200万円をおまとめするならどの業者がいい?通りやすくするための方法まで解説!

200万円借りている人は、3〜5社と契約している人が大半だと思われます。
借入先は、なるべく1つにまとめる方が金利面で得になり、管理もしやすくなるものです。
複数社から200万円を借りている人が、借金を『おまとめローン』でまとめる方法について解説します。

必要な年収は?


複数社から借入を行っている200万円をおまとめして一本化する場合、

  • 銀行のローンを使っておまとめ
  • 消費者金融の『貸金業法を利用したおまとめローン』でおまとめ

の2つの方法があります。

銀行のローンでおまとめする場合は、審査のハードルは高く、通過は難しいです。
審査が難しい分、金利は低くおまとめをした時の効果は大きくなります。

消費者金融のおまとめローンは『総量規制の例外』を使った借り換えになるため、総量規制が関係ありません。

必要な年収はありませんが、どのみち年収が高い方が審査には通りやすくなります。
具体的な基準はありませんが、おまとめしようと思っている金額の倍くらい(200万円なら年収400万円くらい)あると審査通過の可能性は高まります。

200万円をまとめるメリット

複数社から借りている200万円を、まとめると以下のようなメリットが発生します。

  • 金利削減効果
  • 返済額軽減
  • 返済日がまとまる

特に注目したいところは金利削減効果です。

おまとめした金利が今現在借入を行っている金利より下がれば、毎月の利息負担が減る事になります。

利息負担が減れば、同じ金額を毎月返済したとすると完済までの期間が大きく短縮されるのです。

支払利息の削減効果は、借入金をおまとめする大きなメリットです。

200万円をまとめるデメリット

200万円をまとめるデメリットは特にありません。
強いてデメリットを上げるとすれば、200万円を複数社から借りている場合は、借り換えがしにくい点です。

特に消費者金融のおまとめローンは、『金利が低いローンからの借り換え(契約者に不利になる借り換え)』は出来ないルールになっているので、おまとめ先を探すのに苦労します。

銀行と消費者金融で借りるのはどちらが良い?

消費者金融5社から200万円を借りている人が、銀行、消費者金融で借り換えた場合どちらが良いか検証してみましょう。

〇銀行のカードローン 金利10% 毎月一定金額を10年間返済
→毎月の返済額 2.64万円 総支払い利息 117.1万円

〇消費者金融からのおまとめ 金利15% 毎月一定金額を10年間返済
→毎月の返済額 3.22万円 総支払い利息 187.2万円

〇【参考】消費者金融から金利18%、10年間借り続けた場合
→総支払い利息予想 平均232.4万円

金利の安い銀行カードローンで借り換えを行うと、10年間の総支払利息は117.1万円にコストダウンでき、さらに毎月の返済額も小さくなります。

金利10%で10年間借りた場合は、18%で借り続けるより『支払利息は半分以下』に抑える大きな効果をもたらすでしょう。

但し、銀行カードローンの審査は消費者金融と比較して非常に厳しいので、審査には気合を入れて臨む必要があります。

銀行はおまとめに消極的

おまとめするのに消費者金融と銀行とどちらが良いかという疑問には、「基本的に低金利の銀行がオトク」と言えますが、実は銀行でおまとめするのは難しいです。

昨今の銀行カードローンの過剰融資の問題から銀行はカードローンの広告や貸付額を自主規制しています。

その影響で広告から「おまとめOK」「専業主婦も申し込み可能」などの文言も消えて銀行カードローンをおまとめに使うということが実質的にできなくなっています。

そしてそれはみずほや三井住友銀行などの大手で特に顕著です。

銀行でおまとめするなら東京スター銀行

例外としては東京スター銀行のおまとめローンがありますので、正社員で一定の収入(年収200万円以上)ある方はぜひチャレンジしてみてください。

銀行のおまとめで審査に自信のない方には消費者金融で借りるのが現実的です。

おまとめローンの審査を通すために大切なこと


おまとめローン審査、少しでも審査が通る確率を上げたいものです。
審査を通すために、以下の3つの項目を実施する事が大切です。

(1)審査を受ける前に借入先件数を減らす

借入先件数はスコアリング審査において大きなウェイトを占める項目です。借入残高が少ないところを集中的に返済し完済しましょう。

(2)使っていないカードの整理を行う

使っていないクレジットカードやキャッシングカードがある場合は解約をしてください。残ったままだと審査に悪影響を与える場合があります。

(3)審査が通りそうな金融機関に申し込む

最後に重要なのは審査が通りそうな金融機関に申し込むことです。

銀行カードローンの金利は低いですが、何先も借りている人は審査に中々通りません。

消費者金融のおまとめローンの方が審査は通りやすいので、この辺りの審査難易度を推測して、自分の通る可能性のありそうな金融機関に申し込みましょう。

消費者金融のおまとめローンでオススメは

プロミスなら最短即日融資で、借り入れから30日間利息ゼロ

300 × 250

平日14時までに必要書類の確認を済ませられれば振込融資に対応!
銀行時間外でも来店契約を選択し自動契約機で契約、カード発行でその場で融資を受けることができます。

メールアドレスを登録し、web明細の利用に同意すれば、初回出金の翌日から30日間無利息で利用できるのがメリット。

プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話で『おまとめローン希望』とお伝えください。

アコムなら最短30分で審査回答!初めてなら最大30日間金利ゼロ円!

アコムは最短30分のスピード審査。土日祝日の急な出費でもアコムなら即日融資も可能です。
「満20歳以上の安定した収入がある方」であれば、派遣・パート・アルバイト・主婦・学生の方でも申し込みすることができます。
もちろん利用用途は自由。
さらにアコムとの契約がはじめてなら最大30日間の金利が0円です。

アコムの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング返済方式 ネット上のみで完了

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話で『おまとめローン希望』とお伝えください。

審査落ちしたらどうすれば良い?


折角申し込んだのに、審査落ちした場合はどうすればいいのでしょうか。
審査落ちした場合は、以下の方法を試してみてください。

(1)客観的に原因を探る

審査落ちするのは『スコアリング点数が足りない』『延滞等で信用情報に傷がついている』といった、何らかの理由が考えられます。
何故落ちたのか、「自分がその金融機関の審査担当者だったら、審査に通すかな?」と客観的に自身を見つめ直し、原因を探ってください。

(2)原因に対して対策をとる

スコアリング点数が足りないときは、スコアリングを良くする努力をしましょう。
信用情報に傷が付いているなら、銀行カードローンなどブランド力のあるローンには通りにくくなります。
消費者金融のおまとめローン、特に中小証消費者金融のおまとめローンは審査に通りやすいので、試してみるといいでしょう。

おまとめローン詐欺に注意!


おまとめローンを語った詐欺を行う輩がいるので注意しなければいけません。

具体的には『ブラックOK』、『審査なし』『金利1%台』『1000万円までOK』といった宣伝をしている所は殆ど詐欺になります。

違法な詐欺会社か、正規の貸金業者を調べる方法は、貸金業協会の会員になっているかを調べる事です。

貸金業協会の会員名簿に名前があるならその会社は正規業者なので申し込んでも大丈夫でしょう。