富山銀行とやまカードローン スピード王MAX

富山銀行とやまカードローン スピード王MAXの特徴

『とやまカードローン スピード王』は、富山銀行の口座を持っている方はWeb完結で契約が可能です。一方、口座が無い方は銀行窓口で契約手続きが必要になります。

金利 4.5~14.6%

利用限度額 融資利率
100万円未満 年14.6%
100万円以上200万円以下 年12.0%
200万円超300万円以下/td> 年9.0%
300万円超400万円以下 年7.0%
400万円超500万円以下 年4.5%

実際の借り入れでは最高金利が一番適用されますので、利用する際はこの点を意識しておきましょう。消費者金融では最高年利17.8~18.0%が適用されるため、これに比べると断然お得です。

最高限度額 500万円

利用限度額は、審査結果により10万円毎に決定されるため、申し込み時点で目的に合わせた金額を希望することが可能であり、利用限度額がコースで固定されるカードローンよりも柔軟性があります。

返済金額

前月10日現在の貸越残高 返済額
10万円以下の場合 3,000円
10万円超20万円以下の場合 5,000円
20万円超30万円以下の場合 7,000円
30万円超40万円以下の場合 9,000円
40万円超50万円以下の場合 12,000円
50万円超60万円以下の場合 15,000円
60万円超70万円以下の場合 18,000円
70万円超80万円以下の場合 20,000円
80万円超90万円以下の場合 23,000円
90万円超100万円以下の場合 25,000円

毎月の返済額ですが最低3000円となっており、100万円未満の借入限度額であれば10万円毎に借入残高毎にスライドします。100万円以上200万円以下の借入限度額で最低3000円から180万円超200万円未満で42000円、200万円以上300万円以下の借入限度額で最低3000円から250万円超300万円未満で62000円、300万円以上400万円以下の借入限度額で最低3000円から350万円超400万円未満で60000円、400万円以上500万円以下の借入限度額で最低3000円から400万円超500万円以下で70000円となっており、高額な借り入れほど一定した返済額となります。

一部銀行カードローンでは10万円毎に数千円単位で返済額がスライドする場合、返済期間が長期化し易くなるため、計画性を持った返済が重要となります。

しかし、借入残高が減ると返済額も10万円毎にスライドしてしまうため、短期間で返済をするのであれば、借り入れ当初の返済額で返済を継続するのが、おすすめです。

審査はどこがやる?保証会社は?

「とやまカードローン スピード王MAX」ですが、仮審査の受付は同銀行で行っているように見えます。しかし、実際の申込受付、審査はおよび在籍確認までは保証会社である『新生フィナンシャル株式会社』に委託されています。

この点は、インターネットから仮審査申し込みを行うと富山銀行の公式ホームページ上から外部リンク先すなわち新生フィナンシャル株式会社のホームページに移動することから確認できます。

この点については、公式ホームページ上に『仮審査申込は、この商品の保証会社である新生フィナンシャル株式会社が管理するサイトにて行います』と記載されてます。

仮審査自体は、新生フィナンシャル株式会社側でスコアリング審査、個人信用情報の照会、勤務先への在籍確認を行うことになります。

この際、横浜銀行は保証会社が照会できない個人信用情報すなわち全国銀行個人信用情報センターの情報を確認し、審査情報に反映させています。

銀行カードローンの審査において、一番の鬼門は保証会社の審査であり、銀行が仮審査を行った後、保証会社の審査を受けるのは効率が悪くなります。そもそも、銀行が審査を行い、保証会社が保証不可と判断した場合は、銀行の作業にロスが生じます。

これは消費者にとってもメリットがあり、最終関門である保証会社の審査を先に受けることで審査時間が短縮されるということです。

ですが、昨年12月から2017年2月の金融庁の調査により、銀行側の審査管理において指摘があり、この方法自体が審査の丸投げと指摘されています。

その背景は、貸金業法の改正により減少傾向にある自己破産や民事再生の件数において、銀行カードローンだけで債務整理に至るケースが露呈しているためです。今後は、少なくとも改善対策が行われ、銀行側のチェックも厳しくなる可能性があります。

