プロミスで即日融資が可能か平日・土日、時間別に解説!

20110516追加 728*90

プロミスで即日融資は可能なのか?

プロミスでは、申し込んだその日にお金を借りることができる「即日融資」に対応しています。適切な契約方法や借り入れ方法を選択することで、夜間や土日祝日の即日融資も可能です。

借り入れまでの流れ

プロミスでの借り入れまでの流れは、申し込み→審査→契約→借り入れ、となります。即日融資で重要なのは、申し込みがすぐにプロミスに届くこと、審査後すぐに契約できること、そして、その日のうちに借り入れできることです。

したがって、郵送による申し込みや契約、カードの郵送受け取りでは、即日融資は実現不可となります。

即日融資を実現できる手段とは

基本的に郵送は選択外なので、即日融資を実現するために選ぶべき申し込みと契約の手段は、ネット、電話、店舗(お客様サービスプラザ)、自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)となります。

これらを日時に応じてうまく組み合わせることで、即日融資は可能になります。

また、契約後の借入方法は、金融機関への振込、またはカードを使ったATMからの出金となります。カードの郵送受け取りがダメなのは、当日中にカードを受け取れないからです。

店舗や自動契約機で契約するとその場でカードを受け取れます。

プロミスの審査可能時間

プロミスが審査をしている時間帯は、平日、土日祝日ともに9時から21時となっています。21時までに契約が完了すれば、即日融資の可能性があります。

なお、審査にかかる時間は最短で30分から40分です。

申し込む前にまず日時を確認しよう

それでは、どのようにプロミスの申込方法や契約方法を選べばよいでしょうか。それを決定するのは、申し込もうとしている曜日や時間帯です。

平日と土日祝日の違い

平日では14時までに契約することで、手持ちの金融機関口座への即日振込みが可能です。

土日祝日では振込を依頼しても、振込が処理されるのは翌営業日となってしまうため、即日融資にはなりません。よって、振込による即日融資は平日のみとなります。

ただし、三井住友銀行、およびジャパンネット銀行の口座へは、24時間365日(メンテナンス時間を除く)、瞬時に振込が完了する「瞬フリ」が使えます。この2つの銀行どちらかの口座をお持ちであれば、土日祝日でも振込融資が選択できます。

通常の振込キャッシング
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~9:00 当日9:30 頃
9:00~14:50 受付完了から10秒程度
14:50~24:00 翌営業日9:30 頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30 頃
  • ※毎週月曜日0:00~7:00はサービスを停止
  • ※元日は終日サービスを停止
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~24:00
24時間受付
受付完了から10秒程度
土・日・祝日
  • ※各金融機関などの都合(臨時のサービス停止など)によりご利用いただけない場合があります。
  • ※毎週月曜日0:00~7:00はサービス停止
  • ※毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00はサービス停止(三井住友銀行のみ)
  • ※元日は終日サービス停止
  • ※振込実施時間はお届けの金融機関によって異なります。
  • ※上記の振込実施時間は振込人名義をプロミスまたはパルセンターでお届けいただいている方となります。なお、振込名義がそれ以外の方は上記の振込実施時間とは異なりますので詳しくはプロミスコール(0120-24-0365)へお問い合わせください。
  • ※事前に口座番号のお届けが必要です。
店舗であるお客様サービスプラザの営業も平日のみ10時~18時となっています。

申し込む時間帯による違い

申し込む時間帯によっても、適切な契約方法や借り入れ方法を選ばなければいけません。

先ほど述べたように、金融機関への当日振込が可能なのは、平日の14時までです。14時を過ぎている場合、カードを使ったATMからの借り入れか、お客様サービスプラザで直接借り入れをする必要があります。

したがって、自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)やお客様サービスプラザまで出かけていかなければいけません。
さらにお客様サービスプラザの営業時間は平日18時(一部は20時まで)です。18時以降は、無人契約機が唯一の選択肢になります。

ただ、前述のように三井住友銀行、およびジャパンネット銀行へは14時以降も瞬時に振込が完了する「瞬フリ」が使えます。これらの銀行の口座をお持ちであれば、14時以降の契約でも振込による即日融資は可能です。

