三井住友銀行カードローンの増額(増枠)審査を通過するには

SMBCカードローン

三井住友銀行カードローンで増額(増枠)するには

三井住友銀行カードローンでは、利用限度額を増額することができます。利用限度額が増えるメリットは、借り入れできる上限が上がるだけでなく、金利も下がることです。

三井住友銀行カードローンの場合、金利は100万円以下で年12.0%~14.5%ですが、それが100万円超200万円以下になると年10.0%~12.0%になります。

借入限度額 金利
100万円以下 12.0~14.5%
100万円超 ~ 200万円以下 10.0~12.0%
200万円超 ~ 300万円以下 8.0~10.0%
300万円超 ~ 400万円以下 7.0~8.0%
400万円超 ~ 500万円以下 6.0~7.0%
500万円超 ~ 600万円以下 5.0~6.0%
600万円超 ~ 700万円以下 4.5~5.0%
700万円超 ~ 800万円以下 4.0~4.5%
実際に100万円以上を借りることがなくても、限度額が増額されれば金利は引き下げられるので、低金利を目的に三井住友銀行カードローンを利用しているならば、できるだけ限度額も増やしておきたいものです。

もちろん増額には審査があり、三井住友銀行と保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社によって行われます。

SMBCコンシューマーファイナンスは、プロミスなどを経営している消費者金融です。
三井住友銀行カードローンの保証を行なうほか、三井住友銀行に審査ノウハウを提供しています。

増額の審査はいつでも申し込めますが、基本的に審査は半年に1回と覚えておきましょう。
増額するには収入が増えた、実績を積んだ、などの材料が必要です。

状況が変わっていないのに何度審査を受けても結果は変わりません。半年以内に何度申し込んでも、「○月○日以降にもう一度お申し込みください」と言われてしまうだけです。

初回契約、増額後に関わらず、前回の審査から6ヶ月以上たってから申し込みをしましょう。

増額(増枠)の手順

三井住友銀行カードローンでの増額は、

  • 自分から増額の申し込みをする
  • 三井住友銀行から増額の勧誘(インヴィテーション)がくる

のどちらかとなります。

勧誘が来た場合も、そこから自分で申し込みをすることになるため、三井住友銀行カードローンの増額にはこちらからの申し込みが必須です。

自発的に増額の申し込みをする場合、まずは電話かローン契約機で申し込みをしましょう。

電話はカードローンプラザのフリーダイヤルへ連絡をします。ローン契約機は、三井住友銀行の本店や支店、もしくはプロミスの自動契約コーナーに設置されています。

申し込みをすると電話で数分間の質疑応答があり、その後に審査が行われます。

この間に勤務先への在籍確認が行われることもあります。結果が通知されればそれで増額は完了です。
もし、収入証明書を提出しなければならないときは、確認されるのを待ってからの増額となります。

三井住友銀行から増額の勧誘が来た場合は、電話ならその場で申し込みをして審査、という流れになります。勧誘が来た場合も審査の流れは自分から申し込んだときと同じです。

ただ、増額の勧誘は、増額が可能という前提で行われています。
三井住友銀行から増額案内が来た場合は、増額に成功する可能性が高いと考えてよいでしょう。

増額(増枠)の審査について

三井住友銀行カードローンの増額審査で決め手となるのは、前回の審査からどれくらい信用力が増したか、ということです。社内の昇進などで収入が増えていれば、それだけ返済余力も上がっていますから、増額を認めてもらえるでしょう。

また、他社借り入れをひとつ完済した、というのも好材料です。返済先がひとつ減るため、これまた返済余力が向上します。このように収入が増えたり、支出が減ったりしていると、増額の審査で有利になります。

このように収入が増えた場合は、改めて勤務先への在籍確認が行われることが多いです。銀行カードローンの審査は一般的に慎重ですが、特に在籍確認をきちんと行なうという傾向があります。三井住友銀行カードローンも例外ではありません。

三井住友銀行カードローンの増額審査に在籍確認はつきもの、と考えておいたほうがよいでしょう。

増収や支出減のほかにも信用力を向上させる要素があります。それは返済実績です。
三井住友銀行カードローンの利用開始から一度も返済期日を破らなかった人は、優良な顧客とみなされます。この人にはお金を貸しても大丈夫、ということを銀行は返済実績から判断するわけです。

これもまた信用力の向上であり、増額に成功する理由のひとつになります。

増額(増枠)審査は厳しいのか

増額の際に行われる審査は厳しいのか、それとも甘いのか気になるところだと思います。

三井住友銀行カードローンの増額審査はズバリ厳しくも甘くもなく、普通です。

拍子抜けしてしまったかもしれませんが、これは事実で、実際に半年以上延滞などもなく利用実績を積んでいればさほど難しくはありません。

また、増額の案内が来た場合は三井住友銀行側から増額OKのお墨付きを半分もらったようなものなので心配は無用です。

増額(増枠)できる金額の目安は?

三井住友銀行カードローンの増額に成功するかどうかは、現在どれくらいの限度額があるかによっても左右されます。

一般的に借入可能な限度額の上限は年収の半分までとも言われています。三井住友銀行カードローンですでにそれだけの限度額を持っているならば、それ以上の増額は難しいかもしれません。また、年収の2分の1という金額は、他社借り入れも含めたものです。

他の消費者金融や銀行カードローンの限度額との合計が年収の2分の1に達していれば、三井住友銀行カードローンでの限度額が小さめでも、それ以上の増額は不可能です。他社の借り入れを返済し、解約して枠を空けるなどの対策が必要になります。

三井住友銀行カードローンでは、初回契約時にはおおよそ、年収の4分の1前後の限度額が割り当てられます。他社借り入れがなければ、そこから年収の2分の1程度までは限度額を増やせるでしょう。ただ、それには返済の実績が必要です。

一度も延滞することなく返済し、時には随時返済も行うことで実績を積んでいきましょう。増額される幅は人それぞれですが、大抵は10万円~30万円刻みの増額になることが多いです。

SMBCカードローン
三井住友銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 銀行口座 職場連絡
4.0%〜14.5% 最高800万円 - 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
19.94% 満20歳以上満69歳以下の方 残高スライド元利定額 ネットのみで完了
借入限度額 金利
100万円以下 12.0~14.5%
100万円超 ~ 200万円以下 10.0~12.0%
200万円超 ~ 300万円以下 8.0~10.0%
300万円超 ~ 400万円以下 7.0~8.0%
400万円超 ~ 500万円以下 6.0~7.0%
500万円超 ~ 600万円以下 5.0~6.0%
600万円超 ~ 700万円以下 4.5~5.0%
700万円超 ~ 800万円以下 4.0~4.5%