楽天銀行スーパーローン

多彩なメリットが魅力?楽天銀行スーパーローン!

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行が提供しているカードローンです。楽天銀行が直接事業を運営しているので銀行カードローンとなります。よって、楽天銀行スーパーローンは総量規制対象外です。

消費者金融と異なり、年収の3分の1までしか借り入れできないという制限はありません。この楽天銀行スーパーローンは、非常に多彩なメリットを持つカードローンです。

金利や限度額の条件も良く、また他のカードローンでは利用資格がないことが多い専業主婦(主夫)も、楽天銀行スーパーローンならばOK、といった利点があります。おまとめ、借り換え可、さらに即日融資にも対応するなど、さまざまな資金用途に用いることができます。

パート・アルバイトでも利用できると明言されており、年収による利用制限などもありません。初回利用時には楽天ポイントがもらえるなど、楽天ならではのサービスも用意されています。

ただし、短所もないわけではなく、申し込みがネットのみ、審査に時間がかかることがある、利用可能な年齢の上限が62歳と低め、といった注意点もあります。

楽天銀行の口座を持っているかどうかで、振込融資の使い勝手が大きく変わってくるという特徴もあるので、楽天銀行スーパーローンを使いこなすには、長所と短所をしっかり把握することが大事です。

楽天銀行スーパーローンの特徴

楽天銀行スーパーローンの契約条件は、満20歳以上62歳以下、金利は1.9%~14.5%、最高限度額は800万円となっています。

金利

多くの人が適用される上限金利は14.5%。

借入限度額 金利
100万円未満 14.5%
100万円以上 ~ 200万円未満 9.6~14.5%
200万円以上 ~ 300万円未満 6.9~14.5%
300万円以上 ~ 350万円未満 4.9~12.5%
350万円以上 ~ 500万円未満 4.9~8.9%
500万円以上 ~ 600万円未満 4.5~7.8%
600万円以上 ~ 800万円未満 3.0~7.8%
800万円 1.9~4.5%
これはバンクイックや三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなどと並んで同じ14%台となっています。
カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
新生銀行レイク 4.5%~18.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
消費者金融よりも金利は約4%も低くなっており、金利面ではトップクラスの条件です。

限度額

最高限度額は800万円ですが、他社のカードローンの限度額はおおよそで500万円から1000万円なので、その中間に位置する金額となります。

カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 10~800万円
三井住友銀行カードローン 10~800万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 10~500万円
新生銀行レイク 1~500万円
オリックス銀行カードローン 800万円(最高)
楽天銀行スーパーローン 10~800万円
1000万円には及ばないものの、日常での利用からおまとめ、借り換えまで幅広く対応できる金額になっています。

専業主婦の利用OK

なお、楽天銀行スーパーローンは本人に収入のない専業主婦(主夫)でも利用できますが、この場合、金利は14.5%で固定。限度額は50万円までとなります。

専業主婦がOKなら、年金受給のみの人も利用できるかも、と考えてしまいますが、年金受給のみの方の利用については、楽天銀行スーパーローンの公式サイトにはっきりとした記載はありません。

利用可能年齢が62歳までと低めなこともあるので、楽天銀行スーパーローンでは、年金受給のみの方の利用は想定していない可能性が高いでしょう。

おまとめや借り換え、楽天ポイントなど多彩なメリット

金利の優秀さ以外にも、楽天銀行スーパーローンには多くのメリットがあります。主なものを挙げると、

  • おまとめ、借り換え可能
  • 限度額300万円まで収入証明不要
  • 楽天ポイントがもらえる
  • 即時振込に対応
  • 即日融資が可能

となります。

楽天銀行スーパーローンでは、資金用途は事業性資金を除いて自由。おまとめ、借り換えも可と明言されています。さらに、300万円までは原則として収入証明不要なので、収入証明書が手元になくてもすぐにおまとめができる場合もあります。

また、初回入会時と、入会の翌月の残高に応じて楽天ポイントを獲得できるサービスがあります。入会で1000ポイント、さらに入会の翌月末の利用残高に応じて、最大で30000ポイントが付与されます。

このポイントは付与された月の月末から15日間限定のポイントなので、使わないまま失効させないように気をつけましょう。
楽天銀行スーパーローンは、カードローンには必須の機能になりつつある振込融資にも対応しています。

また、即時振込が可能なので、これを利用して即日融資を受けることも可能です。ただ、即時振込が可能な時間帯が楽天銀行の口座のあるなしで異なります。それが即日融資のタイムリミットにも影響します。

即日融資を実現するには

楽天銀行スーパーローンでは、どの金融機関の口座であっても平日の9時~14時45分までの間なら、即時振込が可能です。さらに楽天銀行の口座であれば、24時間365日、いつでも即時振込となります。

