即日キャッシングを確実に成功させるには?

即日キャッシングとは、申し込みをしたその日のうちにお金を借りて手元に引き出せるキャッシングのことです。
使いやすさが売りの消費者金融だけでなく、最近では銀行カードローンなども即日キャッシングに対応できるようになっています。

キャッシングが必要になるのは、急にまとまったお金がいるようになったというケースがほとんど。そのニーズに応えるかたちで即日キャッシングが登場してきたのです。

即日キャッシングを利用するには、まず即日キャッシングが可能なキャッシングを選択しなければいけません。キャッシングやカードローンは、当日中の出金に対応しているところとそうでないところがあります。

即日キャッシング対応と明記していないところでは即日キャッシングはできません。よって、即日キャッシング対応のキャッシングやカードローンに申し込む必要があります。

即日キャッシングに対応しているかどうかを見分けるのはとても簡単です。即日キャッシングは大きな強みですから、対応しているところはたいてい公式サイトなどで宣伝しているからです。

ただし、「即日審査」と「即日キャッシング」を混同しないようにしましょう。「即日審査」は即日で審査は終わりますが、その日のうちに出金できないケースが多いです。

これでは即日キャッシングになりません。うっかり間違えて申し込まないようにしましょう。

即日キャッシング成功のための3つのポイント

即日キャッシングに対応しているところを見つけ、そこに申し込むことに決めたとしましょう。しかし、適当に申し込むだけで誰でもすぐにお金が引き出せるわけではありません。適切な申込方法や出金方法を選ばないと、その日のうちにお金を引き出すことはできないケースもあるのです。

いざ、申し込みをして手続きを進めたけれど、途中で即日出金できないことに気付いた、というのでは大きなタイムロスです。実際に即日で出金まで可能なのかを確認してから申し込むようにしましょう。

即日キャッシングを成功させるためのポイントとしては

  • 早く審査してもらえる方法で申し込む
  • 審査が途中でストップしない
  • 当日中に出金可能な手段がある

の3点が重要になります。この3つのポイントを満たしていないと即日キャッシングは難しいのです。

また、この3点を踏まえて適切な方法で手続きを進めていくのですが、その方法は申し込みをする日時や時間帯によっても変化してきます。

即日キャッシングは消費者金融や銀行の審査のあと、契約、カードの発行、そして出金という手順になりますが、場合によっては他の金融機関の営業時間も考慮する必要が出てきます。

これらの要素を検討しつつ、即日キャッシングを成功させるための最適な方法について説明していきます。

早く審査してもらえる方法で申し込む

即日キャッシング最初のステップは、できるだけ早く審査に通る、ということです。審査を早く進めるにはインターネットによる申し込みが一番よいでしょう。

公式サイトの入力フォームに必要事項を入力して送信すれば、瞬時にあちらのコンピューターに申し込みが登録されるからです。電話申し込みなどではスタッフが入力を行わなければならないため、二度手間になり時間がかかります。

多くの即日キャッシング可であるキャッシングは、インターネットによる申し込みを推奨しています。

また、インターネット申し込みのあとに審査を早める方法がある場合があります。例えば、アイフルなどでは受付確認メールに電話番号が記載されています。ここに電話をかければ優先審査となり、審査時間を早めることができます。

その他のキャッシングでも申し込みのあとに電話連絡をして急いでいる旨を伝えれば、優先で手続きをしてもらえる可能性があります。

その他の申し込み方法としては、後の出金方法の項目との関係するのですが、無人契約機で申し込んだり、インターネット申し込みと無人契約機を組み合わせる方法もスピーディーです。

特にインターネットによる申し込みのあと無人契約機に移動すれば、移動時間中に審査が進むので時間の節約になります。

審査が途中でストップしない

申し込みを済ませたあとは審査に入ります。即日キャッシングを成功させるには、審査がスムーズに進むことが必須条件です。

最近ではコンピューターによる自動審査が主流であり、そのあとのスタッフによる確認を含めても審査時間は最短30分ほどになっています。審査が30分で終了するかどうかが、即日キャッシング第一の関門です。

審査が途中でストップする要素として、入力内容に不備がある、在籍確認ができない、キャッシングの審査可能時間を過ぎている、というものがあります。

入力内容に不備がある場合は訂正の確認を兼ねて連絡の電話、もしくはメールが送られ、再入力となります。問題は在籍確認や審査可能時間外のケースです。

在籍確認は、勤務先に電話をかけ、申し込んだ人が本当にその会社で働いているかを確認する作業です。在籍確認をする場合、申し込んだ人が勤務している会社の営業時間内でなければなりません。

