オリックス銀行カードローンで増額(増枠)審査を通過するポイント

おまとめ借り換え

オリックス銀行カードローンで増額(増枠)するには

オリックス銀行カードローンの限度額は、利用中に増額することが可能です。
増額によるメリットは、利用できる金額が増えることだけでなく、金利が下がることです。

オリックス銀行カードローンの金利は3.0%~17.8%となっていますが、限度額別により細かく区分されています。

借入限度額 金利
100万円未満 12.0~17.8%
100万円以上 ~ 150万円以下 6.0~14.8%
150万円超え ~ 300万円以下 5.0~12.8%
300万円超え ~ 500万円以下 4.5~8.8%
500万円超え ~ 700万円以下 3.5~5.8%
700万円超え ~ 800万円以下 1.7~4.8%
限度額が100万円未満のときは12.0%~17.8%ですが、100万円超150万円以下なら9.0%~14.8%、150万円超300万円以下なら6.0%~12.8%というように、限度額の増額に応じて金利も引き下げられていくのです。

一方でオリックス銀行カードローンの増額については、デメリットもないわけではありません。
増額するにはまず審査に通る必要があるうえ、増額に失敗すると可能性は低いですが、限度額が減ったり、利用停止になることもあります。

実は限度額の減少や利用停止は、増額の失敗が直接の原因ではないのですが、増額審査の際にその原因が判明してしまうため、減額や停止といった処分を受けてしまうことになります。

このようにオリックス銀行カードローンの増額にはメリットだけでなくデメリットも存在します。したがって、できるだけ成功率を高めた状態で増額の申請をしたいものです。

増額(増枠)の手順

オリックス銀行カードローンで増額をするには、自分からオリックス銀行に増額を申し込む必要があります。
増額を希望する場合、まずはオリックス銀行のカードデスクに電話で問い合わせをしましょう。
そこで申し込みの意思を伝えれば、いくつかの質問を経て、審査が始まります。

審査にはオリックス銀行のほか、保証会社であるオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社も参加します。
必要があれば、収入証明書の提出を求めたり、勤務先への在籍確認を行うこともあります。

審査に通過できれば、特別な手続きは特に必要なく、限度額が引き上げられます。
希望する限度額には届かなくても、可能な増額範囲を提示してもらえることもあります。

また、こちらから増額の申し込みをしなくても、オリックス銀行のほうから増額可能な金額を提示した案内(インヴィテーション)が送られてくることがあります。

オリックス銀行では定期的に利用者の信用調査を行っており、収入、返済がともに安定している人に対しては、増額をすすめてくれるのです。
オリックス銀行から増額案内が来た場合、事前に審査が済んでいるようなものなので、増額に成功する可能性は高くなります。

この増額案内は、オリックス銀行カードローンを利用開始後、半年以上を過ぎた人に順次、送られてくるようです。

増額(増枠)の審査について

オリックス銀行カードローンの増額審査の基準は、基本的に初回契約のときと同じです。
年収や職業、勤務先、勤続年数、家族構成、居住形態、他社借り入れの状況などが総合的に判断されます。

増額を成功させるには以前の審査の時より、これらの項目で評価が高まっている必要があるのです。
成功するかどうかの判断は、前回の審査時と現在で状況がどのように変わっているかを確認するとよいでしょう。

ただ、利用開始後、半年で増額の案内が来たという口コミがあるように、状況が変わったとはいえないような比較的短期の利用で可能だったというケースもあります。それは利用実績のおかげです。

延滞を一度もせず、増額返済なども積極的に行っていると、返済態度の良い利用者として増額案内の対象に選ばれるのです。
この実績は前回の審査ではなかったものであり、以前よりも評価が高まった部分だといえます。

このように高い評価を得て、増額の案内が送られてきた場合でも、申し込みのあとの審査は行われます。
最終確認の意味合いも強いですが、在籍確認も欠かさず行われると考えておいたほうが無難です。

オリックス銀行カードローンは銀行カードローンであり、勤務先への在籍確認はきちんと行われます。
書類で代用ということも難しいので、その点は覚悟しておきましょう。

増額(増枠)の必須条件と増額失敗による減額について

オリックス銀行カードローンで増額を成功させるためにほぼ必須になる条件は、「延滞をしていない」ということです。
半年以内に一度でも延滞があると、増額の審査は見送りになる可能性が高いです。

また、他社への返済も重要で、こちらはおおよそ1年から1年半の間に延滞を3回以上していると、増額審査に落ちる可能性が高くなります。他社での延滞も信用情報から簡単に把握されてしまいますので、延滞はしないよう心がけておきましょう。

なお、増額審査に落ちた際に減額や利用停止になることがある、と書きましたが、これは増額失敗のペナルティというわけではありません。

オリックス銀行カードローンではおおよそ、3ヶ月から半年に1回、内部審査を行っており、利用者の返済状況や他社借り入れの残高などがチェックされています。

もし、延滞が続いていたり、他社借り入れの残高が大幅に増えていると、限度額の減額や利用停止などの措置がとられるのです。

これは本来、内部審査のタイミングで行われますが、増額の申し込みで審査が行われたときに、同様の事情が判明すると、これまた減額や利用停止になります。
つまり、減額や利用停止の理由は、増額失敗ではなく、信用力の悪化によるものなのです。

増額の申し込みをしていなくても、いずれ内部審査の結果によって減額などの措置はとられていたということになるので、増額の失敗をそこまで恐れる必要はないでしょう。

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
1.7%〜17.8% 最高800万円 最短即日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
借入利率+2.1 満20歳以上69歳未満 残高スライドリボルビング方式
借入限度額 金利
100万円未満 12.0~17.8%
100万円以上 ~ 150万円以下 6.0~14.8%
150万円超え ~ 300万円以下 5.0~12.8%
300万円超え ~ 500万円以下 4.5~8.8%
500万円超え ~ 700万円以下 3.5~5.8%
700万円超え ~ 800万円以下 1.7~4.8%