カードローン申し込み時の限度額は多めに書いておいた方がいいのか?

限度額って申し込みの際、希望を高めに書いておいた方が良い?

申し込み時の希望限度額は多めがいい?

キャッシングの申し込みして審査に通るか緊張しますよね。

希望額を聞かれて、

『30万円借りられれば当面は足りるけど、希望に届かず10万円までって言われるのも嫌だし、100万円って書いておけば悪くても30~50万円は借りれるだろう…。』

とこんな感じで考える人が多いので、この考えが通用するのか、検証してみました。

審査担当者の気持ちになって考える事が重要

まず、審査担当者の気持ちになって客観的に見て自分の行動がどの様に映るのかを想像してみましょう。あなたの信用情報は信用情報会社に照会すれば簡単にわかります。

他から借入があるカツカツの人が大した理由や根拠も無しに100万円と言った申込をした場合、担当者は好意的に思うでしょうか?

自分の状況を客観的に見れない、キチンとしていない人だなと心象を抱くでしょう。

キチンとした借入理由と返済根拠を伝えた方がいい

在籍確認の電話

借入をしたい時には正攻法より有効な手法は無いでしょう。借りたお金の使い道、近い将来ボーナスが出ますのでそれで返済できますと具体的な返済プランも伝えましょう。担当者は信用情報は厳しいけど、キチンと返済してくれそうだなと思うことでしょう。

心象を良くする事が大切

審査で一番有効な方法は担当者の心象をよくする事です。腰は低く、キチンと返しますというアピールが重要です。返済をキチンと続けて、業者との付き合いが長くなれば自ずと限度額の増額は見えてきます。

まずは大きな金額を借りようとせずに自分にが必要と思った金額で申し込む事が重要です。まずは信用を高める所から始めていきましょう。

限度額って後から増やせたりするの?

借入限度額UP

キャッシングの限度額、申込の時よりも増えたらいいのにって思いますよね。キャッシングの限度額が増やせるかについて解説していきます。

ちゃんと返済していれば増額案内が来る

真面目に返済をして、1年程度経てば増額しませんかといった案内が来る事があります。業者は真面目な顧客には貸したくて仕方が無いのです。その会社、他社も含めて延滞をしないように真面目に返済をしましょう。

信用状態が変わったなら増額の申込をしてみる

例えば派遣社員から正規雇用に変わった場合、年収が上がりますので最初に前提とした返済能力が上がります。

他にも三社から借入をしていたが、他の二社は返済したといった時も信用状態が良化しているとみなされます。そういった新たな材料ができてある程度実績が積めているなら再申込にチャレンジしてみるといいでしょう。

消費者金融の場合、審査に通過した時点で上客

消費者金融大手の審査通過率は、月によってバラツキがありますが概ね40%前半~後半と言われています。

会社 審査通過率(各社の公開資料の融資データ)
アイフル 44.3%
アコム 48.9%(新規申込者の通過率)
プロミス 42.6%
消費者金融側からすると、審査に通過した時点であなたは選別された上客になるのです。自信を持っていきましょう。

増額は真面目に返済をしたり、借入先を減らせば結果は必ず付いてきます。急がば回れでまずはコツコツと信用実績を作る事から始めていきましょう。

限度額が後で少なくなることってあるの?

限度額の減額の通知が来てしまった、こんなケースは困りますよね。限度額が小さくなるのはかなりレアなケースと思われます。限度額の小さくなるケースについて考察していきます。

限度額を小さくするのは業者の裁量次第

まず、使用者の同意なく限度額を業者が勝手に小さくできるかですがこれは可能です。一般的なキャッシングやクレジットカードの規約には必ず、業者側の裁量で限度額の増額又は減額ができると謳われています。

信用状態が変わったのを把握されたら減額される

あなたの信用状態は信用情報会社のCIC等を通して業者は把握する事ができます。例えばあなたが他社で延滞をしていて、業者があなたの信用情報に照会をかけたりした場合、延滞情報が把握され限度額の減額に動かれる可能性があります。

利用中に再度信用情報を調べられる可能性

在籍確認

利用中に再度信用情報を調べられるケースはレアなケースと思います。

何故なら、信用情報を調べた場合、信用情報会社にアクセスした記録が残りかつ費用も発生する為、無闇やたらなアクセスは業界で禁じられているからです。

ケースとして唯一考えられるのは、増額等の再申請を行って、業者が再度あなたの信用情報にアクセスした時に、勤務先や年収が変わったり他社で延滞が発生するのを見つけて自衛手段として限度額の減少を行う事は考えられます。

限度額の減少はかなりレアケースですが、ありえない事ではありません。そうならない為にも、襟を正してキチンと返済を行う事にしましょう。