営業時間外だと在籍確認は翌日に持ち越しになってしまいます。そのため、審査結果が出るのが翌日になってしまうのです。

常に在籍確認があるとは限りませんが、希望融資額が多いほど在籍確認が必要になる可能性は高まります。在籍確認が可能な時間帯かどうかをよく確認して申し込みましょう。

また、スタッフによる確認がある以上、キャッシングの審査は24時間対応というわけではありません。9時~21時など時間が限定されていることがほとんどです。

キャッシングによっては審査可能時間を明記しているところもありますから、審査可能時間であるかをよく確認して申し込みを行いましょう。

当日中に出金可能な手段がある

即日キャッシング3つ目のポイントが、当日中に出金可能な手段があるかどうか、です。見落とされやすいですが、この出金関係の部分が即日キャッシングでは最重要ポイントになります。
この部分をよく考慮して、申し込むキャッシングを選ばなければいけないからです。

キャッシングでの出金手段は、カードを使ってATMから直接引き出す、もしくは振込依頼をして、手持ちの銀行口座に振り込んでもらい、そこから出金する、のどちらかになります。

出金自体は最寄りのコンビニATMで可能なので問題にはなりません。ここでネックになるのが、ATMで使うカードの入手と振込が完了する時間です。

まず、即日キャッシングの場合、カードが郵送されてくるのを待つ余裕はありません。
カードを使って直接ATMから出金する場合、何らかの手段ですぐにカードを入手する必要があります。申し込み当日にカードを入手するには、キャッシングの店舗で受け取るか、無人契約機でカードを発行してもらわねばなりません。

即日でカードを入手するには、無人契約機や店舗が近所にあるキャッシングを選ばなければいけないのです。

また振込依頼をする方法にも欠点があります。銀行口座への振込依頼は24時間いつでも行える場合がほとんどです。

ただし、振込先の口座の金融機関の営業時間外だった場合、振込完了は翌営業日になります。翌日の朝9時か、金曜の夜に振込依頼をかけた場合、振込は週明けの月曜日になってしまいます。

カードを受け取らずに振込で出金するならば、振込先口座の金融機関の営業時間内でないといけないのです。

平日の午後2時ごろまでに契約が完了する場合

ここまで即日キャッシングを成功させるためのポイントを説明してきました。ここからは、より具体的にどう手続きを進めていけばよいかを2つのルートにわけて説明していきます。

このルートを分けるのが、平日の午後2時ごろという時間帯です。平日の午後3時というのは、金融機関の営業が終了する時間です。この時間までに手続きが完了するかどうかで、即日キャッシングの手続きのルートは異なってくるのです。

平日の午後2時ごろまでに契約が完了する見込みの場合は、カードによるATM出金、振込依頼による出金の両方が可能です。そのため、申し込みの選択肢も増えます。カード出金を考えるならば、無人契約機を使った契約、または店舗での契約を選びましょう。

ただ、申し込みはインターネットで行ってからのほうが早いです。最初にも書きましたが、移動時間中に審査が進むため、無人契約機や店舗に到着してすぐ、書類の提出や契約の手続きに入れるからです。無人契約機で申し込んだ場合、30分ほど審査待ちの時間が必要になります。

振込キャッシングを利用するならば、契約まで外出をする必要すらありません。インターネットによる申し込みのあと、電話連絡での本人確認、画像データの送信による本人確認書類や収入証明の提出。そしてWEB上での契約となります。

出金方法は振込依頼でもOK

無人契約機か店舗で契約した場合、カードを契約直後に受け取ることができます。店舗はもちろん、無人契約機にはカード排出口が設けられており、そこからカードが発行できるのです。

店舗や無人契約機にはすぐそばに専用ATMが設置されています。そこから即座に出金すれば、即日キャッシング完了です。なお、そのカードはコンビニATMなどでも使用できるので、以後は最寄りのコンビニなどでも出金や返済が可能になります。

