東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行には、複数の借り入れを一本化できるおまとめローン(スターワンバンクローン)があります。

特徴は

  • 金利5.8~14.8%
  • 1000万円までおまとめ可能
  • 来店せずに利用できるWEB完結が可能
  • 最長10年の返済期間(120回分割払い)
  • 利用限度額の範囲内で追加借り入れができる
  • 東京スター銀行の口座が必要

となります。
金利は銀行ローンとしては標準的ですが、上限は1000万円と高額で、借り入れを全部一度にまとめやすくなっています。返済も120回の分割払いなので、少しずつ返済していくことが可能。もちろん、いつでも繰り上げ返済をして、返済期間を短縮できます。

おまとめローンの特徴として珍しいのは、おまとめ目的の借り入れとは別に利用限度額が設定されることです。

返済が進むと、ローンの残高が利用限度額を下回ったぶんだけ、追加でいつでも借り入れができるようになっています。利用限度額が200万円、ローン残高が100万円の場合、100万円の枠で借り入れができるようになります。資金用途はおまとめに限らず自由です。

なお、東京スター銀行には、スターワンバンクローン(のりかえローン)というよく似た商品も用意されています。こちらは複数のローンをまとめるのではなく、ひとつのローンをより安い金利のローンに乗り換える目的の商品です。

複数の借り入れを一本化する場合には、おまとめローンのほうを選びましょう。

東京スター銀行おまとめローン紹介動画

申し込みから融資までの流れは?

おまとめローンの契約方法は

  • インターネット契約
  • 郵送契約
  • 来店契約

の3通りとなっています。
このうち、より早く契約したい、外出せずに契約したい場合はインターネット契約を選びましょう。

インターネット契約の融資までの流れは、

  1. PC、スマホで申し込み
  2. 書類提出
  3. 口座がないときは口座開設
  4. インターネット契約
  5. 振込先登録

となります。本人確認書類および収入証明書をアップロードで提出すると審査が開始されます。

東京スター銀行の口座がない場合は、平行して口座開設も進めましょう。審査に通った後、インターネット上で契約をします。

現在の借入先を振込先登録すれば、東京スター銀行から直接、返済を行ってくれます。仮審査結果はインターネット申し込みの場合、Eメールへの連絡で最短翌日です。

ただ、実際の融資(返済)の実行には2週間ほどかかるようです。

郵送による契約の流れは

  1. ネットまたは電話で申し込み
  2. 仮審査通知
  3. 本審査の申し込み(契約書類等を郵送)
  4. 本人確認電話
  5. 口座開設
  6. 審査結果通知
  7. ネットまたは来店で振込先登録

となります。じっくり考えながら手続きをしたい人向けですが、郵送を挟むため、1週間ほど時間が余計にかかってしまう欠点もあります。

以上の方法以外では東京スター銀行の本支店で契約することもできます。パソコン操作に自信がない方などは、スタッフのサポートを受けながら手続きできます。

店舗での手続きの流れは

  1. 来店して申し込み
  2. 審査結果通知と本人確認の電話
  3. 来店契約日の予約
  4. 再来店して口座開設
  5. 契約
  6. 振込先登録

となります。

どんな審査が行なわれる?

東京スター銀行 おまとめローンに申し込むと審査が行なわれます。まずは申し込むための条件があり、まずはそれを満たしているかどうか審査されます。その条件とは、

  • 満20歳以上65歳未満であること
  • 正社員、契約社員、派遣社員であること
  • 年収200万円以上であること
  • 債務整理や自己破産の経験がないこと
  • 現在ローンの延滞がないこと
  • 過去半年以内に東京スター銀行のローン審査に落ちていないこと

です。
これらのうち、どれかに引っかかるとその時点で審査落ちになります。パート、アルバイト、自営業の方は利用できない点、年収が200万円以上でないといけない点には注意が必要です。これらの条件を満たせば、あとは返済能力や他社借り入れの審査となります。

