常陽銀行カードローン「キャッシュピット」

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の特徴

『キャッシュピット』ですが、インターネットから仮審査申し込みは可能なものの、Web完結による契約には対応していません。そのため、銀行口座の有無に関わらず、契約手続きは郵送または銀行窓口での契約になってしまいます。

 

年利2.5~14.8%

キャッシュピットは大手銀行に匹敵する低金利です。実際に適用されるのは下記のようになっています。

実質年率(利用限度額基準)
1万円以上~100万円未満 14.80%
100万円以上~200万円以下 12.00%
200万円超~300万円以下 9.80%
300万円超~400万円以下 8.80%
400万円超~500万円以下 7.80%
500万円超~600万円以下 5.50%
600万円超~700万円以下 4.50%
700万円超~800万円未満 3.50%
800万円 2.50%

利用限度額最高800万円

利用限度額は最高800万円と大手銀行と遜色のないカードローンとなっています。

返済金額

借入れ残高 各回の返済金額
利用限度額
500万円超
利用限度額100万円以上
500万円以下
利用限度額
100万円未満
10万円以下 1千円 2千円 3千円
10万円超~
20万円以下
2千円 4千円 6千円
20万円超~
30万円以下
3千円 6千円 9千円
30万円超~ 借入残高が10万円増すごとに1千円を追加 借入残高が10万円増すごとに2千円を追加 借入残高が10万円増すごとに3千円を追加

返済金額は、利用限度額が100万円未満の借り入れであれば、10万円毎に3000円が加算される形式になっており、利用限度額が100万円から500万円以下であれば10万円毎に2000円が加算され、利用限度額が500万円を超える場合は、10万円毎に1000円が加算される方式になっています。

約定返済額は少ないので借入額が大きくなると返済が長期化する心配もあります。
そのため、借り入れをする際は返済計画をしっかり立てて、無理なく返済を行いましょう。
また、余裕のある時はしっかりと繰り上げ返済をしましょう。

審査はどこがやる?保証会社は?

「キャシュピット」ですが、仮審査の受付は常陽銀行で行っています。しかし、実際の審査および在籍確認までは保証会社である『アコム株式会社』が行っています。

この点は、『カードローン専用お問い合わせ窓口』の情報から確認でき、常陽銀行が対応する他フリーダイヤルは平日のみの対応となっています。アコム株式会社は、与信判断システムの提供以外に、業務に精通した人材の派遣を行っています。

また、グループ会社ではローン窓口専門のオペレータの業務請負まで行っています。仮審査は、アコム側でスコアリング審査、個人信用情報の照会、勤務先への在籍確認を行います。

この際、常陽銀行は保証会社が照会できない個人信用情報すなわち全国銀行個人信用情報センターの情報を確認し、審査情報に反映させています。

キャッシュピットの紹介動画です。

借り入れまでの流れ

「キャシュピット」は、常陽銀行の口座がある場合はインターネット仮審査申し込み、または電話・FAX・郵送で仮審査を申し込むこととなります。

審査自体は保証会社であるアコム株式会社が行い、保証可能と判断されれば、常陽銀行から審査結果の回答があります。仮審査の中身については、申込内容からのスコアリング審査、個人信用情報の照会を行い、保証可否の判断をしています。

特にスコアリング審査は消費者金融業でのノウハウを蓄積して構築したシステムを利用し、客観的に判断が行われます。個人信用情報の照会では他社借り入れの件数、借入総額、金融事故情報の有無をチェックしています。

金融事故情報としては、他社借り入れにおいて返済遅延や長期滞納が無いか、保証会社による代位弁済が行われていないか、自己破産や民事再生により異動情報が無いかをチェックしています。

ただし、アコム株式会社では全国銀行個人信用情報センターの情報を照会できないため、この信用情報は常陽銀行が確認を行っています。これらの審査が完了した後は、FAXまたは郵送による契約手続きとなります。

この際にも審査が行われますが、一般的に本審査と言われています。本審査では、仮審査時の申込内容と正式な契約書に記載した内容に相違が無いか、身分証明書類から本人確認を行い、反社会的勢力との関係が無いか、金融取引の締結が可能かを確認します。

使いやすさ

キャシュピットは使い勝手は大手銀行カードローンとほとんど差がありません。やはりコンビニATM手数料が無料なのは大きいポイントです。

利用可能ATM

常陽銀行のATM、コンビニATM(セブン銀行ATM、イーネットATM・ローソンATM)

キャシュピットの5つのメリット

  • 最短即日で利用可能
  • コンビニATM手数料終日0円
  • 申し込み全国対応
  • 銀行口座が無くても利用可能
  • プライバシー対応徹底(封筒に「カードローン」の表示なし)

キャシュピットの3つのデメリット

  • 口座が無いと、融資までに2~3営業日かかる
  • 年7.8%と下限金利が高い
  • 土日・祝日は即日融資ができない

プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能

バンクイックは提携コンビニATM手数料無料!土・日・祝日もその場でカードが受け取れる!(テレビ窓口で)

バンクイックの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳~満65歳 残高スライド方式