ノーローンで増額審査を通過するには

ノーローンで増額するには

ノーローンとの契約では、利用開始後も審査によって限度額を変更できる、とされています。
こちらから増額の審査を申し込むか、ノーローンからの増額オファーを受けることにより、初回に契約した限度額を引き上げることが可能になっています。

金利は、基本的に利息制限法の規制に応じて下がっていきます。
利息制限法では金利の上限が決められており、限度額10万円未満で上限が20%、10万円以上100万円未満で18%、100万円以上で15%となっています。

限度額を100万円以上にすると確実に金利が15%に下がるため、増額によって金利を引き下げることもできるのです。
ただ、ノーローンは消費者金融なので、総量規制の制限があることには注意しましょう。

ノーローンを含め、消費者金融や信販会社からの借り入れの総額は、年収の3分の1を超えることはできません。
増額できるのも、この総量規制の範囲内ということになります。
この枠を超えた金額の増額を希望しても、審査で否決されてしまうのです。

増額を認めてもらうには審査を受ける必要がありますが、この審査を受けられるのはノーローンを一定期間以上利用している人だけです。
初回契約してすぐの人や一度も借り入れをしていなかった人は増額審査を受けられません。

自分から申し込む場合、利用開始後6ヶ月を超えてから申し込むようにしましょう。

増額の手順

ノーローンで増額したいときは、お問い合わせダイヤルに電話をして増額希望であることを伝えます。
以前は会員ページでも増額希望申請ができましたが、現在は電話のみの申し込みになっています。
増額したいことを伝えると、資金用途などについていくつか質問があります。

正直に答えるべきですが、増額の目的をギャンブルや投資と答えると審査に通ることは難しくなります。注意しましょう。
質問を終えたあと、勤務先への在籍確認がある場合はそのことを伝えられます。
また、収入証明書を提出してほしいといわれることもあります。

初回契約の限度額が50万円以下で、今回の増額で50万円を超える場合は収入証明書が必須になります。
源泉徴収票や2ヶ月分の給与明細を用意しておきましょう。
あとは審査結果が出るのを待つだけです。

審査が終われば電話で結果が通知され、審査に通っていればすぐに限度額が増額されます。
その他の手続きなどは特に必要ありません。

また、途上与信で増額が可能になった場合にノーローンから勧誘が来ることもあります。
ノーローンメールサービスに登録しておけば、キャンペーン情報や返済日の通知に混じって増額の案内が送られてきます。
この案内は増額が可能な人にしか送られてこないので、案内が来れば審査に通る見込みは高いです。

増額案内が送られてきたら、ぜひ検討してみましょう。

増額の審査について

一般的に増額審査は、初めて契約するときの審査にくらべて審査基準が高いと言われています。
その理由は、初回の審査時よりも高い評価を得られないと増額を認めてもらえないからです。

ノーローンの増額審査も、前回の審査よりいかに信用力が高まったかが重要になります。

増額審査でもっともアピールしやすい部分は、ノーローンを利用した実績です。
初めての契約時には、ノーローンはあなたがどんな人なのか、誠実に返済をしてくれる人なのかどうかを知りませんでした。

その後にきちんと返済を行っていれば、信用に足る人物だという評価をしてくれているでしょう。
これは明らかに前回よりも信用力が高まった部分だといえます。
信頼できる人物だからこそ、もう少しお金を貸そうか、となるわけです。

社内での昇進や転職などで以前よりも収入が増えた、という場合も、信用力が高まるケースです。
収入が増えれば単純に貸せるお金も増えます。前回の審査時より収入が増えていれば、増額の可能性はかなり高いでしょう。

増額のハードルになりやすいのが他社借り入れです。
他社借り入れがあるとそれだけ融資可能な枠が狭まってしまいます。
信用力に応じた枠のほか、総量規制の残り枠も考慮しなくてはいけません。

逆に他社借り入れを減らしたり、完済して他社借り入れがなくなったとなれば、信用力は大いに高まります。
前回の審査時にあった他社借り入れがなくなっていれば、これまた増額されやすくなります。

増額に成功するコツとは

ノーローンで増額に成功するためには、何よりあなたが信用できる人物であるということを示すことが重要です。
そのためにはまず、延滞をしないよう心がけましょう。
増額審査では、おおよそ半年以内の返済の様子がチェックされます。

半年以内にノーローンの返済で延滞していると、増額は難しくなるでしょう。
延滞扱いにならなければいいので、もし延滞してしまいそうになったら、事前にノーローンに連絡をして、返済日の変更などを行い、延滞を回避することもできます。

また、他社の延滞についても注意を払いましょう。
ノーローンは信用履歴から他社への返済状況も把握しています。
ここで延滞があっても信用は低下してしまいます。
こちらは1年半にだいたい3回までがリミット、と考えておきましょう。

住所、電話番号、勤務先、メールアドレスなどの変更をこまめにしておくことも大切です。
増額の申し込みの際に「変更はございますか?」と聞かれますが、このときに慌てて変更を申し出るより、事前に会員ページから情報更新をしておくと信用の度合いが違います。

几帳面な人ほど、きちんと返済してくれる傾向にあるため、このような些細な事でも評価は高くなります。
細かいですが、なにげに重要な部分なのでこまめな申請を心がけてください。

ノーローンよりもおすすめのカードローン!!

アコム

アコムは最短30分のスピード審査。土日祝日の急な出費でもアコムなら即日融資も可能です。
「満20歳以上の安定した収入がある方」であれば、派遣・パート・アルバイト・主婦・学生の方でも申し込みすることができます。
もちろん利用用途は自由。
さらにアコムとの契約がはじめてなら最大30日間の金利が0円です。

アコムの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング返済方式 ネット上のみで完了

プロミス

300 × 250

消費者金融の中でアコムと共におすすめしたいのがプロミスです。
平日14時までに必要書類の確認を済ませられれば振込融資に対応。
また銀行時間外でも来店契約を選択し自動契約機で契約、カード発行でその場で融資を受けることができます。

メールアドレスを登録し、web明細の利用に同意すれば、初回出金の翌日から30日間無利息で利用できるのがメリットです。

プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能
ノーローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.9%〜18.0% 1〜300万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年利) 安定した収入のある方 借入金額スライドリボルビング方式 ネットのみで完了