出産費用が足りない

出産は人生の最大のイベントで、最も幸せな時期と言われていますが、どのくらい費用がかかるのかという事を出産したことのない人達はあまり知らなかったりします。中には「出産にはお金はかからないよ」といった無責任な説明に騙されて、費用がかかるなんて知らなかったという人達の声も聞こえて来ます。出産ではどんな費用がかかるのか、どの位費用がかかるのかについて解説していきます。

意外に知られていない出産の費用、病院で健康保険が使えない

我々が病気になり、病院にかかる時に健康保険証を使えば自己負担割合は3割になります。会社員の方はなんらかの組合の健康保険、自営業の方は国民健康保険に必ず入ることが義務付けられていて、健康保険に入っていないという方はいないでしょう。

この病気なときには頼もしい健康保険ですが、出産にかかる費用も健康保険が使えると思っていませんか?

実は出産は健康保険の適用範囲外で、出産時だけではなく、出産前の定期診断などの費用にも適用されません。

この少子高齢化の時代にそんな非人道的な制度がまかり通っているのですから、日本が世界でも類をみない超高齢化社会になるのは当然かと思われます。

健康保険が適応外になる代わりに出産一時金の支給がありますが、支給される時期と診断の時期は異なり、タイムラグの間手持ちのお金は乏しくなります。

民間の普通医療保険も適用されないので手術費用や入院費用も自己負担

人によっては病気や手術をした時用の為に民間医療保険に入っているしっかりした人もいると思いますが、民間医療保険も残念なことに妊娠・出産による手術と入院については適応外が主流です。

妊娠で保険金が出るのは、妊娠・出産も対象となる女性の為の医療保険だけですが、入院時の費用は支払われますが、帝王切開の手術費は支払われないなど保険により結構差があります。

帝王切開のほうが費用はかかり、保険金も健康保険も使えないでお金に窮してしまうケースが多いのです。

まだまだかかる出産費用


出産費用は病院のお金だけではありません。生まれて来た我が子に着せる服や哺乳瓶、ミルク代、オムツ代、ベビーカーやチャイルドシートと数えていたらきりがないほどのお金がかかってしまいます。

子供が生まれれば自治体から祝い金がもらえるものの、そんな微々たるお金では到底及ばない費用がかかるのです。

統計データによると、出産にかかる費用は100万円程度が平均という数字が出ています。

もちろん、これは少なく見積もって100万円ということですから、難産で入院が長引いたり、病気になったりすればもっと多くの費用がかかってしまいます。

費用がかかる出産の為に賢く貯金をしていたいものですが計画通りいかないのが出産というものです。共働き世帯やシングルマザー世帯が増えている現代では、妊娠中に女性が働けなくなる事はどうしても大きな収入減にさらされてしまうのにもかかわらず、上述した妊娠費用が発生します。

妊娠費用の支払いに困った時に親や兄弟などに相談したいところですが、家庭環境によっては難しい人たちもいるでしょう。そんな出産で頼りになるのは銀行や消費者金融、クレジットカード会社からお金を借りるキャッシングカードローンです。

女性の方の中にはカードローンの借金は少し不安という方もいるかもしれませんが、法律改正をした後の貸金業者はクリーンな業者しか残っていませんので安心して利用する事ができます。

今現在妊娠していない状態でも、妊娠はいつするかわかりませんので、転ばぬ先の杖としてキチンと仕事をしている今の内にカードローンの申し込みをしておく事も賢い使い方と言えます。出産時や困った時のカードローン、是非覚えておいてください。