ノーローンの返済まるわかり

ノーローンの返済方法

カードローンの返済は、おおまかにわけて2つの方法があります。ひとつは毎月の約定返済、もうひとつはそれとは別に任意で行なう追加返済です。このうち、必ず行わなければならないのが毎月の約定返済です。カードローンの返済といえば、こちらを指すことが多いでしょう。

もちろん、ノーローンでも返済はこの形式になっています。ノーローンの毎月の約定返済には3つの返済プランがあります。借入金額スライドリボルビング方式、分割返済、そして、一括返済の3種類です。

カードローンでもっともポピュラーな返済方式が、借入金額スライドリボルビング方式です。残高に応じて毎月の返済金額が変化します。残高が多ければ毎月の返済金額も大きく、残高が少ないと毎月の返済金額も少なくなる方式です。

無理のない返済が可能ですが、返済が長引くという一面もあります。ノーローンでは、残高スライド方式のほかに、分割返済を選択することも可能です。毎月の返済金額が変化しないので返済計画が立てやすく、また返済も早めに終わります。

また、ノーローンでは、一括返済のプランも用意されています。利息は日割りで計算されますので、1日でも早く返せばそれだけ利息が節約できます。ある意味理想的な返済方法ですが、それを可能にする収入が必要になります。

毎月の返済金額はどうやって決まる?

ノーローンで借入金額スライドリボルビング方式を選択した場合、毎月の約定返済金額は借り入れ時の残高によって決定されます。残高が10万円増えるごとに、毎月の返済金額も2000円、または3000円ずつ増加していくというしくみです。

また、この返済金額は契約した限度額によっても変化します。限度額が大きいほうが、返済金額は低めに設定されます。限度額が大きいということは信用力が高いということなので、返済プランをより柔軟に組めるように優遇されているのです。

ノーローンの毎月の返済金額は、借り入れ時の残高によって決定され、次の借り入れまで変化しません。そして、追加で借り入れを行った際に、そのときの残高の金額によって、毎月の返済金額が変化します。以前より残高が大きく増えていれば、毎月の返済金額も増えます。

逆に残高が減っていれば、毎月の返済金額も以前より小額になります。

ノーローンの毎月の返済金額は、無理のない範囲に抑えられているため、返済期間が長く、利息の支払いという点では不利になりやすいです。

その欠点を補うためにノーローンのでは追加の返済が行えるようなっています。追加の返済で返済期間が短縮されれば、それだけ利息を支払う回数も減ります。ノーローンでは返済シミュレーションも用意されていますから、追加返済の計算に活用していきましょう。

ノーローンへの返済手段は?

ノーローンには多くの返済手段が用意されており、その特徴のひとつにもなっています。ノーローンで利用可能な返済手段は、

  • リアルタイム返済
  • ATMで返済
  • 自動引き落とし
  • ノーローン指定の口座へ振込

の4種類です。

リアルタイム返済は、インターネットを用いた24時間いつでも可能な返済のことです。ノーローンと提携している金融機関の口座があれば、瞬時に返済が完了します。

メガバンクを含め、多くの金融機関と提携が行われており、実質ほぼすべての金融機関の口座でリアルタイム返済が可能になっているといってよいでしょう。もちろん手数料は無料です。

金融機関やコンビニのATMでも返済が可能です。

ただ、一部を除いてATMの利用手数料がかかってしまいます。手数料無料のATMは自動契約コーナーに設置してあるレイクのATMのみです。ノーローンは新生銀行グループですが、残念ながら新生銀行のATMは有料なので注意しましょう。

手持ちの銀行口座を指定して、毎月の自動引き落としにしてもらこともできます。自動引き落としの場合、返済期日は毎月6日、もしくは26日に限定されます。手数料は無料ですが、設定には事前手続きが必要です。

ノーローンが指定する口座に直接振り込みを行なうことで返済することも可能です。ただ、振込手数料がかかってしまうので、できれば避けたほうがよいでしょう。

返済期日と1週間無利息

ノーローンでもっとも特徴的なサービスが、繰り返し利用できる1週間無利息サービスです。借入日の翌日から7日間は利息が発生しないので、返済もそれを考慮すれば利息を節約することができます。

この無利息サービスを繰り返し利用するための条件が、一度完全に返済を終えるということです。完済したあと、翌月からふたたび1週間無利息を適用してもらえるようになります。

お金を借りてから、その月のうちに全額返済してしまうことで、無利息をフル活用できるというわけです。全額返済には追加返済を利用することになります。

ただ、借りる金額によっては全額返済が難しい場合もあります。

その場合も、最初の7日間分の利息は無料ですし、ノーローンには支払った利息に応じて楽天スーパーポイントやネットマイルが貯まるサービスもあります。あまり無理をせず、翌月の返済などもきちんと考慮して、柔軟な返済計画を組みましょう。

無利息サービスを活用するためか、ノーローンには日割りの利息を計算できるシミュレーターも用意されています。

なお、ノーローンの返済期日は自動引き落としを除いて、自由な日時を設定できます。この期日から15日前が返済期間となります。

これ以前に返済をすると、前月の追加返済になってしまうので、その点にだけは注意しておきましょう。

ノーローンよりもおすすめのカードローン!!

新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイクは消費者金融同様に来店不要で銀行営業時間内ならご自身の名義への金融機関口座への振込に対応してます(※平日14時までの、お申込みと必要書類の確認の完了が必要です)。

また銀行営業時間外なら仮審査後に自動契約機へ行き本審査後にカード発行しその場で融資を受けることも可能。

自動契約機の営業時間は通帳22時まで、毎月第3日曜日は、8:45-19:00となります。

ただし自動契約機の審査結果お知らせ時間が通常時間帯は8時45分~21時、毎月第3日曜日は8時45分~19時なのでそれまでに本審査回答を受けられるようにしましょう。

審査結果のお知らせ時間
通常時間帯 8時45分〜21時
毎月第3日曜日 8時45分〜19時

初めての方は2種類の無利息期間が利用できるメリットがありますが、上限金利が18.0%なので消費者金融とあまり変わらず100万以下の借り入れとなると上記2銀行と比べると劣ります。

新生銀行カードローンレイクの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年利) 20歳〜70歳以下 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング
ネットのみで完了

プロミス

300 × 250

消費者金融の中でアコムと共におすすめしたいのがプロミスです。平日14時までに必要書類の確認を済ませられれば振込融資に対応。また銀行時間外でも来店契約を選択し自動契約機で契約、カード発行でその場で融資を受けることができます。

メールアドレスを登録し、web明細の利用に同意すれば、初回出金の翌日から30日間無利息で利用できるのがメリットです。

プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能
ノーローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.9%〜18.0% 1〜300万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年利) 安定した収入のある方 借入金額スライドリボルビング方式 ネットのみで完了