親和銀行カードローン

親和銀行カードローンの特徴

『親和銀行カードローン』は、申し込みは来店不要でインターンネットから申し込みできる他、電話・郵送・FAX・窓口でも仮審査申し込み可能です。

また、銀行口座を持っている場合はWeb完結対応(利用限度額300万円以下)となり、銀行口座が無いおよび利用限度額が300万円を超える場合は正式な契約手続きを郵送で行うことができます。

さて、気になるのは大手銀行カードローンとの金利や最高限度額、そして利用限度額のプランや返済額です。

金利3.0~14.5%、最高限度額1000万円

借入限度額 金利(実質年率)
10万円~100万円 14.5%
100万円超~200万円 12.0%
200万円超~300万円 10.0%
300万円超~400万円 8.0%
400万円超~500万円 7.0%
500万円超~600万円 6.0%
600万円超~700万円 5.0%
700万円超~800万円 4.0%
800万円超~1,000万円 3.0%

金利は3.0~14.5%となっており、最高限度額も1000万円と大手銀行カードローンと遜色ががありません。

実際に借り入れする上で、14.5%が適用されたとしても、大手消費者金融の最高年利17.8~18.0%で借り入れするよりも、断然お得になります。

利用限度額と金利は、審査結果により10万円単位で決められるため、申し込み時点で目的に合わせた金額を希望することが可能であり、利用限度額と金利がコースで固定されるカードローンよりも柔軟性があります。

そのため、過度な利用限度額を設定することもないため、借り過ぎ防止になります。

返済金額

返済方法は、「口座引落型」または「直接入金型」のいずれかです。

利息組み入れ後の残高 返済金額 利息組み入れ後の残高 返済金額
10万円以下 2千円 50万円超100万円以下 2万円
10万円超20万円以下 4千円 100万円超200万円以下 3万円
20万円超30万円以下 6千円 200万円超300万円以下 4万円
30万円超40万円以下 8千円 300万円超 5万円
40万円超50万円以下 1万円

毎月の返済額ですが前月度の借入残高によって決まり、50万円以下までは10万円毎に2千円加算され、50万円超100万円以下で2万円、それ以降は100万円毎に1万円が加算されていきます。

そのため、借入限度額が少ない場合は返済の長期化の恐れがあるため、効率的な返済計画が重要になります。毎月の返済金額を最小限に抑えてしまうと、無駄な利息を返済することになるため、早期返済のため、余裕がある時は随時返済がおすすめです。

審査はどこがやる?保証会社は?

「親和銀行カードローン」ですが、仮審査の受付は同銀行で行っています。しかし、実際の審査はおよび在籍確認までは保証会社である『SMBCコンシューマーファイナンス』に委託されています。

実は、インターネットから申し込みを行う際、SMBCコンシューマーファイナンスのネットワークサーバーに移動します。

また、『個人情報の取扱いに関する同意書』を確認することで分かり、親和銀行は全国銀行個人信用情報センターの会員ではあるもの、株式会社シー・アイ・シーや株式会社日本信用情報機構の会員ではありません。

そのため、親和銀行は貸金業者からの借り入れ情報やクレジットカードの利用状況、そして金融事故情報を確認することができません。つまり、これらの点から仮審査は保証委託先であるSMBCコンシューマーファイナンスに審査を委託しているということになります。

仮審査は、SMBCコンシューマーファイナンス側でスコアリング審査、個人信用情報の照会、勤務先への在籍確認を行うことになります。

この際、親和銀行は保証会社が照会できない個人信用情報すなわち全国銀行個人信用情報センターの情報を確認し、審査情報に反映させています。

銀行カードローンの審査において、一番の鬼門は保証会社の審査であり、銀行が仮審査を行った後、保証会社の審査を受けるのは効率が悪くなります。そもそも、銀行が審査を行い、保証会社が保証不可と判断した場合は、銀行の作業にロスが生じます。

