限度額は上げるにはどうすればいい?カードローン増額のポイントをまるごと解説!

カードローンの利用を始めたあと、限度額は増額することが可能です。限度額を増額すると、借り入れできる上限が上がるだけでなく、金利が低くなる場合もあります。

できるならば増額はしておいたほうが、カードローンをより有効活用できます。

カードローンを増額する方法は2種類あります。

ひとつは自分で増額を申請することです。カードローンの会員ページから申し込んだり、電話で増額の申し込みをすることもできます。申し込みをすると審査が行われ、通過できれば限度額は増額されます。

もうひとつの方法は、カードローンの側からの増額案内に応じることです。カードローンを運営している会社は、優良な顧客に対して増額の勧誘をすることがあります。この勧誘はインビテーションとも呼ばれ、メールや電話、ダイレクトメールなどで行われます。

また、ATMなどを利用した際に、画面に増額可能だということを知らせるメッセージが表示されることもあります。増額の勧誘を受けた場合も、申し込みをすれば審査はあります。

ただ、前もって優良顧客であると認定されているので、審査に落ちることは少ないようです。増額の案内が来れば、それは限度額を増やすチャンスだといえるでしょう。

アコムで増額する場合

アコムで増額を行なうには、カードローンデスクに電話をかけて申し込むか、会員ページの「極度額等の変更のお申し込み」から増額審査の申請をします。

アコムの場合、6ヶ月に1度、自動審査で増額可能かどうかを判断しています。これは利用者の申し込みに関係なく行われており、審査に合格した人には案内(インビテーション)が送られます。

そのため、アコムで増額が可能かどうかを判断するには、このインビテーションが来ているかどうかがひとつの目安になるでしょう。この6ヶ月、というのは、増額審査において重要な期間になります。

アコムに限らず、カードローン各社が増額可能かどうかを判断するとき、おおよそ3ヶ月から6ヶ月の間の利用実績を調査するからです。

この期間中に継続して利用しており、延滞もなければ、利用実績ありとして増額審査に通る可能性は高くなります。逆に、この期間中、一度でも延滞をしていると、増額の審査に通るのは難しくなります。

カードローンの増額を希望するのであれば、一度も延滞していない、ということが重要なポイントになるのです。

また、一度増額の審査に落ちると、基本的には6ヶ月間待ったほうが無難です。審査する側は過去6ヶ月間の利用実績を見るので、6ヶ月以内に増額の審査に落ちていると人は、再び審査落ちになる可能性が高いからです。

増額審査では在籍確認が行われる場合があります。前回の在籍確認からそれほど時間が経っていない場合は、在籍確認は行われません。だいたい3年ほど経過していると、もう一度、在籍確認が行われるようです。

アイフルで増額する場合

アイフルで増額をする場合も、有利なのはアコムと同様にインビテーションが来るケースです。

アイフルもアコムと同じように定期的に増額審査を行っており、優良顧客に増額案内を送っています。6ヶ月以内に延滞もなく、継続利用していることなどが増額の条件になります。

ただ、条件を満たしていても、増額の案内が来ないことがあります。それは、総量規制の上限が近い場合です。消費者金融は総量規制の対象となるため、年収の3分の1までしかお金を借りられません。

他の消費者や信販会社からの借り入れ合計が年収の3分の1に迫っている場合、新たな増額は認めてもらえないのです。この合計は、実際に借り入れている残高ではなく、受けている与信枠、つまり限度額で計算されています。

全社合わせた限度額が年収の3分の1に近いと増額はほぼ不可能なのです。この場合、社内での昇給や転職による年収の増加があれば、総量規制の上限が拡大するので増額が可能になります。

年収が上がったことはこちらから申請しないとカードローンの会社は把握できません。会員ページなどから改めて収入証明書の提出を行なうと、インビテーションが来る可能性は高まります。

また、直接自分から増額申請をして、そのときの審査で収入証明書を提出してもよいでしょう。

このように転職を挟んだりすると、増額の審査で在籍確認は行われやすいです。勤務先が以前と同じ場合は、前回の在籍確認からどれくらい期間が経っているかによります。

プロミスで増額する場合

プロミスの増額の場合も、やはり基本はインビテーションです。プロミスで増額の対象となるには、契約から1年以上経過しており、6ヶ月間の継続的な利用があること、等の条件を満たしている必要があります。

もちろん、延滞などがあると審査通過は難しくなります。なお、契約から1年が経たなくても、増額の案内が来る場合があります。初めて契約してから半年後に増額の案内が来る、といったようなケースです。

