楽天銀行スーパーローンの増額審査を通過するポイント

楽天銀行スーパーローンの増額に成功するには

楽天銀行スーパーローンの利用限度額は、利用を開始した後にも増額することができます。メンバーズデスクにログインして増額を申請するか、楽天銀行カードセンターに電話をかけて、増額の申し込みを行うことで、増額の審査が始まります。審査に通過すれば限度額が増額されます。

6ヶ月間待たないといけない?

楽天銀行スーパーローンへの増額申し込みは、いつでも行えるというわけではありません。初回契約および前回の増額審査より6ヶ月間が経過していないと、増額の申し込みができないのです。

6ヶ月が経過していない場合、メンバーズデスクの増額申請ボタンは押せないようになっています。電話で申し込みを行っても、「○月○日以降に再度お申し込みください」と案内されます。

6ヶ月待たなくてもいいケースもある

例外として、6ヶ月待たずに増額の申請ができる場合もあります。それは楽天銀行スーパーローンから増額の案内が来たときです。

楽天銀行スーパーローンでは定期的に自動審査が行われており、この審査で増額可能と判断された利用者には、増額の案内がメールで送られてきます。人によっては前回の審査から6ヶ月たっていなくても、案内が送られてくることがあります。

これは初回契約の直後に多いようです。

増額の審査について

楽天銀行スーパーローンの限度額を増額するには、審査を受けてそれに合格する必要があります。審査にさえ通れば、他には特別な手続きは特に必要ありません。増額可決の連絡が来ると同時に限度額は引き上げられているはずです。

審査基準は以前と同じ

増額の審査基準は、初回契約時とほぼ同じです。年収、職業、家族構成、居住形態などをスコア化し、その合計スコアで融資可能な限度額が算出されます。その限度額が現在の額を上回っていれば、増額が行われます。

希望する額に届かないこともあれば、希望した額よりさらに高い金額を提示されることもあります。

返済実績が重要になる

楽天銀行スーパーローンの増額審査の基準は前回の審査と同じですが、加えて重視される項目がひとつあります。それが返済実績です。

延滞をせずに返済をしていることで信用できる利用者であることが証明されます。これによって、融資可能な金額も増額されるのです。

楽天銀行スーパーローンは前回審査から6ヶ月たたないと増額申請できませんが、この6ヶ月のあいだに一度も延滞がないことが、ほぼ必須の条件になります。一度でも延滞があると増額はかなり困難になるでしょう。

また、他社借り入れの返済実績もチェックされます。こちらは1年から1年半の間に延滞が3回程度までなら、問題にならないようです。

在籍確認はある?

楽天銀行スーパーローンの増額審査の際には、基本的に在籍確認はありません。ほとんどの場合で初回契約時に在籍確認は済んでおり、重ねて在籍確認を行う必要はないからです。ただ、場合によっては在籍確認が実施されることもあります。

そのときは、申し込みをしたあと楽天銀行から連絡があります。増額審査で在籍確認があるのは次のようなケースです。

転職で勤務先が変わった

勤務先が変わっている場合は、ふたたび在籍確認をする必要があるため、在籍確認が行われます。

そもそも増額申請をしなくとも、勤務先が変わった場合はすぐに楽天銀行スーパーローンに連絡をする必要があります。増額申請の際のついでに勤務先変更を届け出るより、事前に届け出をしておいたほうが、増額審査では有利になります。

前回の在籍確認から数年たっている

前回の在籍確認から時間がたっている場合、在籍確認をもう一度行うことがあります。おおよそ3年以上の期間が経過すると、再度の在籍確認が行われやすいようです。

大幅な限度額アップを希望した

大幅な増額を希望し、限度額が大きな金額になる場合も、リスクチェックのために在籍確認が行われます。

初回契約時に在籍確認を行わなかった

初回契約時には、例外的に在籍確認が行われないケースもあります。この場合は、増額を申請してある程度高めの限度額になる際に在籍確認が行われます。

楽天銀行スーパーローンの増額成功率は?

楽天銀行スーパーローンでの増額の難度ですが、これは現在の限度額に左右される部分が大きいです。限度額が比較的低めのときは、あっさりと増額が認められます。

限度額が高額になるにしたがって審査も厳しくなり、収入証明書を求められたり、在籍確認が行われたりするようになります。

50万円までの場合

限度額50万円までは、多くの人が認めてもらえるようです。

初回契約から6ヶ月たたないと増額申請はできませんが、それ以内の期間でも楽天銀行からの増額案内が来れば増額ができます。このパターンは初回契約時の限度額が50万円未満で、それが50万円に増額されるというケースに多いです。

50万円を超える限度額の場合

希望する限度額が50万円を超えると、それ以上の増額にはそれなりの好条件が必要になります。

社内での昇進による年収アップや他社借り入れの減少、他社のカード解約での枠確保など、前回の審査よりも信用力が上がっていることが重要です。返済実績を積むことも有利な条件のひとつです。

楽天銀行スーパーローンでは、300万円を超える限度額を希望する場合、収入証明書が必要ですが、ここからはさらに増額が難しくなります。

増額の勧誘が来たらチャンス

楽天銀行スーパーローンでは、内部の自動審査によって増額可能な人に増額案内を送っています。この案内が来たということは、事前審査に通っているということです。

増額案内が来たら増額に成功する可能性はかなり高くなります。

増額失敗にペナルティはあるの?

楽天銀行スーパーローンで増額すると、利用できる金額が増えるうえに金利が下がることもあります。増額のメリットは大きいですが、一方で増額に失敗した場合のデメリットを心配する人もおられます。

増額に失敗すると利用停止になる?

口コミでときどき見られるのが、楽天銀行スーパーローンで増額申請したところ、審査落ちになると同時に利用停止になった、というものです。

増額失敗のせいで利用停止になったように見えるため、利用停止を恐れて増額申請をためらう人もおられるようです。本当に増額失敗にペナルティはあるのでしょうか。

利用停止になるのは増額に失敗したからではない

実際に増額申請したところ、利用停止になることはあります。しかし、それは増額申請をしたこと自体が原因ではありません。増額を申請すると審査が行われます。

その過程で他社借り入れの増加や延滞など何か問題が見つかり、その結果、増額が認められないと同時に新規借り入れ停止、返済のみの利用に切り替えられてしまうのです。

増額申請しなくてもいずれ利用停止になる

増額申請しなければ利用停止を避けられるのでは、と考える方がおられるかもしれません。しかし、残念ながら、楽天銀行スーパーローンでは6ヶ月ごとに内部審査を行っています。

増額申請をしなくとも、この内部審査で問題が見つかると利用停止になってしまいます。逆にきちんと返済を行っていれば、増額の案内が送られてくることになります。

楽天銀行スーパーローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年1.9%〜14.5% 最大800万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
19.9%(実質年利) 20歳〜62歳 残高スライド式
リボルディング方式
ネットのみで完了