これは消費者にとってもメリットがあり、最終関門である保証会社の審査を先に受けることで審査時間が短縮されるということです。

借り入れまでの流れ

口座をお持ちの方

  1. インターネットから申し込み
  2. 仮審査結果・申し込み確認の連絡(電話)
  3. ローンカードの到着(郵送)
  4. 利用開始

口座をお持ちでない方

  1. インターネットから申し込み
  2. 仮審査結果の連絡(電話)
  3. 原則郵送で正式な申込手続き(契約時に振り込みでの融資にも対応)
  4. 契約に必要な書類

    ・本人確認書類
    ・契約金額が50万円超の場合は、所得を確認できる資料

  5. ローンカードの到着(郵送)
  6. 利用開始

親和銀行カードローンの審査は、銀行口座を持っている場合、インターネットからWeb完結で行えます。また、銀行口座が無い場合は、インターネット・電話・郵送・FAX・銀行窓口のいずれかで申し込みとなります。

仮審査自体は、申し込み内容からスコアリング審査、個人信用情報の照会、保証会社の保証可否を審査し、勤務先への在籍確認を行うこととなります。

実際の流れとしては、審査のほとんどを保証会社が行い、親和銀行では申し込みを受付した時点で、全国銀行個人信用情報センターの情報を照会し、事故履歴の有無を確認します。

また、保証会社ではスコアリング審査、株式会社シー・アイ・シーおよび株式会社日本信用情報機構の情報を照会し、他社借入状況やクレジットカードの契約・利用状況、そして事故履歴をチェックします。

仮審査が通過した後、審査結果の連絡が行われますが、銀行口座がある場合はネット上で手続きが完了します。一方、それ以外の場合は郵送での契約手続きが行われます。

本審査では、仮審査時の申込内容と正式な契約書に記載した内容に相違が無いか、身分証明書類から本人確認を行い、反社会的勢力との関係が無いか、金融取引の締結が可能かを確認します。

即日融資に対応してる?

『親和銀行カードローン』ですが、残念ながら即日で融資を受けることはできません。インターネットからの申し込みは、Web完結に対応していますが、仮審査の回答および銀行振込は、最短2営業日かかります。
この点については商品案内にもしっかりと記載があります。

即日融資は受けられないものの、借り入れまでに1週間ほど余裕がある方ならばローンカードの到着前に借り入れをすることが可能なためおすすめです。ただし、審査の受付状態によりさらに遅くなる可能性もありますので、2~3日以内に融資を希望している方には、おすすめできません。

もし、即日融資を希望するならば、大手消費者金融を契約して借り入れする方が短時間で済み、ローンカードの受け取りも無人契約機の営業時間が長いため、確実性は高まります。

もし、消費者金融で借り入れを行った場合は、金利や利用限度額面でのメリットが高い『親和銀行カードローン』を借り換えで利用した方が時間的にも現実的になります。

使いやすさは?

親和銀行カードローンですが、大手銀行カードローンに比べると手軽に使いづらいという点があります。

利用可能ATM

親和銀行のATM、提携金融機関ATM(福岡銀行、熊本銀行)、コンビニATM(セブン銀行、イーネット、ローソン)、ゆうちょ銀行

親和銀行カードローンの3つのメリット

  • 月々の返済額が2000円~と財布に優しい
  • 来店不要でWEB完結で契約できる
  • 親和銀行ATMと提携金融機関ATMの平日8:45~18:00まで手数料無料
  • 親和銀行カードローンの3つのデメリット

  • 上記以外の時間、コンビニATMなどは手数料がかかる(108円or216円)
  • 即日融資に対応していない(最短2営業日)
  • プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

    300 × 250
    プロミスの詳細情報
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能

    バンクイックは提携コンビニATM手数料無料!土・日・祝日もその場でカードが受け取れる!(テレビ窓口で)

    バンクイックの詳細情報
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
    - 満20歳~満65歳 残高スライド方式