ノーローン

なんどでも無利息で繰り返し利用できる!ノーローンのカードローン

ノーローンは新生パーソナルローン株式会社が運営しているキャッシングブランドです。
新生パーソナルローン株式会社は、新生フィナンシャル株式会社の100%子会社であり、公式サイトでも新生銀行グループであることをアピールしています。

ノーローンは新生銀行グループですが、レイクとは異なり、消費者金融です。
したがって、ノーローンでお金を借りた場合は、総量規制の制限を受けることになります。
>>新生銀行カードローン レイクの詳細はこちら

その代わりに、即日融資や無利息サービスなど、さまざまなサービスが用意されており、利便性の面で差別化が図られています。
特に無利息サービスは、何度でも無利息期間を利用できるという画期的なものです。

そのほかにも、24時間いつでも瞬時に完了するリアルタイム融資やリアルタイム返済、土日祝日でも利用できる自動契約コーナーの設置、楽天スーパーポイントやネットマイルなどでポイントが貯まるポイントサービスなど、種々のサービスが用意されています。

無料口座管理サービス「MoneyLook」にも対応しており、他の銀行やクレジットカード会社と合わせて、口座の一括管理ができるようになっています。

ノーローンの特徴とは

ノーローンの金利は、実質年率4.9%~18.0%です。アコムやプロミスなど、他の消費者金融と比較すると、下限金利が少し高めとなっています。ただ、多くの人が適用される上下金利は18%と、他の消費者金融とほぼ同じ利率です。

カードローン 金利
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
金利面での評価は「普通」といったところでしょう。
また、限度額は初回申し込みで300万円まで。
利用実績を積むと400万円まで増額が可能です。

カードローン 限度額
アコム 1~800万
アイフル 500万円以内
プロミス 500万円まで
モビット 1万~800万
限度額もアコムやモビットの800万円とくらべると少なめなのですが、一般的なカードローンの利用において、これ以上の金額が必要になる場面はそれほど多くありません。
300万円以上必要だという人でもない限りは、限度額も問題ない金額でしょう。

ただ、総量規制を受けることもあっておまとめは苦手かもしれません。
ノーローンにはおまとめ専用ローンである「かりかエール」も用意されていますから、おまとめ目的の方はそちらを検討してみてもよいでしょう。

ノーローンの金利や限度額はカードローンとしては普通の部類に入るのですが、ノーローンには便利なサービスがたくさん用意されています。

特に有用なものを挙げると

  • 何度でも使える1週間無利息サービス
  • 確実性の高い即日融資に対応
  • 土日でも即日融資OK
  • 女性専用ダイヤルやポイントサービス

となります。

1週間無利息サービスが何度でも使える

ノーローンのサービスでもっとも特徴的なものが、何度でも使える1週間無利息サービスです。


一般的な無利息サービスは、初回契約時のみ、初回借り入れ時のみ、という制限がついていることがほとんどで、1回しか無利息での利用はできません。

ところが、ノーローンでは、条件付きながらも1週間の無利息を何度でも利用することができます。
ノーローンの無利息サービスは、借入日の翌日から7日間、金利が発生しないというものです。
借り入れをしてから8日目になって、初めて利息がつくようになります。

そして特徴的なのはここから。
借り入れを完全に返済すると、翌月の借り入れから、再び1週間無利息が適用されるようになるのです。
完済が必要なことと、毎月1回までしか利用できないという条件はついていますが、何度でも1週間の無利息が適用されます。

借りてすぐに返済する、といったスタイルの人にはかなり大きな恩恵があるサービスです。
このようにノーローンでは何度でも無利息が利用できるため、上手に使えば、かなりの金利を節約することができるようになっています。

ノーローンの金利の評価は「普通」であると書きましたが、1週間無利息をうまく利用すれば、実質的な金利を大きく引き下げることが可能です。

即日融資に対応

ノーローンの強みのひとつは即日融資に対応していることです。カードローンで即日融資を実現するには、

  • 当日振込が可能である
  • カードを当日に受け取る手段が用意されている

のどちらかの条件を満たす必要があります。

その条件をノーローンは両方とも満たしています。そのため、確実性の高い即日融資を見込めるのです。

申し込みのあと審査が行われ、ネット、またはレイクの自動契約コーナーで審査結果を見ることができます。

その画面で「即日振込サービスを利用する」を選べば、当日中に振込が可能です。
ただし、タイムリミットがあり、楽天銀行の口座を持っていれば、平日17時まで。それ以外の金融機関の口座であれば、平日12時30分までに審査結果を受け取る必要があります。

ノーローンでは、即日振込みを利用しない方法でも即日融資が可能です。
ノーローンはレイクの自動契約コーナーでカードを直接受け取ることができます。
申し込みから最短で30分から40分でカード発行が可能。