楽天銀行スーパーローンではカードは郵送となるため、即日融資を実現させるには振込融資を利用します。審査は最短即日なので、申し込みをした当日に契約まで完了すれば、即時振込をしてもらうことで、当日中にお金を借りられます。

この際、楽天銀行の口座がない場合は、タイムリミットは平日の14時45分となります。この時間よりあとの振込融資は、翌営業日に持ち越されてしまうからです。

楽天銀行の口座があれば、24時間振込可能ですから、タイムリミットは楽天銀行スーパーローンの審査可能時間まで、ということになります。

楽天銀行スーパーローンでは審査可能時間をはっきりとは示してはいませんが、カードセンターの電話受付が20時までとなっているので、この時間帯が審査可能時間のリミットになっている可能性が高いです。

また、楽天銀行スーパーローンでは勤務先への在籍確認がほぼ必須ですので、在籍確認が可能な時間も考慮すると、できるだけ昼間に申し込みを行なうべきです。楽天銀行スーパーローンは即日融資のためには、平日の14時30分までに手続きを済ませることを推奨しています。

土日の申し込みには要注意

楽天銀行の口座であれば、休日でも24時間即時振込ができます。これを利用すれば、楽天銀行スーパーローンで土日祝日に申し込んでも即日融資が可能になるのでは、と考えるのは自然なことでしょう。

ただ、楽天銀行スーパーローンが土日の審査に対応しているかどうかははっきりしていません。土曜に審査結果が来たという口コミも見受けられますし、楽天のカードローン事業は休日なしで動いているという意見もあります。

それでも、土日祝日に確実に即日融資ができるか、となると、かなり難しいというのが実情でしょう。というのも、楽天銀行スーパーローンの審査では勤務先への在籍確認がほぼ確実に行われます。

土日祝日では在籍確認が行いにくく、週明けや翌営業日に審査結果の回答が持ち越されることが多いのです。また、週末などは申し込みが集中するため、審査が順番待ちで進みにくいといった事情もあります。

たとえ、土日も審査業務が行われていたとしても、確実に即日融資ができるかどうかは不明確なのです。したがって、土日祝日に申し込みをし、その日のうちに確実にお金を借りたいという方は、他のカードローンを検討したほうがよいでしょう。

他社であれば、土日祝日も即日融資OKとしているカードローンがあるからです。なお、平日であれば、審査や在籍確認で手間取らない限り、即日融資は簡単に実現できるでしょう。

審査に必要な書類は?

楽天銀行スーパーローンに申し込むには、本人確認書類が必要になります。そして、300万円を超える限度額を希望する場合、収入を証明する書類が必要になります。さらに注意が必要なのは、自営業者の方が申し込む場合です。

自営業者の方は、希望する限度額が300万円以下でも、収入証明書の提出が求められています。
本人確認書類として利用できるのは、

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

のどれかひとつです。

もし、記載されている住所が現住所と異なっている場合は、証明のために納税証明書、社会保険料の領収書、または公共料金の領収書のうちいずれかを添付する必要があります。発行から3ヶ月以内のもののみ、有効です。

収入証明書として利用できるのは、

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 給与明細書

のどれかひとつとなります。

ただし、自営業者の方は、課税証明書、または確定申告書となります。

なお、専業主婦の方は、収入証明書の提出は不要です。配偶者の収入証明書も必要ありません。

これらの必要書類は、スマホアプリ、または郵送で提出することになります。審査と勤務先への在籍確認が完了したあと、契約の意思確認の電話があり、そこで書類提出についての指示があります。書類提出が確認されれば契約は完了。

振込融資がすぐに利用できるほか、カードも翌営業日に発送されます。

楽天銀行スーパーローンの審査ってどう?

楽天銀行スーパーローンの手続きは、審査を先に済ませて、その後に在籍確認や書類提出をさせるという流れとなっています。在籍確認や書類提出の案内が来れば、審査通過となる可能性はかなり高くなります。

審査される内容は、

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 他社借り入れ

などとなっています。想定される収入から支出を差し引いた金額が返済能力となり、それがじゅうぶんであれば審査に通過できます。また、同時に信用履歴の調査も行われます。

過去5年間(一部は10年間)のうちに、キャッシングやローン関連で長期の延滞を起こして契約解除されたり、代位弁済や債務整理の記録が残っていると審査落ちになる可能性が高いです。

