楽天銀行スーパーローンでおまとめまるわかり

楽天銀行スーパーローンでおまとめ一本化はできる?

楽天銀行スーパーローンの金利は、年1.9%~14.5%、限度額は最高で800万円、300万円までは原則として収入証明が不要など、ぜひおまとめで利用したいカードローンとなっています。銀行カードローンなので、もちろん総量規制の対象外です。

楽天銀行スーパーローンをおまとめ目的で利用可能かどうかについては、公式に「おまとめ、借り換えOK」と明言されています。事業性資金を除いて資金用途は自由のフリーローンですから、おまとめ目的での利用でも審査で不利な扱いを受けることはありません。

ただし、おまとめ目的だからと審査で有利になるということでもないので注意しましょう。あくまで返済能力に応じた融資が受けられる、ということです。

楽天銀行スーパーローンは、審査のスピードも早めで、最短で即日の融資が可能としています。

ただ、まとまった金額となると融資までは平均で2日ほどかかることが多いので、即日のおまとめが確実にできるとは限りません。それでも、1週間以上審査にかかることもあるおまとめ専用ローンよりは、審査スピードは早いといえるでしょう。

なお、楽天銀行スーパーローンでは、楽天銀行の口座を持っていると、借り入れや返済でより便利になります。まだ口座がない方は同時に申し込みをして、口座を開設して利用するのがおすすめです。

おまとめでどれくらい得になる?

楽天銀行スーパーローンの金利は、限度額が100万円未満のときは14.5%に固定。100万円以上200万円未満で9.6%~14.5%となります。

借入限度額 金利
100万円未満 14.5%
100万円以上 ~ 200万円未満 9.6~14.5%
200万円以上 ~ 300万円未満 6.9~14.5%
300万円以上 ~ 350万円未満 4.9~12.5%
350万円以上 ~ 500万円未満 4.9~8.9%
500万円以上 ~ 600万円未満 4.5~7.8%
600万円以上 ~ 800万円未満 3.0~7.8%
800万円 1.9~4.5%

借り入れの合計が100万円未満のとき、消費者金融の金利は約18%ですから、楽天銀行スーパーローンなら3.5%ほど金利が低くなります。借り入れ合計が100万円を超える金額になれば、さらに金利は引き下げられるでしょう。

借り入れ合計が100万円以上で、2、3社に借りているという方は、おまとめをぜひ検討すべきです。

ただ、楽天銀行スーパーローンの利率は、限度額が300万円未満まで上限金利が14.5%と、すべて同じ上限金利になっています。

審査結果によっては、100万円未満の借り入れでもそれ以上の借り入れでも利率は変わらない可能性があります。他行のカードローンでは、借り入れが100万円を超えれば利率は必ず下がることが多いのですが、楽天銀行スーパーローンはそうならない点には注意しましょう。

とはいえ、消費者金融から18%の利率で借りている状態よりも確実に金利は下がります。複数の消費者金融それぞれに100万円以下の借り入れがある、という状態ならば、おまとめに成功すれば、金利面では確実に得になる、ということです。

楽天銀行スーパーローンの審査について

楽天銀行スーパーローンの申し込みはネットからのみ。審査は比較的早く、100万円単位の借り入れでも契約まで2日ほどです。申し込みをした人の信用力が高ければ、即日での利用も可能でしょう。

楽天銀行スーパーローンでの審査には、保証会社の審査も含まれています。

保証会社は楽天カード株式会社または株式会社セディナ

楽天銀行スーパーローンの保証会社は、楽天カード株式会社、または株式会社セディナとなっています。楽天カード株式会社は楽天カードを運営している会社、セディナもクレジットカードの運用を手がける信販会社です。

こうした保証会社の審査で気をつけたいのは、クレジットカードの細かい利用歴をを把握されている可能性があるということです。楽天カードやセディナのクレジットカードで延滞を繰り返していた時期があると、審査で不利に扱われる可能性があります。

通常、信用情報には細かい短期の延滞履歴は残りません。しかし、保証会社が直接関わっているカードの利用歴は社内データとしてきちんと保管されています。楽天カードやセディナのカードで延滞をしたことがあるかどうか、よく確認しておきましょう。

また、セディナは地方銀行のカードローンの保証会社にもなっています。こうした地銀カードローンでの細かな延滞の記録も残っていますので、利用した覚えがあるという方は、そちらもチェックしておきましょう。

返済についての注意点

おまとめ目的で楽天銀行スーパーローンを利用するならば、返済計画についてもしっかりと考えておかなくてはいけません。楽天銀行スーパーローンの返済方法は、毎月の約定返済は口座引き落としのみ、随時返済はATM、インターネットバンキング、振込で可能となっています。

随時返済を行なうとき注意したいのは、毎月の約定返済にどう影響を及ぼすのかということです。楽天銀行スーパーローンでは、引き落とし口座に楽天銀行以外の口座も指定できます。

楽天銀行以外の口座を指定した場合は、随時返済を行っても必ず毎月の約定返済金額が返済期日に口座から引き落とされます。随時返済と毎月の約定返済は、まったく別のものとして扱われます。

一方で、楽天銀行の口座を引き落としの対象に指定した場合、返済期日より前の14日間に行われた随時返済は、毎月の約定返済として扱われます。

借入残高 返済金額(月)
10万円以内 3,000円
10万円超 ~ 30万円以下 5,000円
30万円超 ~ 50万円以下 10,000円
50万円超 ~ 100万円以下 15,000円
100万円超 ~ 150万円以下 20,000円
150万円超 ~ 200万円以下 30,000円
200万円超 ~ 250万円以下 35,000円
250万円超 ~ 350万円以下 40,000円
350万円超 ~ 400万円以下 45,000円
400万円超 ~ 500万円以下 50,000円
500万円超 ~ 600万円以下 60,000円
600万円超 ~ 700万円以下 80,000円
700万円超 ~ 800万円以下 100,000円
毎月の約定返済の金額が1万円のとき、返済期日の10日前に2万円を随時返済したならば、その月の約定返済1万円は支払ったことになります。そして残りの1万円が随時返済となるのです。

もし、5000円の随時返済をした場合は、残りの5000円が返済期日に口座から引き落とされます。

随時返済をしすぎて毎月の返済ができなくなった、というミスを防げるという意味では、楽天銀行の口座から引き落としをするほうが安全だといえます。

そのほかにも、楽天銀行の口座を利用すれば、楽天ポイントがたまる、24時間365日いつでも借り入れが可能、などのメリットもありますから、楽天銀行スーパーローンでおまとめをするならば、楽天銀行の口座を一緒に活用したほうがよいでしょう。

楽天銀行スーパーローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年1.9%〜14.5% 最大800万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
19.9%(実質年利) 20歳〜62歳 残高スライド式
リボルディング方式
ネットのみで完了