夜中にお金を借りれる消費者金融はあるのか?


“夜中に急にお金が必要になった”

そんな経験をしたことあるかたもいらっしゃるでしょう。

そんな時に「夜中にお金を貸してくれる金融機関はあるのだろうか」と考えたことがあるのではないでしょうか。

今回はそんな疑問をできるように、夜中にお金を借りられる消費者金融はあるのかどうか紹介しますので、参考にしてみてください。

既にローンカードを持っている場合は借りることが可能

近くのATMで借入する

三菱UFJ銀行バンクイックのような銀行カードローンや、SMBCモビットなどの消費者金融カードローンを既に契約されている方は、お近くのATMや自動貸付機などからお金を借りることが可能です。

24時間営業のコンビニにATMが置かれるようになった現代では、取引する銀行や消費者金融が取引可能時間内であれば、深夜でもお金を借りることが可能となりました。

なお、取引可能時間は銀行によって設定が違いますので、確認しておくことをおすすめします。以下に参考例を記載しておきます。

三菱UFJ銀行

バンクイック

みずほ銀行

カードローン

アコム

カードローン

SMBCモビット

カードローン

00:00-24:00迄 00:00-24:00迄 0:10-23:50迄 0:10-23:50迄
※月曜日

1:00-5:00を除く

※土曜22:00-

日曜8:00迄を除く

※月曜日

1:00-5:00を除く

※月曜日のみ

7:00から利用可能

※店舗によって異なる場合があります。

このように時間によって借入が不可能の場合があることを覚えておく必要があります。

振り込みキャッシング

 

銀行ATMなどに足を運ばなくても、振り込みキャッシングという方法を使えばお金を借り入れることが可能です。

大手消費者金融のアコムやSMBCモビットなどで、振り込みキャッシング契約をしている場合は24時間対応でキャッシングの申込が可能です。

所定の口座をあらかじめ指定しておけば、最短1秒で振込が完了します。

ただし、振り込みキャッシングは平日の14時以降の申込では、実際振り込まれるのが翌営業日、土日祝日も同様の取扱いとなります。

申込は24時間可能ですが、深夜に申し込んでも実際にお金をすぐ借りられるわけではないので注意が必要です。

クレジットのキャッシング機能を利用する

クレジットカードにキャッシング機能を付帯いる場合は、ATMの利用時間内に限り深夜でも借入が可能です。

こちらも先ほどの銀行カードローン、消費者金融カードローンと同様の取扱いになりますので、利用時間を確認しておく必要があります。

深夜に申し込んでも即日融資が可能な消費者金融は基本的に無い

深夜に急にお金が必要となったとしても、深夜に融資の申込をして即日借入が可能な金融機関は無いと考えておきましょう。

申込を24時間対応している消費者金融はありますが、これらは申込が可能なだけであって、審査は翌営業日に行われることになります。つまり実際にお金を借りられるのは最短で翌営業日ということになります。

消費者金融のみならず、銀行融資であっても深夜に融資契約ができる銀行はまずありません。

このように基本的に正規の金融機関は深夜での契約借入は不可能なので、もし深夜契約、即借入可能と標ぼうしている金融機関がありましたら、闇金である可能性が高いので注意しましょう。

遅くまで契約が可能な消費者金融もある

21時までに申込をした場合は即日融資が可能なケースもあります

例えば大手消費者金融のプロミスであれば、22:00迄審査業務を行っていますので、21時までに申込し審査が最短で行われた場合に限り即日融資が可能になります。

同様にアコムも21:00迄審査業務を行っていますので、申込の時間帯によっては遅くなっても即日融資可能になる場合があります。

ただし、これらは審査のスピードや、自動契約機で行う場合にはその営業時間なども影響してきますので、一概に即日融資が可能なわけではないと覚えておく必要があるでしょう。

枠いっぱい借りているところで増額は?

現在契約中のカードローンが極度額いっぱい借入していて、借りることが不可能な場合、極度額の増額は可能なのでしょうか?

基本的には深夜に契約するのが難しいのと同様に、極度増額も難しいと考えておくべきでしょう。

極度額の増額には、新規でのカードローン申込と同様に所定の審査が必要になります。もちろん審査が深夜に行われることはありません。

なお、増額審査も時間がかかりますので、極度増額を望む場合は、早めに契約先に申込だけでもしておくべきでしょう。

以下に極度増額審査のポイントを紹介しておきますので参考にしてみて下さい。

極度増額には

・個人信用情報

・年収

・現在までの取引実績

などから審査が行われます。消費者金融などに限り「総量規制の対象に該当するか」という項目も審査されます。

以下簡単に審査内容について説明していきましょう。

個人信用情報

CICやJICCのような信用情報登録機関に記録されている、個人信用情報によって審査が行われます。

これらは「現在契約中の借入」「現在までの返済履歴」「借入総額」「金融事故履歴」「申込実績」などの情報が記載されており、他社借入情報も全て照会をかけられます。

当初カードローン契約よりも他社借入が増えている場合や、他社ローンが延滞している場合などは極度増額の審査が可決する可能性は低くなってしまいます。

年収

年収に応じて増額可能か審査が行われます。銀行や消費者金融は「返済できるかどうか」が重要ですので、年収が低くなっている場合や収入に対して返済する比率が上がることに対して不安がある判断した場合極度増額は難しいでしょう。

取引実績

銀行や、消費者金融での今までの取引実績も審査に大きな影響を与えます。

現在まで借入を起こしても返済をきちんと行っている方は信用度も上がりますので極度増額の審査に申込してみてはいかがでしょうか。

総量規制

総量規制とは貸金業法に規定されている借入に対する規制のことで「年収の3分の1以上の貸付を行ってはならない」と定めたものです。

つまり、年収300万の人には他社借入を含めて100万円までしか貸付ができません。

この規制は貸金業法に定められたものなので、消費者金融が対象であり銀行は対象外ではありますが、ほとんどの銀行が年収に対する返済比率を3割未満にするという考えに立って審査を行っているので、仮に銀行カードローンの極度増額が可決出たとしても、大幅な増額は期待できないと考えていた方が無難でしょう。

実際に借りなくてもあらかじめ契約しておくのも手


このように深夜急にお金が必要になっても、新規の借入を行うのは難しいということが分かっていただけたかと思います。

このような状況にならないように、実際に借りることはないとしてもあらかじめいくつかカードローンの契約だけでもしておくのが無難と言えるでしょう。

金利が安い銀行系カードローンや、審査が早く振り込みキャッシングなどを使える消費者金融系カードローン。どちらもそれぞれ特徴やメリットがありますので、自分に合ったカードローンを探してみてはいかがでしょうか。