また、平日の午後3時までの時間ですから、金融機関は通常通り営業しています。そのため、振込依頼による出金が可能です。

最近はネットバンキングのおかげで、振込依頼をかけてから10分以内に口座残高に振込が反映されるようになっています。

振込が確認できれば、あとはコンビニや銀行の支店、ショッピングセンターに置いてあるATMから出金すれば、即日キャッシングは完了です。

なお、注意点として、当日中の振込が可能な時間帯は金融機関やキャッシングで微妙に異なってきます。2時30分までであったり、2時50分までならOKであったりと違いがあるのです。

即日キャッシングの手続きルートを平日の午後2時ごろで分けたのはこれが理由です。くれぐれもタイムアップにならないよう、当日振込みが可能な時間帯を「お借り入れについて」の項目を調べて確認しておきましょう。

土日祝日や平日の午後3時以降の出金になってしまう場合

金融機関の営業終了時刻である午後3時を過ぎてしまった、あるいは土日祝日などである、という場合、出金方法はカードによるATM出金に限定されます。

振込は当日中には口座に反映されないので、直接カードを受け取れる方法を選びましょう。

この場合、まず検討するべきは、近所に無人契約機があるキャッシングです。キャッシングの公式サイトでは無人契約機の場所検索ができますから、これを使ってアクセスできる無人契約機があるかどうか調べましょう。

これと同時に審査が可能であるかも調べます。無人契約機は午後9時~10時ごろまで稼働していますが、審査がこの稼働時間ギリギリまで行われているとは限りません。

審査可能時間でなければ審査結果の通知は翌日になってしまうので、審査可能かどうかの確認もしてください。

近場に無人契約機があり、かつその時刻でも審査可能なキャッシングを見つけたら、インターネットで申し込みをして、そのあと無人契約機に向かいましょう。

審査で問題がなければすぐに契約を行えるはずです。無人契約機からカードが発行されるので、そのカードを使って設置してある専用ATMからすぐに出金できます。専用ATMがない場所であればコンビニATMを利用しましょう。

振込依頼での出金が可能な場合がある?

土日祝日や平日の午後3時以降は振込による即日キャッシングは不可能だと書きました。

しかし、実は例外的に振込でも即日キャッシングが可能な場合があります。消費者金融は銀行のグループ会社であったり、提携を行っていたりします。そうした関係の深い銀行の口座に限ってですが、24時間振込処理が可能になっている場合があるのです。

例えばアコムの場合、楽天銀行の口座への振込は24時間いつでも即座に処理されます。プロミスであれば、三井住友銀行、ジャパンネット銀行が24時間OKです。

このように特定の銀行の口座のみですが、営業時間外であろうが休日であろうがいつでも振込が可能な場合があります。この銀行口座を使った即時振込を利用するのであれば、平日の午後3時以降であっても、振込による即日キャッシングが可能なのです。

また、アコムだけのサービスですが、インターネット契約による初回の振込に限って、午後3時を過ぎても当日振込が可能になっています。

こちらも銀行口座は限定されており、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の3行のみですが、平日の18時までは当日振込に対応してもらえます。これは電話でアコムに依頼をすればOKです。

まとめ

このように即日キャッシングは、実現させるためにいくつかの条件をクリアしなければなりません。少し複雑な部分もあるので、これまで利用経験のない方は戸惑う場合もあるでしょう。即日キャッシングの手順をわかりやすく説明すると、

  • 即日キャッシング対応のキャッシングを見つける
  • 現在の日時を確認する
  • 平日の午後2時以降であれば、無人契約機での契約を行う
  • 平日の午後2時より前ならば、インターネット契約でもOK
  • 一部の銀行口座があれば、午後2時以降でもインターネット契約での即日キャッシングが可能

このような感じになります。
審査においては本人確認証の提示を必ず求められます。運転免許証やパスポート、社会保険証のどれかひとつを用意して、申し込みに入りましょう。

場合によっては収入証明も必要なので、給与明細2ヶ月分があれば安心です。

もし、すぐに用意できないとなれば、希望限度額を50万円以下にすれば、収入証明は求められないことが多いです。迅速な連絡のために必ず携帯電話の電話番号を入力し、確認の電話には必ず出るようにしましょう。

最後に、どうしても手順がわからなければ、フリーコールに電話をして、急いで本日中に契約したいと伝えます。スタッフもそういった利用者の対応には慣れていますから、最短の手順をわかりやすく教えてくれます。

それにしたがって行動すれば、即日キャッシングを実現できるでしょう。