カードを受け取ったあとは併設されているATMですぐに出金ができるのです。
自動契約コーナーの営業時間は8時45分から21時まで。
即日振込が間に合わない時間帯であっても、自動契約コーナーでカードを受け取れば即日融資は可能です。

銀行口座をお持ちでない場合も、この方法を選択することになります。

土日でも即日融資OK

ノーローンでは即日融資が可能ですが、さらに土日祝日の即日融資にも対応しています。
土日祝日に即日融資を行なうには

  • 土日祝日でも審査を受けられ契約ができる
  • 土日祝日でも借り入れをして出金する手段がある

の両方の条件が満たされていないとダメです。

その点、ノーローンはどちらの条件も満たしており、土日祝日でも即日融資が可能になっています。
休日に申し込みをしてもすぐにお金を借りられる。
これもノーローンの長所のひとつなのです。

土日祝日にノーローンで即日融資を受けるには、レイクの自動契約コーナーを利用することになります。
申し込みはネット、電話、自動契約コーナーのどれからも可能ですが、即日振込は平日のみのサービスなので使えません。

よって、休日でも営業している自動契約コーナーでカードを受け取り、ATMで出金する、という流れになります。

土日祝日における即日融資のタイムリミットですが、審査回答可能時間は9時から20時30分となっているため、この時間内に審査結果が伝えられるように申し込みをしましょう。
休日なので人員の都合もあり、審査が混み合う可能性もあります。

早めに申し込んでおけば、即日融資をより確実なものにできるでしょう。

自動契約コーナーは21時まで開いています。
審査結果を確認し、カードを受け取って隣のATMで出金しましょう。

女性専用ダイヤルやポイントサービスも

ノーローンでは無利息サービスや即日融資以外のサービスも充実しています。
借り入れは楽天口座であれば24時間いつでも可能(リアルタイム融資)。
その他の金融機関の口座でも、平日13時までに手続きをすれば、当日中に振込が完了します。

返済は金融機関を問わず(一部例外あり)、24時間いつでも行え、手数料も無料。
借り入れ、返済ともにパソコンやケータイから手続きができます。

また、電話申し込みでは女性専用レディーダイヤルが設置されており、女性スタッフが相談から申し込みまでサポートしてくれます。

さらにノーローンではポイントサービスが導入されており、支払った利息の金額に応じてポイントが加算されます。

得られるポイントは、楽天スーパーポイント、ネットマイル、Gポイントから好きなものを選択できます。

珍しい機能として、ノーローンは無料口座管理サービス「MoneyLook」に対応しています。

これは金融機関の口座やクレジットカードを一括管理するもので、複数のサービスをより便利に利用できるツールです。
カードローンでこれに対応しているのはノーローンのほか、プロミス、モビット、楽天銀行スーパーローンだけです。

楽天銀行も対応済みなので、リアルタイム融資が可能なことも含め、ノーローンは楽天銀行とセットで利用するとより便利になるでしょう。

ノーローンに申し込める人

■申込みができる人

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • パート
  • アルバイト
  • 主婦

アルバイトでもパートでも職業の形態に関係なく、何らかの収入が自分自身にある場合は申し込みが可能です。

■申込みができない人

  • 専業主婦(主夫)
  • 無職

専業主婦や無職の場合、収入がありませんので借り入れはできません。
これはノーローンだけではなく、他の消費者金融も同様です。

その理由は、消費者金融が貸金業法にのっとって営業しているからです。
貸金業法では原則、収入が無い人への貸し付けができないと決められています。

専業主婦の場合は、「配偶者貸付」で借りるという方法がありますが、配偶者の同意や各種書類の提出が必要で、さらに手続きに時間や手間がかかるという理由で、現在は大手の消費者金融では配偶者貸付はおこなっていません。

必要書類について

ノーローンに申し込む際には、本人確認書類が必要になります。
また、50万円を超える限度額を希望する場合、もしくは他社借り入れと合わせて100万円を超える限度額を希望する場合は、収入証明書も必要になります。

ノーローンで本人確認書類として使えるのは、

  • 運転免許証

運転免許証をお持ちでない方は、

  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住基カード
  • 健康保険証
  • 住民票

のいずれかとなります。

もし、本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合、または自動契約コーナーで健康保険証を提示する場合、

  • 国税または地方税の領収書または納税証明書
  • 公共料金(電気・都市ガス・水道・固定電話・NHK)の領収書
  • 官公庁発行の本人特定記載事項の各種証明書類(住民票等)
  • 社会保険料の領収書

のいずれかを一緒に用意する必要があります。注意しましょう。

ノーローンで収入証明書となるのは、

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2か月分+1年分の賞与明細書)