返済能力に関しては、年収や職業、雇用形態、居住形態、家族構成などを総合的に考慮して判断が行われます。年収200万円以上の方が対象のため、融資ができないということは珍しいかもしれませんが、希望するおまとめ金額に満たないという可能性はあります。

審査落ちになる最大の要因となるのが他社借り入れです。借入先が多すぎたり、残高が多い場合、おまとめをしても返済が難しいと判断されて審査落ちになってしまいます。

一般的に借入先は4社まで、残高は年収の2分の1までとされていますが、審査に通るかどうかは個々のケース次第です。

振込先登録の際に、「10社を超える場合は連絡してほしい」という注意書きがありますから、東京スター銀行は借入先の多さはあまり問題にしていない可能性もあります。

土日祝日の対応は?

現在東京スター銀行は土日祝日の対応を行っておらず、申し込んだとしても休み明けに回されてしまいます。土日祝日に融資が欲しい場合は他のローンを検討するようにして下さい。

在籍確認はあるの?

東京スター銀行 おまとめローンは、年収200万円以上、正社員、派遣社員、契約社員のみという制限からもわかるように、審査は厳格に行なわれます。ローン審査において在籍確認はとても重要なステップです。おまとめローンの審査においても在籍確認は欠かさず行なわれます。

在籍確認は、個人名で行なわれます。応対した人に用件を明かすことはありませんが、職場の人に「東京スター銀行に口座を作った」、「キャンペーンでカードを作った」などと説明しておくと不審に思われることはないでしょう。

在籍確認で重要なのは、いかに確実に在籍確認を済ませられるか、ということです。大企業に勤務している場合や派遣社員の方の場合、入力する電話番号によっては在籍確認がとれないというケースがよくあるからです。

大企業では、勤務している社員や支社、営業所の数が多く、代表番号ではうまく取り次いでもらえない可能性が高くなります。申込時に入力、記入する番号は、部署直通のものが良いでしょう。内線番号がある場合、それを併記しておけば、代表番号でもスムーズにつながります。

派遣社員の場合はさらに複雑です。基本は派遣元へ確認してもらい、派遣先へと取り次いでもらうのですが、個人情報保護の観点から取り次ぎに応じない派遣元も増えています。解決法としては、派遣元に事情を説明し、取り次ぎをしてもらうか、最初から派遣先の部署の電話番号を入力しておく、という方法があります。

総合的な評価は?

現在、おまとめにはたくさんの選択肢があります。例えば、銀行カードローンをおまとめ目的で利用するといった方法です。金利面ではスターワンバンクローンも他の銀行カードローンもほぼ同等のため、比較するならそれ以外の特徴ということになります。

こうした他のおまとめ方法と比較して、スターワンバンクローン(おまとめローン)のメリットは、

  • 直接返済をしてくれる
  • 10年の長期計画で返済できる
  • 返済に集中できる

といったような点になります。

スターワンバンクローンでは、契約後に振込先登録を行い、東京スター銀行が借入先に直接、返済を行ってくれます。カードローンの一括返済は事前手続きが必要なところも多く、一社ごとに手続きと返済を行うのは大変です。その点、スターワンバンクローンでは返済の手間を大幅に省くことができます。

また、最長10年の返済が可能です。一般的な銀行カードローンは、2年での完済を基本としており、月々の返済の負担が重くなりがちです。スターワンバンクローン(おまとめローン)では少しずつ、長期的に返済するのに向いています。

最後に、銀行カードローンはいつでも追加借り入れできてしまうため、おまとめをしているのに借り入れがつい増えてしまうという欠点があります。

スターワンバンクローン(おまとめローン)にも追加借り入れの枠は設けられているのですが、ローン残高が減ってからでないと借り入れできません。

さらに他社のようにカードで気軽にATM借り入れはできず、インターネットバンキングの手続き、または店頭手続きが必要です。

借り入れを増やさず、返済に集中しやすいのも、の長所です。

東京スター銀行 おまとめローン(スターワンバンクローン)解説動画

東京スター銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
5.8%~14.8% 最大1,000万円 最短3日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
14.8%(実質年率) 満20歳~満65歳未満 残高スライド方式