大正銀行大正カードローン

たいしょう

大正銀行大正カードローンの特徴

『大正ローン』は、申し込みは来店不要でインターンネット、郵送、電話、FAXで仮審査申し込み可能でありますが、正式な契約手続きは銀行窓口で行うこととなります。

さて、気になるのは大手銀行カードローンとの金利や最高限度額、そして利用限度額のプランや返済額です。

金利 3.0~14.5%・最高限度額 1,000万円

金利は3.0~14.5%となっており、最高限度額も1000万円と大手銀行カードローンよりと遜色がありません。

実際に借り入れする上で、上限金利の14.5%が適用されたとしても、消費者金融の最高年利17.8~18.0%よりも、断然お得です。

利用限度額と金利は、審査結果により10万円単位で決められるため、申し込み時点で目的に合わせた金額を希望することが可能であり、利用限度額と金利がコースで固定されるカードローンよりも柔軟性があります。

返済金額

毎月10日を約定日とし毎月約定日に次の金額を返済用口座から自動引き落としされます。

極度額 毎月の約定返済額
10万円以下 2千円
10万円超30万円以下 6千円
30万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 5万円
400万円超500万円以下 7万円
500万円超1,000万円以下 9万円

50万円以下の借り入れ限度額における返済金額が少額となってしまうため、返済をする際はある程度まとまった金額を返済しなければ、返済機関が長期化するリスクがあります。そのため、計画性を持った借り入れを行い、余裕がある時は随時返済をするなど対応が必要です。

審査はどこがやる?保証会社は?

「大正カードローン」ですが、仮審査の受付は同銀行で行っています。しかし、実際の審査はおよび在籍確認までは保証会社である『SMBCコンシューマーファイナンス』に委託されています。

実は、インターネットから申し込みを行う際、SMBCコンシューマーファイナンスのネットワークサーバーに移動します。

また、『個人情報の取扱いに関する同意条項』を確認することで分かり、大正銀行は全国銀行個人信用情報センターの会員ではあるもの、株式会社シー・アイ・シーや株式会社日本信用情報機構の会員ではありません。

そのため、大正銀行は貸金業者からの借り入れ情報やクレジットカードの利用状況、そして金融事故情報を確認することができません。つまり、これらの点から仮審査は保証委託先であるSMBCコンシューマーファイナンスに審査を委託しているということになります。

仮審査は、SMBCコンシューマーファイナンス側でスコアリング審査、個人信用情報の照会、勤務先への在籍確認を行うことになります。

仮審査の最終段階で、大正銀行はSMBCコンシューマーファイナンスが照会できない個人信用情報すなわち全国銀行個人信用情報センターの情報を確認し、審査結果を判断します。

借り入れまでの流れ

  1. インターネットから申し込み
  2. 仮審査結果の連絡(電話)
  3. 来店で正式な申込手続き
  4. ローンカードの到着(郵送)
  5. 利用開始

審査の自体はどれも保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが審査を行い、保証可能と判断されれば、大正銀行から審査結果の回答があります。

仮審査の中身については、申込内容からのスコアリング審査、個人信用情報の照会を行い、保証可否の判断を行っています。特にスコアリング審査は消費者金融業でのノウハウを蓄積して構築したシステムを利用し、客観的に判断が行われます。

個人信用情報の照会では他社借り入れの件数、借入総額、金融事故情報の有無をチェックしています。

金融事故情報としては、他社借り入れにおいて返済遅延や長期滞納が無いか、保証会社による代位弁済が行われていないか、自己破産や民事再生により異動情報が無いかをチェックしています。

ただし、SMBCコンシューマーファイナンスでは全国銀行個人信用情報センターの情報を照会できないため、この信用情報は大正銀行が確認を行うこととなります。これらの審査が完了した後は、銀行窓口での契約手続きとなります。

即日融資に対応してる?

『大正カードローン』ですが、銀行口座への振り込み融資サービスを行っており、即日融資を受ける可能性はあります。インターネットから仮審査申し込みだ場合、最短即日で審査回答が行われており、朝早く申し込みを行い、午前中に審査結果を得るというのが条件です。

また、振り込み融資は契約手続きと同時に行うこととなり、銀行窓口へ足を運ぶ必要があり、銀行窓口での順番待ちが無いというのが非常に重要になります。

即日融資を受けるためには契約手続きがスムーズに進むことが重要なことから、運的な要素が多くなってしまいます。そのため、即日融資は受けられることはありますが、可能性は低いと予め考えておくのがおすすめです。

ただし、どうしても即日での融資を希望するのであれば、大手銀行カードローンや大手消費者金融をインターネットから申し込みし、無人契約機からローンカードを受け取る方が確実性は高くなります。

例え、消費者金融のカードローンで借り入れしたとしても、改めて『大正カードローン』で借り換えを行えば、必要な融資を受けられ、将来的に発生する利息もカットできます。

ですが、大手銀行カードローンを契約できれば、カードローンのスペック面では同じであり、提携ATMでの利用手数料も無料となるため、まずは大手銀行カードローンを狙うのがおすすめです。

使いやすさ

利用可能ATM

大正銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、徳島銀行・香川銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM

大正カードローンの3つのメリット

  • 専業主婦・年金受給者も利用可能
  • 三菱UFJ銀行のATMが手数料無料(銀行窓口営業日の8:45~18:00)、徳島銀行・香川銀行のATMも手数料無料(預け入れは終日、借り入れは平日8:45~18:00)
  • 最低返済額が2000円~と財布に優しい
  • 大正カードローンの2つのデメリット

  • コンビニATM利用時に手数料がかかる(108円or216円)
  • 借り入れまでに時間がかかる(来店が必要)
  • プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

    300 × 250
    プロミスの詳細情報
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

    バンクイックは提携コンビニATM手数料無料!土・日・祝日もその場でカードが受け取れる!(テレビ窓口で)

    バンクイックの詳細情報
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
    - 満20歳~満65歳 残高スライド方式