のいずれかです。

これら必要書類は、メール、自動契約コーナー、FAXで送信することにより提出します。インターネットでの送信やFAXの操作に不慣れだという方は自動契約コーナーを利用しましょう。ガイドにしたがって操作を進めるだけで、簡単に提出が完了します。

その場でカードも受け取れ一石二鳥です。

審査について

ノーローンの審査基準については、アコムやプロミス、モビットといった消費者金融と同じ程度であると考えられます。
金利面など契約条件がほぼ同じであるからです。
ノーローンでは、パート、アルバイトも利用可。

消費者金融では珍しく、年金受給者も利用可能となっています。

審査の対象となるのは年収、他社借り入れなどですが、信用情報に傷がないことも重要です。

過去5年以内に他社も含め、2ヶ月以上の延滞をしたり利用停止になっていないかを確認しておきましょう。
銀行カードローンで延滞の末に代位弁済が行われたり、債務整理をした事実も信用情報には残っています。

最大でも5年(銀行債務の自己破産は10年)たてばこれらの情報は消去されますが、心当たりのある方は注意してください。

なお、ノーローンは新生フィナンシャル株式会社の子会社である新生パーソナルローン株式会社が運営しています。

新生フィナンシャルと情報共有を行っていることが明言されていますので、社内ブラック情報にも気をつけましょう。
具体的には、新生フィナンシャルが関わっているカードローン等での延滞やトラブルが審査結果に影響します。

これらの社内情報は、信用情報のように時間経過では消滅しません。
いつまでも残る情報なので、過去に新生フィナンシャルが保証する銀行カードローンでトラブルを起こしていた場合、審査落ちになる可能性もあります。

新生フィナンシャルはレイクのほか、東京スター銀行など地方銀行の保証業務も行っていますので、自分の過去の利用履歴をチェックしておきましょう。

在籍確認はある?

ノーローンの審査の過程で勤務先への電話確認があるかどうか、については、「本人確認のため、自宅およびお勤め先に電話させていただく」とはっきりと示されています。
したがって、ノーローンの審査では勤務先への電話確認は必ず行われることになります。

勤務先への電話による在籍確認は、プライバシーに配慮し、担当者の個人名にて行われます。
申込者本人が電話口に出る必要はなく、不在でも「外出している」との返答が得られれば在籍確認は完了します。

申し込み時に、正社員として勤務されている方は代表番号を記入すればよいですが、パートやアルバイトとして勤務されている方は、現在の職場につながる電話番号を記入しておきましょう。

なお、電話以外での在籍確認が可能かどうかということですが、一般的に消費者金融は柔軟に対応してくれる傾向にあります。
特に、社外に一切の情報を漏らさない企業が勤務先の場合は在籍確認がとれないので、書面などで代用するしかありません。

そうしたやむを得ない事情があるときは、ノーローンに相談すれば対応してもらえる可能性はあります。

ただし、単に「職場に電話してほしくない」といった個人的な要望に応えてもらえる可能性は低いです。

勤務先への電話確認を行なう、とはっきりと示している以上、特別な事情がない限り、電話での在籍確認はほぼ避けられないと考えてよいでしょう。

まとめ

ノーローンは、無利息や即日融資など利便性に優れたカードローンです。
審査回答可能時間や即日振込み可能時間がはっきり示されているので、いつまでに申し込めば即日融資が可能なのかが判断しやすく、確実に当日中にお金を借りたい、という人に向いています。

また、自動契約コーナーが各地に設置してあることで、カードを郵送せずに受け取れるというのも大きな強みです。
これがあることで土日祝日の即日融資も可能になっています。

ノーローンが推奨する、もっとも早くお金を借りられる方法は、インターネットで申し込み、すぐに自動契約コーナーに移動して、審査結果を確認し次第、自動契約コーナーで契約、カードを受け取ってATMで出金、というコースです。

これなら最短30分~40分で出金できます。

契約条件の金利面ではとりたてて特筆すべき部分はないのですが、1週間無利息のサービスが毎月繰り返し利用できるという点は大きいです。

1週間以内に返せば金利はゼロ、それ以上の期間を借りても1週間ぶんの利息は免除されますから、金利負担はかなり軽減されます。
お金を借りてすぐに全額返済する、という使い方をする人にとっては、最適なカードローンだといえるでしょう。

なお、ノーローンを利用するならぜひ併用したいのが楽天銀行です。楽天銀行の口座なら、24時間振込が可能で、MoneyLookで一括管理ができます。

ノーローンでは利息の支払いに応じて楽天スーパーポイントも貯まるため、よりお得に楽天のサービスを利用できるようになります。

ノーローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.9%〜18.0% 1〜300万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年利) 安定した収入のある方 借入金額スライドリボルビング方式 ネットのみで完了

管理人おすすめプロミス

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能