三井住友銀行カードローンでおまとめまるわかり

SMBCカードローン

三井住友銀行カードローンでおまとめ一本化はできる?

カードローンでおまとめをするなら、できるだけ金利の低いカードローンで借り換えたいものです。三井住友銀行カードローンなら、金利は4.0%~14.5%。限度額は最高800万円とおまとめ利用に十分なスペックを備えています。

さらに三井住友銀行カードローンでは、資金用途の一例に借り換え、おまとめを挙げています。おまとめ目的での利用が可能なカードローンなのか、申し込む前に迷う方も多いですが、三井住友銀行カードローンであれば、おまとめ目的で堂々と申し込むことができます。

三井住友銀行カードローンは、審査のスピードが早く、ローン契約機を設置しているので、最速で即日のカード発行と即日融資が可能です。

おまとめ専用ローンの場合、審査に時間がかかることが多いですが、三井住友銀行カードローンであれば、時間をかけずにおまとめができるでしょう。

また、既に三井住友銀行の口座を持っているのであれば、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を持たせることもできます。本人確認などは済んでいるので、この場合の申し込み手続きはWEB完結。

つまり、来店や書類提出も不要で、ネット上の手続きのみでの契約が可能になっています。ただ、300万円を超える限度額を希望する際には、年収を確認できる書類が必要です。

おまとめでどれくらい得になる?

おまとめをする目的は、

  • 金利が安くなり、支払う利息を節約できる
  • 毎月の返済金額が減る

の2つが主となります。

まず金利ですが、一般的な消費者金融で100万円以下のお金を借りると金利は18%程度。100万円以上で15%程度となります。三井住友銀行カードローンでは、100万円以下で金利は12.0%~14.5%。

借入限度額 金利
100万円以下 12.0~14.5%
100万円超 ~ 200万円以下 10.0~12.0%
200万円超 ~ 300万円以下 8.0~10.0%
300万円超 ~ 400万円以下 7.0~8.0%
400万円超 ~ 500万円以下 6.0~7.0%
500万円超 ~ 600万円以下 5.0~6.0%
600万円超 ~ 700万円以下 4.5~5.0%
700万円超 ~ 800万円以下 4.0~4.5%
200万円以下では10.0%~12.0%となりますから、消費者金融から借りているのに比べ、大幅に金利が安いということになります。

また、三井住友銀行カードローンに借り入れをまとめることで、1社から借りている金額が大きくなり、より低い金利が適用されるというメリットもあります。少なくとも、消費者金融や信販会社からの借り入れをまとめるのであれば、金利面では確実に有利になるでしょう。

三井住友銀行カードローンでは、限度額が100万円上がるごとに、金利はほぼ1%ずつ下がっていきます。毎月の返済金額に関しては、おまとめによって必ず減るわけではありません。

まとめる借り入れの金額によっては、以前と変わらなかったり、増えてしまうケースも存在します。ただ、支払先は1社にまとめられるので、それぞれ異なる返済期日を把握する必要がなくなり、毎月1回の返済で済むようになります。

三井住友銀行カードローンの審査について

三井住友銀行カードローンは、安定した収入がある方ならば、誰でも申し込みが可能です。ただし、三井住友銀行以外に保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の審査にも通過する必要があります。

保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、消費者金融であるプロミスなどを経営している会社です。三井住友銀行カードローンの保証も請け負っており、審査の手助けも行っています。

したがって、三井住友銀行カードローンの審査では、プロミスと同じスコアリングシステムが使用されています。審査基準もプロミスの審査を受けるときと、ほぼ同じだと考えてよいでしょう。

ただし、銀行カードローンということで、求められる基準(スコア)は引き上げられている可能性があります。返済能力についてのスコアリングによる審査のほか、信用情報も審査に通るための重要なポイントです。

審査にあたっては、銀行業界、消費者金融業界それぞれで作っている信用情報機関の情報が調査されます。

ここにはこれまでのキャッシング、ローンの利用歴が記録されており、長期の延滞、利用停止や契約解除、代位弁済、債務整理といったネガティブな情報もおさめられています。過去5年から10年以内にこうしたトラブルを起こしていると、審査に通るのは困難です。

さらに、プロミスなどSMBCコンシューマーファイナンスが関わるカードローンで上記のトラブルを起こしていると、5年以上の期間が経過しても社内にトラブルの情報が残り続けている可能性があります。この場合も、ほとんどの場合で審査落ちになってしまうでしょう。

三井住友銀行カードローンに申し込む前に、過去に金融トラブルをおこしていないかどうか、よく確認しておきましょう。

返済についての注意点

三井住友銀行カードローンでは、ATMや振込、ネットバンキングを使って臨時返済ができます。

その臨時返済の金額が毎月の返済金額を上回ると、その月の約定返済を支払ったことになるので、「臨時返済をしたけど毎月の返済をしたことにならず延滞になった」という、他のカードローンでありがちな失敗は起きません。その点、安心して臨時返済を行えるでしょう。

口座振替による返済、またはネットバンキングを使った返済を希望する場合は、三井住友銀行の口座を開設する必要があります。他行の口座を指定して引き落とし、といったことはできないので注意しましょう。ただ、口座を開設しなくてもカードローンの利用はできます。

あくまで口座がないと自動引き落としやネットバンキングが使えないだけです。口座がなくてもATMを使った返済は可能です。三井住友銀行カードローンの毎月の返済金額ですが、おまとめで100万円以上を借りているとすると、だいたい2万円前後の支払いとなります。

借入残高 返済金額(月)
100万円超

150万円以下
16,000

20,000円
150万円超

200万円以下
21,000

25,000円
200万円超

250万円以下
26,000

30,000円
250万円超

300万円以下
31,000

35,000円
300万円超

350万円以下
40,000円
350万円超

400万円以下
45,000円
400万円超

450万円以下
50,000円
450万円超

500万円以下
55,000円
金額的には標準的な設定なので、他行とくらべて毎月の負担が重いわけではありません。ただ、金額のまとめ方によっては、毎月の返済金額がおまとめ前よりも増えてしまうケースがあります。

おまとめをする前に、三井住友銀行カードローンの返済シュミレーションを使って、返済金額がどう変化するかを確認しておきましょう。

SMBCカードローン
三井住友銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 銀行口座 職場連絡
4.0%〜14.5% 最高800万円 - 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
19.94% 満20歳以上満69歳以下の方 残高スライド元利定額 ネットのみで完了