初回利用の場合、これまでの利用実績がないため、最初の限度額は低めに抑えられる傾向があります。6ヶ月間テストをしてみて、延滞などもなく順調な利用が見込めるため、増額によって本来の限度額までアップさせようというわけです。

初回利用から延滞なく安定した利用をしていた場合、比較的早めに案内が来ることも多いようです。中には3ヶ月程度で増額の案内が来た、というケースもあります。

このように短期間で増額の案内が来た場合、審査での在籍確認は省かれることが多いです。ただ、初回契約時に在籍確認が行われていなかったり、増額の幅が大きいときは、やはり在籍確認は行われます。

これらのケースはすべて、延滞がないということが前提になります。ただ、プロミスなど消費者金融は、延滞の基準が銀行カードローンなどにくらべて少し緩やかです。

数日程度の延滞であれば、延滞のお知らせの案内を受けてすぐに返済をすれば延滞扱いにはなりません。

また、延滞になりそうなときは、前もって連絡を入れると返済日を変更してもらうことも可能です。増額を目指すなら、できるだけ実績に傷をつけないようにしましょう。

モビットで増額する場合

モビットの限度額を増額するには、増額案内を受取る、コールセンターに電話をかけて申し込む、Myモビの「増額申し込み」の項目から申請する、の3通りの方法があります。

一番審査に通る可能性が高いのは、やはり増額案内からの申し込みです。もし、モビットから増額案内が来ていないけれど増額したい、という場合、審査に通るかどうかは、どれだけ実績や返済能力がアップしているかに左右されます。

延滞なくコンスタントに利用している実績があれば、審査では高評価ですし、昇給による年収のアップや、他社借り入れの完済などにより、返済する余力が上がった場合も増額をしてもらえる可能性があります。

ただ、気をつけたいのは、逆のパターンもあるということです。例えば、契約したときより他社借り入れが増えていたり、転職などで収入が落ちていた場合は、返済能力が落ちているため、限度額が減らされてしまうのです。

増額の申し込みという名前にはなっていますが、これは実質的には再契約に近い審査の申し込みです。もう一度審査した結果、返済能力が落ちたとモビットに判断されてしまうと、限度額を減らされるのです。

もし、その減らされた限度額まで借り入れがあれば、もうそれ以上は借り入れができなくなってしまいます。自分から増額を申請するならば、収入が上がったことや十分の実績を積んだことなど、増額できる見込みがある場合のみにしたほうが無難でしょう。

モビットの場合、申し込み時にはWEB完結によって在籍確認がない場合があります。ただ、増額の審査でも在籍確認がないとは限りません。限度額がそれなりの金額になると、やはり在籍確認は行われるようです。

みずほ銀行カードローンで増額する場合

消費者金融のカードローンと同じように、銀行カードローンでも限度額を増額することは可能です。

増額の審査においては、初回の申し込み時と同じく保証会社の審査があります。要は、再び同じカードローンの審査を受けるのだと考えればよいでしょう。

みずほ銀行カードローンで増額を希望するときは、もう一度、カードローン申し込みを行います。すると再審査が行われ、増額できるかどうかを判断してもらえます。

増額の申し込みは、パソコンやスマホ、電話、みずほ銀行の店舗など、通常のカードローン申し込みと同じ方法で可能です。また、みずほ銀行カードローンから、増額の案内が来ることもあります。

増額の案内はダイレクトメールやATMの操作画面上への表示で行われます。みずほ銀行カードローンでは、増額の案内前にすでに増額の審査を済ませています。

もし、増額の案内が来た場合は、ATMへ行き、増額の意識確認の手続きをするだけで、すぐに増額されます。長い時間審査待ちをする必要はありません。

増額案内には再契約後の金利も記載されていますから、金利が下がるのであれば、増額の手続きをしたほうがよいでしょう。

ただ、在籍確認が必要になる場合、増額の決定が後日になるケースもあるようです。在籍確認が行われるかどうかは、やはり金額の大きさ次第です。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックで増額する場合

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックで限度額を増額するには、増額の案内を受けるか、自分で第二リテールアカウント支店に電話をかけて、増額の申し込みをする必要があります。

ただ、バンクイックは銀行カードローンですから、消費者金融よりも一般的に審査基準は高めです。

できれば、増額の案内が来るまで待つほうが無難かもしれません。バンクイックの増額案内は、他社と同じように6ヶ月ごとに事前審査されて送られてくるようです。

増額案内を待ったほうがよいと書きましたが、もし、昇給で年収が上がったなどの事情があれば話は別です。確実に返済能力は上がったということですから、増額も期待してよいでしょう。

