スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

スルガ銀行カードローン リザーブドプランの特徴

『リザーブドプラン』は、スルガ銀行の口座を持っている方はWeb完結で契約が可能です。一方、口座が無い方でもインターネットから申し込みが可能であり、本人確認書類の提出も画像データをアップロードするだけで済み、来店や郵送契約が不要です。

さて、気になるのは大手銀行カードローンとの金利や最高限度額、そして利用限度額のプランや返済額です。

金利4.9~14.9%、最高限度額800万円

金利は、4.9~14.9%と大手より最高金利高めではありますが、最高限度額800万円と大きな差はありません。

実際に借り入れする上で、14.9%が適用されたとしても、大手消費者金融最高年利17.8~18.0%より、断然お得になります。

カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
新生銀行レイク 4.5%~18.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
利用限度額は、審査結果に応じて決まるため、自分の利用目的に合った金額を希望することも可能であり、ついつい高額な利用限度額を契約することを回避することもできます。

金利自体も固定制ではなく、スルガ銀行側が決定するため、利用限度額が少なくても低金利で借り入れできる可能性があります。

返済額

毎月の返済額は、借入残高によって決まり、10万円であれば3千円以上、40万円超50万円以下で1万5千円(50万円以下まで10万円毎に3千円UP)、50万円超100万円以下で2万円50万円を超える借り入れについては50万円毎に1万円がアップしていきます。

ご返済時のご利用残高 定例返済額
10万円以下 3千円以上
10万円超20万円以下 6千円以上
20万円超30万円以下 9千円以上
30万円超40万円以下 1万2千円以上
40万円超50万円以下 1万5千円以上
50万円超100万円以下 2万円以上
100万円超150万円以下 3万円以上
150万円超200万円以下 4万円以上
200万円超250万円以下 5万円以上
250万円超300万円以下 6万円以上
300万円超350万円以下 7万円以上
350万円超400万円以下 8万円以上
400万円超450万円以下 9万円以上
450万円超500万円以下 10万円以上
500万円超550万円以下 11万円以上
550万円超600万円以下 12万円以上
600万円超650万円以下 13万円以上
650万円超700万円以下 14万円以上
700万円超750万円以下 15万円以上
750万円超800万円以下 16万円以上
最大800万円の場合、返済額が16万円以上となりまとまった金額を返済することになります。

銀行カードローンの一部では、10万円毎に数千円単位で返済額がスライドするものが多くありますが、『リザーブドプラン』の場合はある程度まとまった金額となるため、返済期間が長期化し難いという特徴があります。

そのため、計画性を持った借り入れであれば、無理なく返済を行うことが可能です。

審査はどこがやる?保証会社は?

スルガ銀行『リザーブドプラン』ですが、仮審査は同銀行で行っています。

その後、保証会社となる『スルガ・キャピタル株式会社』、『ダイレクトワン株式会社』もしくは『株式会社オリエントコーポレーション』のいずれかの保証審査を受けることとなります。

保証審査と言っても、基本的にはスコアリング審査、個人信用情報の照会とスルガ銀行で行った審査を再度行い、保証可否を確認します。保証会社が1社だけのカードローンに比べ、いずれかの保証を得られれば借り入れできるため、審査が通過できる可能性は高くなっています。

借り入れまでの流れ

  1. インターネットから申し込み
  2. 仮審査結果の連絡(電話or郵送)
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 本審査の結果連絡(電話)
  5. ローンカードの到着(郵送/急ぎの方は、口座振り込みにて対応)
  6. 利用開始

「リザーブドプラン」は、インターネットからのWeb完結申し込みに対応しています。

「リザーブドプラン」の審査は、インターネットから申し込み後、仮審査が始まりますが、保証会社である『スルガ・キャピタル株式会社』、『ダイレクトワン株式会社』もしくは『株式会社オリエントコーポレーション』のいずれかの保証審査を受けることとなります。

仮審査の内容については、申込内情報からのスコアリング審査、個人信用情報の照会を行い、保証会社の保証可否の判断が行われます。基本的には、いずれかの保証を受けられれば融資可能となり、スルガ銀行から審査結果の回答があります。

まず、個人信用情報の照会では他社借り入れの件数、借入総額、金融事故情報の有無をチェックしています。

そして、金融事故情報は、他社借り入れにおいて返済遅延や長期滞納が無いか、保証会社による代位弁済が行われていないか、自己破産や民事再生により異動情報が無いかをチェックしています。

ただし、『スルガ・キャピタル株式会社』、『ダイレクトワン株式会社』および『株式会社オリエントコーポレーション』は、全国銀行個人信用情報センターの情報を照会できないため、この信用情報はスルガ銀行が予め行っており、この確認時点で事故情報が確認されると保証会社の審査には到達できません。

これらの審査が完了した後は、インターネットでの書類をアップロードや郵送による契約手続きへと移行します。

本審査では、仮審査時の申込内容と正式な契約書に記載した内容に相違が無いか、身分証明書類から本人確認を行い、反社会的勢力との関係が無いか、金融取引の締結が可能かを確認します。

即日融資に対応してる?

『リザーブドプラン』ですが、インターネットからのWeb完結に対応しており、12時までに契約手続きを完了させることで即日融資を受けられます。

他銀行カードローンの場合、銀行口座を開設している人だけに振り込みに融資サービスを提供しているものの、スルガ銀行の場合は他行の銀行口座にも融資をしてくれます。

これらの点については、しっかりと商品案内に説明がされており、即日融資を期待する人には良心的と言えます。しかし、即日融資を受けるためには、朝早くにインターネットから申し込みを済ませておくというのが最低条件です。

スピード審査と言っても、審査対応側の負荷状況に影響されてしまい、夕方以降から夜間の間に申し込みをインターネットからしておく人もいます。つまり、審査回答が12時前に受けられるかが勝負どころになりますが、運的な要素の方が強くなってしまいます。

あくまで、即日融資を受けられる可能性があるだけで、翌日や2~3日以内に融資が受けられればいいという余裕が必要です。確実に融資を希望するのであれば、大手銀行カードローンや消費者金融のカードローンで無人契約機を利用できるものの方がおすすめです。

使いやすさ

『リザードプラン』ですが、使い勝手は大手銀行カードローンに比べ、やや落ちます。

利用可能ATM

スルガ銀行ATM、提携する金融機関ATM、コンビニATM(セブン銀行ATM、イーネットATM・ローソンATM)、ゆうちょ銀行ATM、イオン銀行ATM

リザードプランの6つのメリット

  • 最短即日融資に対応
  • 日本全国どこからでも申し込み可能
  • カードローンにVISA機能がついている
  • 返済額は毎月3,000円からと財布に優しい
  • 専用アプリを使えば振込手続きが簡単
  • 専業主婦も利用可能
  • リザードプランの3つのデメリット

  • セブン銀行やイオン銀行なら土日や祝日は108円、それ以外のATMでは108円または216円の手数料がかかる
  • スルガ銀行の口座がないと自動引き落としでの返済ができない
  • 即日融資ができる時間が限られている
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランの詳細情報
    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.9%〜14.9% 最高800万円 最短即日 無し 対象外 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
    年利19.5% 満20歳〜満70歳 -