信用履歴には、金融機関や信販会社、消費者金融での事故の記録がすべて網羅されているので、過去のトラブルを隠しておくことは不可能です。

楽天銀行スーパーローンの審査の水準ですが、メガバンク系カードローンと同程度の金利の低さから、審査の難度も同程度であることが推測されます。

ただ、こちらは店舗や自動契約機などを設置しない無店舗型ネット銀行なので、その分のコストカットを反映した金利設定になっています。メガバンク系がダメだったとしてもチャレンジしてみる価値はあります。

ただし、一般的な消費者金融大手などと比べると、審査基準は少し高めになってしまうでしょう。

保証会社は楽天カード株式会社と株式会社セディナの2社体制

楽天銀行スーパーローンは銀行カードローンです。そのため、保証会社が保証を行っています。楽天銀行スーパーローンの保証会社は、楽天カード株式会社と株式会社セディナの2社体制となっています。

楽天銀行スーパーローンの審査では、楽天銀行の審査のほか、楽天カード株式会社とセディナの審査を受けることになります。まずは楽天カード株式会社の保証を受けられるかどうか審査し、それがダメならグループ外部のセディナの審査を受けるという流れです。

審査においては、信用履歴のほかに、保証会社の利用歴の影響もあります。例えば、楽天カードの会員であり、優良顧客であった場合には審査で優遇される可能性がある、というケースです。

同様に、セディナのカードを持っており、優良な利用実績があれば、これも審査では有利にはたらきます。
ただ、残念なことにその逆のパターンもあります。楽天カードやセディナのカードで延滞などを過去に起こしていると、審査に悪い影響があります。

この記録は信用履歴と異なり、5年や10年では消えません。いつまでも残ってしまう情報なので、過去の利用歴に注意する必要があります。

また、セディナは地方銀行のカードローン事業の保証も行っています。

セディナが保証している銀行カードローンで代位弁済などのトラブルを起こしていると、その記録がばっちり残っていますから、審査で落とされる可能性が高くなります。

在籍確認について

楽天銀行スーパーローンの審査の特徴として、在籍確認をしっかりと行うというものがあります。楽天銀行スーパーローンでは、300万円までの限度額ならば収入証明書は不要となっています。

そのかわり、勤務先への在籍確認を強化することでバランスをとっているという事情があるのです。楽天銀行スーパーローンの在籍確認は、審査結果の通知後、申し込みをした人に告知したうえで行われます。

通常は担当者の個人名で勤務先に電話をかけ、身元を尋ねられた場合は「楽天銀行」を名乗ることになっています。この勤務先への在籍確認を避ける方法ですが、専業主婦の場合、勤務先はないので在籍確認は行われません。

配偶者の勤務先への在籍確認も原則ないので、専業主婦の場合は在籍確認が行われないということになります。では、それ以外の場合ですが、勤務先が外部に個人情報を漏らさないというケースのみ、在籍証明書などで代用してもらえるケースがあるようです。

しかし、在籍確認をしてもらいたくない、という要望には応えてはもらえないでしょう。土日などで在籍確認ができなった場合は、日を改めて在籍確認が行われます。ただ、ごくまれに在籍確認が省略されるケースもあるようです。

信用度が高いうえに50万円以下の限度額を希望する場合、在籍確認不要となるケースがあります。ただし、10万円の限度額でも在籍確認が行われたケースは多々あるので、あくまで個人の状況次第といったところでしょう。

まとめ

楽天銀行スーパーローンは、低金利をはじめ、多くのメリットをもつカードローンです。

長所をまとめると、

  • 低金利、高限度額
  • おまとめ、借り換えOK
  • 専業主婦OK
  • 楽天ポイントサービス
  • 即時振込(24時間対応は楽天銀行の口座のみ)
  • 即日融資

と、その内容は多岐にわたります。

ただし、審査の面で少し弱い部分があり、在籍確認を徹底していることもあって、審査に時間がかかることがあります。確かに即日融資は可能なのですが、審査に時間がかかると翌営業日以降に手続きは持ち越しという可能性もあるのです。

特に土日祝日の申し込みで、即日融資に関して確実性に欠けるというのは、資金の用途によってはネックになるかもしれません。

以上のことから、楽天銀行スーパーローンに向いているのは、あまり急いでいない人か、平日の日中に申し込みができる人となります。

また、楽天銀行の口座を持っている人は24時間365日即時振込が可能なので、利便性はぐっと上がるでしょう。カードの到着は契約の数日後になってしまいますが、いったん入手できれば、ほぼすべてのコンビニATMで使用でき、ATM手数料も無料です。

金利をはじめ、カードローン自体のスペックはとても良好なので、メインのカードとしても使っていけるでしょう。

楽天銀行スーパーローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年1.9%〜14.5% 最大800万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
19.9%(実質年利) 20歳〜62歳 残高スライド式
リボルディング方式
ネットのみで完了