三井住友銀行カードローンの解約のやり方、メリットまとめ

SMBCカードローン

三井住友銀行のカードローンで借りて完済したけど、完済後そのまま放置している人は多いのではないでしょうか。

三井住友銀行カードローンの解約のやり方、メリットについてまとめてみました。

解約方法、手順

カードローンは自動延長の機能が付いており、三井住友銀行カードローンも同様で自動的に解約にはならず、解約をする場合は必ず何らかのアクションを起こす必要があります。

三井住友銀行カードローンの場合、カードローンプラザに電話を行う⇒解約届を記入して返送を行う必要があります。

解約の際は残高が全て完済している必要があり、コンビニATMでは1000円単位の返済で硬貨が受け付けられない為に端数の返済に苦戦することがあります。

三井住友銀行ATMで硬貨に対応しているところを探して端数の返済を行いましょう。

解約した後に再契約はできるのか?

解約しても、もう一度資金の入り用が出るという事はあると思います。

そういった場合は再度申し込むことにより再契約を行う必要があり、当然その際に審査をもう一度受けなければいけません。

この際利用実態が悪かったり職場が変わっていたりすると同じ結果が出るとは限らないので注意しなければいけません。

完済した時に解約した方がいいのかそのままにしておいた方がいいのか

完済をしたら解約をするか、そのままにするか悩みどころです。

銀行カードローンで完済をしても、限度額が設定されている限りその情報は信用情報機関に残り続けます。

信用情報機関に残った情報は、その他のローン審査を受ける際に他の銀行に見られ、審査において少なからずマイナスの影響を与えます。

一方で一度解約すると、状況が変わると再審査で同じ限度額や審査結果にならず、希望額を借りる事ができない可能性もあります。

住宅ローンなど大きな審査を受けなければいけないときはカード整理を兼ねて解約するなど、転職を予定して収入が不安定になるなど特別な状況がある場合は残すなど各々の状況に合わせ使い分けるといいでしょう。

解約証明書とは?どんな時に使うの?

解約証明書とは銀行カードローンの解約を行った場合において、銀行側からキチント解約をしたことを受け付ける証明書です。

住宅ローンや教育ローン、おまとめローンを組むとき、解約したことを証明するものを審査で求められることがあり、その際に使われるのが解約証明書になります。

請求しないともらえない事もあるので、解約証明書が必要な人は忘れずに証明書を発行して貰うようにしましょう。

信用情報機関の情報がキチント手続きをされ解約扱いになった証明にもなります。

解約のメリット

解約と完済の違いは、信用情報機関の情報記録の在り方です。

完済を行っただけで解約を行わなかった場合、現在借りている金額はゼロ円になるものの、設定限度額はそのまま残り続け住宅ローン、教育ローン、クレジットカードなどその他の信用審査にマイナスの影響を与えてしまいます。

融資を受けるためには再度審査を受けなければいけないので、借金癖がある人にとっては借金を控える事もできる事もメリットと言えます。

デメリット

一方でデメリットとしては、一度解約をしてしまうと再審査を受けなければいけなく、職場が変わっているなど状況が変わっていると審査が通らない可能性がある点です。

解約する場合は自身の状況をよく見直してから行うといいでしょう。

まとめ

銀行カードローンでも大きなローン審査を受ける予定があるのであれば、カード整理の為に解約を行った方がいいでしょう。

借金ができなくなるので、意志の弱い方も解約を行う事はお勧めです。

一度解約を行うと、再び使いたいとき最初から審査を受けなければいけなせんので、自身の状況をよく把握してから解約を行うようにして下さい。

SMBCカードローン
三井住友銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 銀行口座 職場連絡
4.0%〜14.5% 最高800万円 - 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
19.94% 満20歳以上満69歳以下の方 残高スライド元利定額 ネットのみで完了
借入限度額 金利
100万円以下 12.0~14.5%
100万円超 ~ 200万円以下 10.0~12.0%
200万円超 ~ 300万円以下 8.0~10.0%
300万円超 ~ 400万円以下 7.0~8.0%
400万円超 ~ 500万円以下 6.0~7.0%
500万円超 ~ 600万円以下 5.0~6.0%
600万円超 ~ 700万円以下 4.5~5.0%
700万円超 ~ 800万円以下 4.0~4.5%