郵送物を避けるには?家族にナイショでキャッシングしたい!

カードローンでキャッシングをするとき、気になるのがプライバシーの問題です。職場の人にはもちろん、できれば同居する家族にも知られたくない、という方もおられるのではないでしょうか。家族にキャッシングをナイショにしておきたいとき、厄介なのが郵送物の存在です。

もし、自宅にキャッシング関係の郵送物が送られてくると、利用していることがすぐにバレてしまうからです。

キャッシングを利用したとき、自宅に送られてくる可能性があるのは

  • 申込時の利用規約および契約の意思確認をする書類
  • 契約時の契約書およびカード
  • 利用時の明細および領収書

の3つです。

この3つをいかに避けるかが、家族にキャッシングをナイショにするためのポイントとなります。このうち、1番目の「申込時の利用規約および契約の意思確認をする書類」を避けることは簡単です。

これらは郵送での契約を行なう際に自宅住所に送られてくるものだからです。インターネットでの契約や自動契約機、店舗での契約であれば、この書類は送られてきません。郵送以外での契約方法を選択すれば大丈夫です。

現在はウェブ上の契約が主流になっているので、1番目の書類の郵送に関しては、それほど心配する必要はないでしょう。

契約時の郵送物を避けるには?

では、2番目の「契約時の契約書およびカード」の郵送を避けるにはどうすればよいのでしょうか。カードローンの審査に合格し、契約を済ませたあとは契約書とカードを受け取ることになります。カードレス方式のカードローンを除いては、この受け取りを避けることはできません。

そこで、いかに家族に知られずにカードと契約書を受け取るかがポイントになります。

家族に知られずにカードと書類を受け取る方法は

  • 自動契約機や店舗で受け取る
  • 自分が直接受け取れる方法を利用する
  • 郵送物なしのキャッシングに申し込む

これらのいずれかとなります。

なお、これらの方法を選択せず、自宅にカードや契約書が郵送された場合でも、キャッシング利用とはわかりにくいような工夫がされています。消費者金融のアコムであれば「ACサービスセンター」というように、社名とは別の名称が差出人となっているのです。

また、銀行カードローンであったり、銀行が親会社のカードローンの場合は、ダイレクトに銀行名が差出人になっています。銀行からの郵送物はそれほど珍しくもないため、あまり疑われることはないでしょう。

ただし、これらの工夫も家族に開封されてしまっては水の泡です。プライバシーの保全に万全を期したいのであれば、郵送物を避ける方法を選択したほうがよいでしょう。

自動契約機や店舗で受け取る

一番多くのカードローンで通用するのが、この「自動契約機や店舗で受け取る」という方法でしょう。カードや契約書を郵送される前に自分で受け取ってしまえばよい、という発想です。

キャッシングの店舗ではスタッフが配置されており、相談、申し込み、契約から出金、返済まであらゆることが可能になっています。もちろん、カードや契約書を直接受け取ることも可能なのです。

店舗と同じように自動契約機でもカードと契約書の受け取りが可能になっています。自動契約機は契約を行なう機能以外に、カードや契約書を発行する機能も備えています。店舗と同様にカードや契約書を直接受け取ることができるのです。

スタッフは配置されていませんが、テレビ電話が備え付けられているので、スタッフにすぐ連絡をとることもできます。使い勝手のよい店舗や自動契約機での受け取りですが、弱点はあります。

もし、お住いの地域に店舗や自動契約機が配置されていなければ、遠方までなんらかの交通手段を利用して出かけていかなければならないからです。さらに、カードローンによっては店舗や無人契約機を設置していないところもあります。

こういったカードローンの場合、店舗や自動契約機で受け取るという手段自体が不可能になるので、別の方法を探さなければならないのです。

自分が受け取れる方法を利用する

家族にキャッシングがバレてしまうのは、自分以外の人が郵送物を受け取ったり、開封してしまうからです。そこで、郵送は避けられなくても、自分が必ず受け取ってしまえばよい、というのがこの方法です。通常、カードや契約書は簡易書留で郵送されてきます。

これはサインするだけで本人以外の家族でも受け取れてしまうので、キャッシング関係だとバレてしまうことになります。この点に目を付けたサービスを始めたのがアイフルです。アイフルは「配達時間えらべーる」というサービスを行っています。

