150万円をおまとめするのにオススメの業者はココ!審査を通すのに大切なことも解説!


『複数社から借金をしてしまい、3社で150万円にもなってしまった。』こんな時はおまとめを考えましょう。

おまとめは借入先を一本化する事により、『金利の引き下げ』や『今後の借り換え』が行いやすくなります。

150万円をまとめる時に必要な年収、メリット、金利、返済額について解説します。

おまとめするのに必要な年収は?

消費者金融からの借入は『総量規制(貸金業者の貸付を年収の3分の1に制限する法律)』が関係してきます。

ただし、おまとめローンは貸金業者が行う貸付でも、『総量規制の例外』として、年収の3分の1を超えて貸し付けを行ってもいい事になっているのです。

そういった面では審査にさえ通ればいいので『最低限必要な年収』というものは存在しないと言ってもいいかもしれません。

とはいえ、審査を有利に進めるにはやはり年収が低いよりは高い方がいいでしょう。
おまとめローンを組もうと思っている金額の倍くらいは年収が欲しいところです。

銀行はおまとめに消極的

おまとめするのに消費者金融と銀行とどちらが良いかという疑問には、「基本的に低金利の銀行がオトク」と言えますが、実は銀行でおまとめするのは難しいです。

昨今の銀行カードローンの過剰融資の問題から銀行はカードローンの広告や貸付額を自主規制しています。

その影響で広告から「おまとめOK」「専業主婦も申し込み可能」などの文言も消えて銀行カードローンをおまとめに使うということが実質的にできなくなっています。

そしてそれはみずほや三井住友銀行などの大手で特に顕著です。

銀行でおまとめするなら東京スター銀行

例外としては東京スター銀行のおまとめローンがありますので、正社員で一定の収入(年収200万円以上)ある方はぜひチャレンジしてみてください。

銀行のおまとめで審査に自信のない方には消費者金融で借りるのが現実的です。

150万円をまとめるメリット

150万円を消費者金融3社から借りている時、おまとめローンを組む事によって以下の様なメリットが発生します。

金利を下げ、完済が近づく

→例えば金利18%で消費者金融3社から50万円ずつ借りている状態で、150万円のおまとめローンを組んだとします。

利息制限法の関係で、100万円を超える融資の金利上限は15%になるため金利を15%以下に下げることが可能です。

低い金利で借りる事が出来れば、同じ金額を毎月返済しても支払利息は少なくなり、完済までの期間が短縮化されます。

毎月の最低返済額を減らすことが出来る

→カードローンの最低返済額のルールは、借入残高が少ないほうが借入残高対比でパーセンテージが上がる様に設計されています。

50万円を3社から借りているより、150万円を1社にまとめた方が最低返済額は少なくなり、計画的な返済が可能です。

おまとめローンの方が返済期間は長い

→通常のカードローンの返済期間は3年程度で設定されていますが、おまとめローンなら最大10年といった長期間で組むことが可能です。

借入先が減る事により、より金利のリーズナブルなカードローン審査に通過する可能性が高まる

→3社から借入がある状態では、金利が特別低い銀行カードローン審査は通りにくいです。

おまとめで借入先がまとまる事により、スコアリング審査の点数が改善され、審査通過する可能性が高まります。

上記の様におまとめローンを組むとメリットが沢山です。

さらにおまとめローンには、新たに借り入れができなくなることくらいしかデメリットがないといった利点も挙げられます。

おまとめするか迷っている人はおまとめで損をすることはありませんので、安心して利用して下さい。

150万円を借りるときの金利を比較

50万円ずつ金利18%で3社から借りている時と、150万円で1社にまとめた時を比較してみましょう。
利息制限法の関係から150万円を1社にまとめれば、金利18%→15%に下がります。

5年間、元利均等返済方式で返済するとして、それぞれの総支払い利息は、

○金利18% 78.5万円、
○金利15% 64.1万円
になり、11.4万円コストダウンを図ることが出来ます。

仮に金利12%で150万円借りかえることができたら、5年間で

○金利12% 50.1万円になり、よりコストダウンを図る事が可能です。

150万円を借りるときの返済額を比較

アコム、プロミス、アイフルから50万円ずつ借りた時の最低返済額は、

アコム 1.5万円
プロミス 1.3万円
アイフル1.3万円
計4.1万円になります。

それに対しておまとめローンで150万円、金利15%の5年計画の元利均等返済方式で返済する計画の場合、月々の支払額は約3.56万円、10年間にすれば2.42万円です。

最初の支払額4.1万円→2.42万円になれば、かなり支払いにも余裕ができるでしょう。

収入証明書は絶対に必要になる

おまとめする時に絶対必要になるのが収入証明書になります。

おまとめでは金額を大きく借りる為、収入証明書の提出は必ず徴求されるのです。

あらかじめ用意してから申込をしましょう。

おまとめローンの審査を通すために大切なこと

ポイント

おまとめローン審査に通るためには、

  • 延滞をしていない
  • 審査の甘いところに申し込む
  • 借入先件数を少なくする

事が大切です。

特に効果があるのが、最後の『借入先件数を少なくする』事です。

例えば複数社から借りていて残高が少ない借入先がある場合、余裕があるカードから追加借り入れを行ったり、集中返済をして完済→カードの解約を行ったりして借入先を減らしてください。

借入先件数が1社でも減ると、審査に通りやすくなります。

消費者金融のおまとめローンでオススメは

プロミスなら最短即日融資で、借り入れから30日間利息ゼロ

300 × 250

平日14時までに必要書類の確認を済ませられれば振込融資に対応!

銀行時間外でも来店契約を選択し自動契約機で契約、カード発行でその場で融資を受けることができます。

メールアドレスを登録し、web明細の利用に同意すれば、初回出金の翌日から30日間無利息で利用できるのがメリット。

プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話で『おまとめローン希望』とお伝えください。

アコムなら最短30分で審査回答!初めてなら最大30日間金利ゼロ円!

アコムは最短30分のスピード審査。土日祝日の急な出費でもアコムなら即日融資も可能です。
「満20歳以上の安定した収入がある方」であれば、派遣・パート・アルバイト・主婦・学生の方でも申し込みすることができます。

もちろん利用用途は自由。
さらにアコムとの契約がはじめてなら最大30日間の金利が0円です。

アコムの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング返済方式 ネット上のみで完了
※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話で『おまとめローン希望』とお伝えください。

審査落ちしたらどうすれば良い?

審査落ちした場合、延滞をした事がないなら『仮審査』で落ちたと思われます。

仮審査で落ちた場合は信用情報機関に影響していませんので、特に申込ブラックなど気にせず、『すぐ別の金融機関に申し込んでも大丈夫』です。

今度は審査が甘い消費者金融に申し込みましょう。

中小消費者金融の一部でも貸金業法を利用したおまとめローンサービスを行なっています。

大手消費者金融より更にハードルの低い審査が期待できますので、突破口になるかもしれません。

詐欺には気を付けろ!

雑誌とかAなサイズのチラシに『超低金利、500万までOK、ブラックOK』とかの文言が載っている会社は、100%詐欺会社です。

闇金か融資手数料詐欺の会社ですので、近づかない様にしましょう。

正規業者であるなら、『貸金業協会』の会員になっていますので、確認してから申込を行う様にしてください。