトワンの審査に通過するコツは?

ポイント

ダイレクトワンの審査を通過できる可能性を高めるには、返済能力と信用度を高める必要があります。返済能力は収入となってしまうため、給料が大幅アップするということは現実的ではありません。

そこで信用度を向上させるため、他社借り入れがある場合は減らす、クレジットカードの利用残高を少なくした上で申し込みをする必要があります。

また、申し込みを行う際はウソの情報を入力してはいけません。
他社借り入れ状況は、個人信用情報の照会で把握されてしまい、過小に記載した時点で審査結果に影響してしまいます。

さらに、申込内容には間違いが無いようにするのが、大切です。

申し込み後の流れについて

手順

ダイレクトワンは、審査申込後から仮審査が行われ、その結果が申込者本人に通知されます。仮審査自体は、申込内容の確認とスコアリング審査、そして個人信用情報の照会を経て、勤務先への在籍確認を実施しています。

審査結果が通知された後、本審査すなわち契約審査に移りますが、店頭窓口での契約や郵送、インターネットでの契約で流れは変わります。一番手間が少ない方法としては、インターネットから本人確認書類や収入証明書類を提出して、契約を締結する方法です。

これならば、店頭に赴く手間や書類が郵送されてくるのを待つ必要がありません。

在籍確認は個人信用情報の照会が行われた後

在籍確認

在籍確認は、仮審査のいち項目として行われ、申込内容からのスコアリング審査と個人信用情報の照会が行われた後に勤務先に電話があります。

スコアリング審査と個人信用情報の照会において、融資ができないと判断された場合は基本的に在籍確認は行われません。

在籍確認は、申込内容に記載されている勤務先情報に間違いが無いか、返済能力があるかどうか、返済できない場合は給与差押が可能かを判断しています。

在籍確認が行われた後、仮審査結果通知が行われ、契約審査へとなりますが、在籍確認が行われれば余程のことが無い限り融資を否決されることはありません。

評判は「金利が高い」「審査が厳しい」など

口コミ

ダイレクトワンの評判ですが、大手消費者金融と比べると『金利が高い』、『審査が厳しい』という情報が目立ちます。一時は、『金融ブラックでも借り入れできた』とありますが、スルガ銀行グループに入る前の情報であり、古い情報です。

融資可決の情報に対し、『否決された』や『希望額より少ない』といったことから、大手消費者金融を契約した方が良かったというケースもあります。

これらの口コミは、信憑性という部分ではイマイチですが、『火のない所に煙は立たぬ』という言葉があるように、少なからず大手消費者金融よりは柔軟性が少ないと言えます。

しかしどうしてもやはり金利の高さは気になりますので
ダイレクトワンで借りるよりも親会社のスルガ銀行カードローンで借りた方がお得です。
ダメ元でも申し込みしてみてはいかがでしょうか?万が一の時も「保険でローンを全額返済」できる特典付きで、スペックではダイレクトワンの上をいくカードローンです。

ダイレクトワンよりもおすすめのカードローン!!

プロミスなら借り入れから30日間利息なし

300 × 250

平日14時までに必要書類の確認を済ませられれば振込融資に対応!
銀行時間外でも来店契約を選択し自動契約機で契約、カード発行でその場で融資を受けることができます。

メールアドレスを登録し、web明細の利用に同意すれば、初回出金の翌日から30日間無利息で利用できるのがメリット。

プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

アコムなら最短30分で審査回答!初めてなら最大30日間金利ゼロ円!

アコムの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング返済方式 ネット上のみで完了