北都銀行『スピードカードローンNeo』

スピードカードローンNeoの詳細情報
実質年率 利用限度額 審査時間 即日借入 総量規制
年率4.5%~14.6% 10万円~500万円 最短即日 × 対象外
ネット完結 遅延損害金 申込年齢 返済方式
なし 実質年率14.6% 20歳~69歳 借入残高スライドリボルビング方式

特徴は?

北都銀行の『スピードカードローンNeo』の特徴は、地方銀行のカードローンでありながら、日本全国からの申し込みに対応している点です。

地方銀行の場合、営業エリアに居住または勤務していることが貸付条件となっていることが多いですが、スピードカードローンNeoは営業エリアによる制限がありません。

また、職業属性面での基準も広く、パートやアルバイト、専業主婦の他、学生や年金受給者も対象になっています。

特に年金受給者の場合、契約ができないカードローンが多くなっているものの、『スピードカードローンNeo』なら安心して申し込みができます。

返済金額

返済日は毎月10日で、前月末時点の借り入れ残高に応じて約定返済額が決定します。

前月末日の借り入れ残高 約定返済額
2千円未満 借入残高と利息(注1)(注2)
2千円以上 10万円以下 2千円
10万円超 30万円以下 5千円
30万円超 50万円以下 1万円
50万円超 100万円以下 2万円
100万円超 150万円以下 3万円
150万円超 200万円以下 4万円
200万円超 500万円以下 5万円

保証会社はどこ?審査の難易度は?

北都銀行スピードカードローンNeoの保証委託先ですが、新生フィナンシャル株式会社となっています。

そのため、審査の厳しさとしては、審査が厳しめの信販会社系の保証会社に比べ、審査が通過の可能性は高めになります。

しかし、あくまで重要視されるのは返済能力であり、年収よりも自由に使えるお金(可処分所得)です。

希望借入額がちゃんと返済できる金額なのかをチェックされます。

年収が高くても、クレジットカードの利用残高や各種ローン残債が残っている場合、審査が厳しくなってしまいます。

借り入れまでの流れ

  1. インターネットから申し込み
  2. 仮審査結果の連絡(電話)
  3. WEBまたは来店で正式な申込手続き(契約時に振り込みでの融資にも対応)
  4. 契約に必要な書類
    ・本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証)

  5. ローンカードの到着(郵送)
  6. 利用開始

スピードカードローンNeoはWEB完結に対応しており、運転免許証があれば来店不要で申し込みが可能です。

インターネット上での申し込みの場合、仮審査後、審査結果が通知され、本審査および契約手続きとなります。

一方、運転免許証以外での申し込みの場合、来店手続きとなるため、審査から契約手続きまで時間と手間を要することとなる他、遠方に居住されている方は実質的に利用できません。

また、借入についてはローンカードの到着前に振込融資を受けることも可能ですので、契約手続きの際に依頼しましょう。

振込融資を依頼しないと、ローンカードの到着まで利用ができないため、注意が必要です。

在籍確認はあるのか?内容は?

スピードカードローンNeoを申し込んだ際、審査時に勤務先への在籍確認が行われます。

在籍確認は、仮審査の時点で行われることとなっています。
『安定した収入があるかどうかを判断する重要審査項目となるため、在籍確認を回避することはできません。

在席確認の電話が不安という理由は、上司や同僚にバレるという心配です。

現在では、個人情報保護法の施行により、契約者自身のプライバシー保護が優先されるため、銀行名を名乗ったり、ローン審査だと伝えることはありません。

そのため、職場でバレるというリスクはほとんどありません。

内容については、至ってシンプルであり、『○○様はいらっしゃいますか?』というような簡単な電話応対です。

この質問に対し、『席を外している』という内容の回答がされなければ、特に問題はありません。

即日融資は可能か?

スピードカードローンNeoはインターネットからWEB完結で申し込みするのが最短かつ手間の掛からない方法ですが、即時融資は受けられません。

仮審査結果については、最短即日で受けられる可能性はありますが、振込依頼を行った場合でも振込まで2営業日ほどかかります。

また、ローンカードの到着も1週間以上を要するため、申し込みから借り入れ可能までの最短日数は3営業日以上かかると考えておきましょう。

スピード審査およびスピード融資を掲げた商品ではありませんので、余裕を持った申し込みが重要です。

もし、どうしても即日融資を希望であれば、プロミスなどの消費者金融やバンクイックなどの銀行に申し込むのがオススメです。

利用しやすさは?

スピードカードローンNeoの使い易さですが、日本全国の提携金融機関およびコンビニATMが利用出来るため、旅行先や出張先での借り入れに困ることはありません。

利用可能ATM

北斗銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、その他提携金融機関ATM、セブン銀行、ローソンATM、E-net

スピードカードローンNeoの3つのメリット

  • 日本全国から申し込み可能
  • 専業主婦の他、学生や年金受給者も利用可能
  • イオン銀行ATMで平日8:45~18:00まで手数料無料

スピードカードローンNeoの3つのデメリット

  • 即日融資に対応していない
  • イオン銀行ATM以外は手数料がかかる(108円or216円)

プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能

バンクイックは提携コンビニATM手数料無料!土・日・祝日もその場でカードが受け取れる!(テレビ窓口で)

バンクイックの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳~満65歳 残高スライド方式