楽天銀行カードローンの解約のやり方、メリットまとめ

楽天銀行カードローンは金利もソコソコ安く、限度額も大きく設定できるとても顧客満足度の高いカードローンと言われています。

楽天銀行カードローンの解約を考えている人に楽天銀行カードローンの解約について解説します。

解約方法、手順

楽天銀行カードローンを解約したい場合は、楽天銀行カードセンターへの連絡が必要です。

契約は1年おきに自動更新される仕組みになっていますので、解約をしたいのであれば必ず連絡をしなければいけません。

解約の電話の際、完済をしていないのであれば端数を含めた完済の案内がなされます。

解約の受付が完了したらカードは使えなくなりますので、磁気部分にハサミを入れて破棄する様にしましょう。

解約した後に再契約はできるのか?

解約の手続きが受理されてから、再び使いたくなった場合は申し込みからやり直さなければいけません。

再契約は可能ですが、その際審査をもう一度受けなくてはいけなくなります。

審査の結果によっては、前回と同じ金利や審査内容が通るとは限りませんので、再審査の可能性を考えて解約の手続きをとるようにしましょう。

完済した時に解約した方がいいのか

楽天銀行カードローンは解約に悩む銀行カードローンです。

楽天銀行カードローンは限度額も大きく設定でき、金利も標準的で使いやすいカードローンとされていますので無理に解約を行うと後悔する事があります。

特に最近ではカードローンに銀行業界ルールが作られ、限度額設定に上限が設けられる動きがあります。

住宅ローンなどの大きなローン審査を控えているなどの節目の時には解を考えてもいいでしょうが、それ以外の場合は特に使う予定はないけれどもお守りの代わりに持っておく判断をしてもいいかもしれません。

解約証明書は取っておいた方がいい?

解約証明書はそのカードローンの解約を行い、設定額がゼロになっている事を証明する書類です。

住宅ローン審査などで設定額が信用情報機関に登録されたままだと審査部門に難色を示されるので、営業担当者から解約を薦められる場合があり、解約をしたことを証明する書類として解約証明書を提出する場合があります。

解約証明書が必要な人は解約の連絡をした際に請求しておくといいでしょう。

解約のメリット

楽天銀行の設定額は銀行カードローンになりますので、そこまでネームバリューは悪くありませんが、大きな設定額があると住宅ローン審査やクレジットカード審査において悪影響を及ぼします。

楽天銀行カードローンの解約をすれば、審査に通過しやすくなる硬貨が出るでしょう。

お財布にカードローンが入っていると、ついつい付き合いとかでお金を借りてしまう人が居るかと思います。

そういった意志の弱い方は解約を行うことにより手軽にお金が借りられなくなり、借金癖が治るといったメリットもあるでしょう。

デメリット

楽天銀行カードローンはトータルバランスの優れた使い勝手のいいカードローンです。

一度解約をしてしまい、突発的な支出が発生し再申し込みした際に同じ条件で審査通過しない可能性があります。

特に最近ではカードローンも設定額に上限を設ける業界団体の動きが出ていますので今後もう一度借りなければいけなりそうな人は慎重に解約したほうがいいでしょう。

楽天銀行スーパーローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年1.9%〜14.5% 最大800万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
19.9%(実質年利) 20歳〜62歳 残高スライド式
リボルディング方式
ネットのみで完了