このサービスではカードの配達時間を完全に指定できるので、自分の在宅時の時間を指定すれば、必ず本人が受け取りを行えます。ただ、なんらかの事情で外出しなければならなくなり、指定した時間に自分で受け取れないような事態も起こらないわけではありません。

そのときに家族が受け取ってしまってはせっかくの時間指定も無駄になってしまいます。しかし、「配達時間えらべーる」はそんな事態も想定済み。本人限定受取なので、受け取りには身分証の提示が必要です。

身分証がないと受け取りができないため、家族が勝手に受け取ってしまうことはなく、必ず本人が直接、郵送物を受け取れるようになっています。

郵送物がないキャッシングに申し込む

郵送物があるから送られてくる。ならば、郵送物のないキャッシングを利用すればよい、というのがこの方法です。現状、数は多くありませんが、カードや契約書の郵送なしで利用できるカードローンも存在しています。その代表例がモビットです。

モビットで「WEB完結」申し込みをすれば、一切の郵送物がありません。カードレス仕様、キャッシングは振込オンリーで行います。契約書などの送付もないのです。ただ、このWEB完結は職場への在籍確認なども省略されている一方で書類審査が厳しくなっています。

本人確認書類や収入証明書、給与明細、指定の保険証、さらに特定の銀行口座など、申し込みをするにはいくつかの条件をクリアする必要があります。誰でもすぐに申し込める、という方法ではないのが難点です。

そのほか、カード郵送がないカードローンとしては、銀行カードローンで既に持っているキャッシュカードにローン機能をプラスする、というものがあります。既に銀行口座を持っていればカードの郵送はありません。

ただ、住信SBIネット銀行Mr.カードローン以外は契約について記した書類が送られてきます。また、銀行口座を開設するときには当然キャッシュカードと契約書が送られてきます。

利用時の郵送物を避けるには?

うまく郵送物を回避して、カードローンの契約ができたとします。しかし、ここで安心してはいけません。カードローンの契約後も郵送物が送られてくる可能性があるからです。

カードローンの利用中に送られてくる可能性があるのは、借り入れをしたときの利用明細、そして返済をしたときの領収書です。
このうち領収書は、カードローンのスタッフに依頼すればストップすることが可能です。しかし、利用明細はそういうわけにはいきません。

なぜなら、お金を貸す側は利用者に対して、借り入れをした金額や残高について明確に示す法律上の義務があるからです。借り入れの際の明細の提示はどうしても避けられないことなのです。

利用明細や領収書が自宅に郵送されてくる場合、契約時の郵送物と同様、キャッシングとはわからない名前での送付になるか、もしくは銀行名での送付になります。

一見しただけでは内容はわからないようになっていますが、勝手に開封されるなど、家族にバレてしまうリスクは残ります。プライバシーに万全を期すのであれば、利用明細についても自宅への郵送を避ける方法を考えねばなりません。

借り入れをするパターンは、ATMによる借り入れと振込キャッシングの2つあります。それぞれの場合で郵送物を避けるには、どのように対策をとればよいのでしょうか。

ATMを利用するとき

ATMからの借り入れをするとき、利用明細が自宅に送付される可能性があります。「ATMなら明細も印刷されるのでは?」と思われるかもしれませんが、古いタイプのATMの場合、利用明細に記載しなければならない項目すべてを満たしていない機種があります。

必要事項をその場でプリントアウトできないので、後日正式な明細を自宅に送付せざるを得ないというわけです。
自宅に利用明細が送られるタイプのATMは主にコンビニATMとなります。

各カードローンにはその会社が設置している専用ATMがありますが、こちらは完全な利用明細を印刷できるため、利用明細の郵送はありません。また、コンビニATMによっても、新しい機種が導入されている場合、すでに改良が済んでいる場合は郵送物の送付はありません。

どのATMが完全な明細の発行に対応しているかはカードローンの公式サイトで確認する必要があります。このように郵送物を避けるには、そのATMが完全な利用明細を発行できるかどうか確認する必要があります。