借り入れまでの流れ

  1. インターネットから仮申し込み
  2. 仮審査結果の連絡(電話)
  3. 来店で正式な申込手続き(口座をお持ちの方はWEBで契約も可能)
  4. ローンカードの到着(郵送)
  5. 利用開始

「とやまカードローン スピード王MAX」は、銀行口座がある場合はWeb完結に対応しており、銀行口座が無い場合はインターネット仮審査申し込みか可能な他、FAX、電話でも仮審査を申し込むことが可能です。

保証会社である新生フィナンシャル株式会社が審査を行い、保証可能と判断されれば、審査結果の回答があります。仮審査の中身については、申込内容からのスコアリング審査、個人信用情報の照会を行い、保証可否の判断を行っています。

特にスコアリング審査は消費者金融業でのノウハウを蓄積して構築したシステムを利用し、客観的に判断が行われます。個人信用情報の照会では他社借り入れの件数、借入総額、金融事故情報の有無をチェックしています。

金融事故情報としては、他社借り入れにおいて返済遅延や長期滞納が無いか、保証会社による代位弁済が行われていないか、自己破産や民事再生により異動情報が無いかをチェックしています。

これらの審査が完了した後は、Web完結の場合はここで終了となりますが、銀行口座がない場合は銀行窓口での契約手続きとなります。

本審査では、仮審査時の申込内容と正式な契約書に記載した内容に相違が無いか、身分証明書類から本人確認を行い、反社会的勢力との関係が無いか、金融取引の締結が可能かを確認します。

即日融資に対応してる?

「とやまカードローン スピード王MAX」は、銀行口座への振り込み融資サービスに対応しているため、即日融資を受けられる可能性はあります。

条件としては富山銀行に銀行口座を開設していること、インターネットからの審査申し込みを10時までに完了させること、審査回答が午前中までに受けられること、銀行窓口で契約手続きを行うこと、そして契約手続きを14時までに完了させることです。

これらの条件を満たさなければ、即日融資を受けることができません。そもそも、審査回答が午前中までに受けられるかどうかは、審査対応の状況に影響されてしまうため、一番不確定な要素となり、可能な限り朝早い時間に申し込んでおくという方法しかありません。

銀行窓口での手続きや14時までに手続きを完了させるということも、銀行での順番待ちもあるため、運的な要素が多くなってしまいます。そのため、即日融資は受けられることはありますが、可能性は極めて低いと予め考えておくのがおすすめです。

結果、即日融資を受けるのであれば、消費者金融で契約して借り入れする方が短時間で済み、ローンカードの受け取りも無人契約機でおこなえます。

金利や利用限度額面でのメリットが高いスピード王MAXは、即日融資を期待するのではなく、消費者金融の借り換えで利用した方が時間的にも現実的になります。

使いやすさは?

『とやまカードローン スピード王MAX』ですが、使い勝手は大手銀行カードローンに比べるとやや劣ります。

利用可能ATM

富山銀行ATM、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM

スピード王MAXの4つのメリット

  • セブン銀行ATMは終日・イオン銀行は『平日8時45分から18時』手数料無料
  • 口座が無くても申し込み可能
  • 専業主婦・自営業も利用可能
  • 収入証明書不要
  • スピード王MAXの3つのデメリット

  • 上記以外の時間は手数料がかかる(108円or216円)
  • 即日融資のハードルが高い
  • ほぼ富山県民のみしか利用できない
  • プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

    300 × 250
    プロミスの詳細情報
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
    20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能

    バンクイックは提携コンビニATM手数料無料!土・日・祝日もその場でカードが受け取れる!(テレビ窓口で)

    バンクイックの詳細情報
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
    - 満20歳~満65歳 残高スライド方式