平日に申し込む場合

このように、プロミスで即日融資を実現するには、日時に応じた適切な方法を選択する必要があります。初めての方にとっては少し複雑なので、ここからは平日と土日祝日にわけて、具体的な借り入れまでの手順を見ていきましょう。

平日14時までに契約が完了するとき

一番選べる選択肢が多い状態です。ネット、電話、お客様サービスプラザ、自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)での申し込みができます。審査に通過した後は、当日中の振込が可能なので、Web契約でもOKです。

カードは後日郵送されますし、カードレスのコースを選ぶこともできます。
Web契約ではなく、お客様サービスプラザ、自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)で契約すると、その場でカードを受け取ることができます。

すぐにカードを手元に用意したい場合は、こちらで契約しましょう。この場合、借り入れは振込、カードによるATM出金、およびお客様サービスプラザでの直接借り入れが選べます。

平日14時~18時の間に契約が完了するとき

申込方法は、14時以前と変わらず、ネット、電話、お客様サービスプラザ、自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)が選べます。

しかし、契約方法に関しては、当日中の振込融資が不可能になるため、Web契約を選んではいけません。お客様サービスプラザ、無人契約機(三井住友銀行ローン契約機)での契約を選び、直接カード受け取り、または直接借り入れを選択しましょう。

なお、三井住友銀行およびジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合は、瞬フリが使えるのでWeb契約を選んでも大丈夫です。

18時~21時の間に契約が完了するとき

お客様サービスプラザが閉まるため、申し込みは、ネット、電話、自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)からとなります。

契約から借り入れは、自動契約機(三井住友銀行ローン契約機)で契約して、直接カード受け取り、ATMで出金という流れになります。
三井住友銀行およびジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、瞬フリが使えるのでWeb契約も選べます。

土日祝日に申し込む場合

土日祝日は金融機関がお休みなため、即日振込みができなくなります(瞬フリは可)。またお客様サービスプラザもATMの利用のみとなるため、即日融資の手段は平日よりも限定されます。審査可能時間は平日と同様、9時~21時です。

基本は自動契約機

土日祝日でも申し込みに関しては、ネットはもちろん、電話での申し込みも受け付けられています。また、自動契約機での申し込みも可能です。お客様サービスプラザはお休みなので店頭での申し込みや契約、借り入れはできません。

審査結果の通知後は契約となりますが、借入方法が振込となってしまうWeb契約は選ばず、自動契約機での契約を選択しましょう。そうすればカードをその場で発行してもらって、すぐにATMで借り入れができます。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座がある場合

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、土日祝日でも即時振込ができる「瞬フリ」が利用できます。したがって、Web契約を選択しても即日融資ができます。

なお、瞬フリに関してですが、会員ページへのログインにはカードに記されたナンバーが必要で、カードが届くまでログインできません。瞬フリを利用したいときは、契約時に担当者にそのことを伝えてプロミス側で手続きしてもらう必要があります。

契約前の意思確認の電話のときに忘れず振込の依頼をしましょう。

その他の注意事項

このように日時に応じて適切な申込方法や契約方法を選択していけば、土日祝日であってもプロミスでは即日融資が可能です。審査可能時間は21時までなので、申し込みの形式上のタイムリミットは21時なのですが、実際には審査や手続きには時間がかかります。

そうした時間も考慮して、早めに申し込みをすることが大切です。

借り入れまでにかかる時間について

審査時間は最短30分ですが、申し込み時の情報入力や審査通過後の書類のアップロードにかかる時間も考慮する必要があります。

また、申し込みをするとプロミスの担当者から電話がかかり、質疑応答があります。契約内容の説明も含めるとこれに10分から15分はかかると考えておくべきです。どんなに早くても、申し込みから借り入れまで最低1時間はかかると考えておきましょう。

夜間や土日祝日の在籍確認について

プロミスの審査には、ほぼ必ず在籍確認がありますが、夜間や土日祝日は在籍確認ができない可能性があります。

プロミスでは状況に応じて、書類での在籍確認にも切り替えてもらえるので、本人確認の電話がかかってきた際に相談してみましょう。保険証のアップロードで在籍確認ができたというケースが多いようです。

ただ、必ず書面での確認に切り替えが可能というわけではないことには注意しましょう。特に高額な限度額を希望される場合は、電話での在籍確認が必須になる可能性が高いです。

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能