そこでぜひ利用したいのがWEB明細、電子領収書といった会員ページで明細を確認できるサービスです。

契約後に会員ページで利用開始の手続きが必要ですが、いったん利用を開始すれば、利用明細や領収書の郵送はすべてなくなり、代わりに会員ページでの確認が可能になります。

振込キャッシングを利用するとき

ATMで借り入れをするときは、その場で利用明細を印刷するという手段もありました。しかし、ネットや電話で振込依頼をして借り入れを行う場合、直接利用明細を交付する手段がありません。そこで、かつての振込キャッシングでは必ず利用明細が自宅に郵送されていました。

家族に秘密にしながらキャッシングする場合、振込という手段はタブーだったのです。

しかし、前述のWEB明細や電子領収書など、ネット上で利用状況を確認できるシステムが登場し、法律でもそれが許された結果、振込キャッシングを行っても自宅へ利用明細が送られてくることはなくなりました。

もちろん、事前にネット明細の利用手続きが必要ですが、いったん手続きをしてしまえば、ATMのときと同じように振込キャッシングを行ったときの利用明細の送付はなくなります。安心して振込によるキャッシングを利用できるようになったのです。

ただ、逆にネットでの明細確認の手続きをしていなければ、当然自宅に利用明細が送られてきます。利用者に利用状況を明らかにするという法律上の義務がなくなったわけではありません。

カードローンの契約後にはこうしたネット明細書の手続きに誘導してくれるところが多いです。そのときに面倒がらずに確実に手続きを済ませてしまいましょう。

プロミスの30日間無利息サービスように、Web明細の手続き完了が特典のサービス開始の条件になっているところもあります。

他にも郵送物が送られる場合がある?

実は、カードローン契約時や利用時以外にも郵送物が送られてくるケースはあります。まれなケースではありますが、きちんと秘密を守りたいのであれば、その他のケースについても少し頭の片隅に置いておきましょう。契約や借り入れ、返済以外に自宅に郵送物が届くケース。

それは延滞をしたときです。多くのカードローンでは、利用者に無断で自宅に連絡をいれることはないとしています。しかし、一方で必要と判断した場合には、自宅に連絡をする、ともしています。それが延滞なのです。

といっても最初の段階からいきなり自宅に郵送物が送られてくるわけではありません。延滞が起きるとまずは携帯電話に連絡が入るでしょう。そこでどうしても連絡が取れず、延滞も解消されないとき、自宅への電話となります。

そこでも連絡がつかないときは、勤務先への電話、そして自宅への督促の郵送となるわけです。そこでも連絡をとらなかった場合、最終的には裁判所からの特別送達が届くことになります。

ただ、最初のうちに携帯電話で連絡がつけば、それ以上アプローチされることはありません。したがって、自宅に郵送物が送られるということもないのです。もし、延滞をしてしまいそうなときは、自分から連絡を入れましょう。

そうすればある程度の期間、返済を待ってもらったり、返済額の見直しなどの相談にも乗ってもらえます。

郵送物を避けるためには

自宅への郵送物を避けるために気をつけることをまとめると

  • 申込時には、郵送物なしの方法、または自分が確実に郵送物を受け取れる方法を選ぶ
  • 利用時には、明細が送られないATMを使う、またはネット明細の手続きをする

となります。

延滞への督促など特殊な状況はありますが、通常の利用で気をつけなければいけないのは、おおむねこの2つでよいでしょう。
ただ、気をつけたいのはすべてのカードローンでこれらの対策がとれるわけではない、ということです。

申込時に必ず郵送物があるカードローンは多数ありますし、ネット明細に対応していないカードローンもあります。申し込みをしてからそのことに気付いた、契約後にネット明細がないことを知った、というのでは手遅れです。

上に挙げた対策が可能なカードローンを選ぶことが重要になるでしょう。なお、あまり触れませんでしたが返済を行なうと領収書が発行されます。この領収書を交付する義務はないため、連絡を入れれば領収書の送付はどこでも止めてもらえます。

最近では領収書の送付はもともと行わない、というところも増えています。依頼をすれば送ってもらえますが、家族にナイショでキャッシングをしたいのであれば不要でしょう。また、ネットで明細を見られる状態であれば、当然領収書の送付もありません。

利用時の郵送物を止めるなら、やはりネット明細が便利です。