バンクイックの増額で失敗しないポイントは、やはり延滞などを起こしていないことです。バンクイックでの延滞はもちろん、保証会社であるアコムのカードローンで延滞をしている場合も、増額審査に悪影響を及ぼします。

信用履歴には数日程度の細かい延滞については基本的に記載されないため、他社における短期延滞はわからない場合が多いのですが、保証会社であった場合は別です。

増額の審査には保証会社の審査もばっちり含まれていますから、バンクイックでの増額を狙っているときは、アコムでの延滞にも気をつけましょう。

バンクイックの増額は、手続き後、数日経って増額決定の通知が送られてくる、という流れになっています。在籍確認が行われる場合は、その数日間に行われるようです。

三井住友銀行カードローンで増額する場合

三井住友銀行カードローンの限度額を増額するには、増額の案内に応じるか、電話やローン契約機で増額の申し込みをすることになります。

増額の案内は、電話やメールなどで行われています。増額の審査に通過する、または増額の案内を受けるには、延滞をせずに継続した利用を一定期間続ける必要があります。

三井住友銀行カードローンでは、半年から1年間の利用実績をチェックし、問題がなく、信用に余力があれば、増額の案内を行なうようです。この延滞なしという条件は三井住友銀行カードローンだけでなく、保証会社のカードローンも同様です。三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスであり、この会社はプロミスも運営しています。

プロミスで半年以内に延滞があると、三井住友銀行カードローンの増額にも影響が及ぶのです。また、プロミス以外に、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社となっている銀行カードローンの延滞もNGとなります。

銀行カードローンは短期の延滞にも厳しく、月をまたぐ延滞は信用履歴に残ってしまいます。三井住友銀行カードローンで増額を狙うなら、他社も含めて延滞を起こさないようにしなければいけません。

なお、増額の審査では、在籍確認が行われることがあります。転職をしていたり、限度額が大幅にアップする場合などに在籍確認が行われます。他社借り入れが以前より増えたなど、ネガティブな理由でも在籍確認は行われるようです。

オリックス銀行カードローンで増額する場合

オリックス銀行カードローンの限度額を増額する方法は、他のカードローンと同様、自分から申し込むか、またはオリックス銀行からの増額の案内に応じるかのどちらかとなります。自分から増額申し込みをするには、カードデスクに電話をかけて、問い合わせをすることになります。

増額に成功しやすいのは、やはり初回契約後の一定期間、延滞なしで継続的な利用を行ったあとです。

初回契約時はどうしても限度額が絞られやすいので、利用実績さえ積めば、増額も比較的容易なのです。この利用実績を積むという行為ですが、お金を借りれば借りるほどよい、というわけではありません。

むしろ、常に限度額いっぱいに借りていると、いざ増額が認められても10万円単位でのみ、ということになりやすいです。お金を貸す側の立場になって見ると、常にギリギリまでお金を借りている人は、お金に困っているように見えてしまいます。

そのため、延滞なく利用していても、警戒せざるを得ないのです。理想的な使い方は、限度額の半分より多いくらいの金額を継続的に借りていること。もちろん延滞はなしです。

この状態を半年間も維持できれば、利用実績はしっかりと評価されるでしょう。増額時の在籍確認ですが、勤務先の変更や大幅な限度額アップ、前回の在籍確認より一定の期間が経過している、といったような場合には行われやすいです。

逆に初回契約のあとの10万円単位の増額であれば、在籍確認が省略されることもあります。

新生銀行カードローンレイクで増額する場合

新生銀行カードローンレイクでは、いつでも簡単に増額が可能かどうかを確認する手段が用意されています。会員ページの「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」で増額可能な金額をいつでも確認できますし、メールやレイクの専用ATMでも増額が可能になった時点で通知が行われます。

また、フリーダイヤルでも増額できるかどうか、お手軽に確認できます。増額が可能だとわかったら、増額の申請を行いましょう。会員ページやレイクのATMで増額の手続きができます。フリーダイヤルでも自動音声のガイダンスがあり、それにしたがって手続きを進められます。

このようにレイクではあらかじめ増額可能かどうか、そして、増額できる金額がわかっています。増額ができないと表示された場合、または提示された金額以上を希望する場合の増額は、現時点では難しいということになります。

ただ、最近になって他社借り入れを完済した、収入が増えた、というような新生銀行がまだ把握していない事情変更があれば、増額は可能になる場合があります。

そういった場合の増額の審査は時間がかかりやすく、在籍確認が行われやすいです。なお、新生銀行カードローンレイクは、銀行カードローンなので総量規制の対象外です。

増額の際には総量規制を気にする必要がないことも覚えておきましょう。