住信SBIネット銀行ミスターカードローン

低金利で選ぶならここ!住信SBIネット銀行ミスターカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、住信SBIネット銀行が直接経営しているカードローンです。
銀行が運営するカードローンなので、総量規制の対象外となり、年収の3分の1まで、という枠にとらわれずに借り入れが行えます。

住信SBIネット銀行は、住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で設立した新興のネット銀行です。
店舗やATMは持っておらず、そのぶんのコストダウンが行われています。

ミスターカードローンもそのコストダウンのぶんだけ金利が低く抑えられており、低金利の銀行カードローンとして利用することができます。

このミスターカードローンは、低金利かつ総量規制対象外であり、日常的な利用のほか、おまとめ、借り換えなどにもたいへん役立ちます。
即日融資にも一部で対応しており、メリットを受けられる人にとっては、非常に優秀なカードローンです。

ただ、即日融資には口座が必要など、利用のためには一定の条件を満たさなければならなかったり、低金利ゆえの審査の大変さという側面もあります。
ネット銀行なので、申し込みや契約もWEBのみとなっているなど、利便性の面では少し弱いところもあったりします。

ミスターカードローンの特徴

ミスターカードローンの特徴は、なんといってもその金利の低さです。
コースは限度額300万円までのスタンダードコース、1000万円までのプレミアムコースに分かれており、スタンダードコースでも8.99%~14.79%。

プレミアムコースなら2.49%~7.99%という驚異の低金利となっています。
カードローン金利を比較するなら見るべきは上限金利です。

借入限度額 スタンダートコース金利 プレミアムコース金利
100万円以下 14.79% 7.99%
100万円超

200万円以下
11.99% 6.39%

6.99%
200万円超

300万円以下
8.99% 5.29%

5.99%
300万円超

500万円以下
4.99%
500万円超

700万円以下
3.49%
700万円超

900万円以下
2.49%
900万円超

1,000万円以下
1.99%
スタンダードコースの上限金利でも14%台なので、メガバンク系銀行カードローンの金利とほぼ同じ水準となっており、プレミアムコースでなくとも金利はかなり優秀です。
プレミアムコースとなると、上限金利は7.99%ですから、これはトップクラスの低さとなります。

ただ、スタンダードコース、プレミアムコースの振り分けは審査で自動で行われるので、利用者が希望して選べるものではありません。プレミアムコースに振り分けられるには、それなりの返済能力や信用力が求められます。

限度額に関しては、スタンダードコースは300万円と少し低め。
プレミアムコースの1000万円はこれまた銀行カードローンでもトップクラスの水準です。

300万円までは収入証明書が不要なので、スタンダードコースであれば、収入証明書を用意しなくてもよい、ということになります。

口座があれば即日融資を受けられる

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、即日融資にも対応しています。
ただし、実現するには前もって住信SBIネット銀行の口座を開設していることが必要になります。

というのも、住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、住信SBIネット銀行のキャッシュカードにカードローン機能を付与するタイプのカードローンだからです。
もし、口座を持っていなければ、口座開設も同時に申し込む必要があります。

口座開設には1週間ほどかかるため、即日融資は不可能なのです。
もし、口座をすでに持っていれば、即日融資はじゅうぶんに可能です。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの手続きは、

申し込み → 仮審査 (→ 書類提出) → 本審査 → 契約完了

という流れになります。

仮審査は最短60分なので、そのあとの本審査における在籍確認などで手間取らなければ、その日のうちに、手元のキャッシュカードでお金を借りられるようになります。借り入れはATMからの出金が確実でしょう。

ATMは稼働時間にもよりますが、メンテナンス時間以外はほぼ利用可能です。
コンビニのATMであれば、どこでも借り入れが可能です。
契約さえ済めばいつでも借り入れは可能なので、即日融資を実現するには、審査がいつまでに完了するかが重要になります。

仮審査で60分。そして本審査ではそれ以上の時間がかかることも考慮すると、即日融資を受けたいならば、平日の午前中、早い時間の申し込みがよりベターでしょう。
なお、土日は審査を行っていないようです。

さらなる金利引き下げも可能

ミスターカードローンの売りは低金利ですが、この金利をさらに引き下げるサービスも行われています。

  • SBI証券の口座を持っている(要登録)
  • 住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用している

のどちらかの条件を満たしていると、適用金利からさらに0.5%がマイナスされるのです。

また、金利引下げはもうひとつあり、

  • SBIカードを持っており、口座を引落口座に指定している

という条件を満たすと、金利は0.1%引き下げられます。

この2種類の金利引き下げは重複できるので、両方の条件を満たすと、金利は合計で0.6%引き下げることができます。
これにより、スタンダードコースの上限金利は14.19%、プレミアムコースの上限金利は7.39%となります。

スタンダードコースはみずほ銀行カードローンの14%に迫り、プレミアムコースはこれまたみずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランの7%に肉薄します。

みずほ銀行カードローンもキャッシュカードにカードローン機能をプラスするタイプであり、住宅ローン利用で金利を引き下げるサービスを行なうなど、よく似たサービス内容になっています。

ミスターカードローンは、みずほ銀行カードローンと競合するカードローン、ということになるでしょう。

その他の特徴

ミスターカードローンには、他にもいくつかの特色があります。

まず、おまとめ、借り換えOKを明言している点です。
総量規制対象外のため、おまとめや借り換えがしやすく、しかも低金利です。

もし、おまとめや借り換え目的でのカードローン利用をお考えでしたら、ミスターカードローンはかなり有力な候補となるでしょう。

また、総量規制対象外ということで、法律的には専業主婦など本人に収入がない人でもお金を借りられるのですが、残念ながら住信SBIネット銀行ミスターカードローンは専業主婦への融資は行っていません。

また、学生の方の利用も不可なので、専業主婦や学生の方は他のカードローンを検討しましょう。

明細などの送付に関しては、ネットで明細を表示するタイプのカードローンなので、振込、ATM利用などでも自宅に明細が届くことはありません。

また、ATMを利用する際に使うカードは住信SBIネット銀行のキャッシュカードなので、新規申し込みで自宅にカードが送られてきても、銀行のキャッシュカードだと説明すれば、家族にカードローン利用を知られることもないでしょう。

プライバシーが気になる人にとっても、ミスターカードローンはおすすめだといえます。

必要書類について

ミスターカードローンの申し込みに必要になる書類は、すでに口座を持っているかどうかで異なります。すでに口座を持っているならば、必要になるのは、限度額300万円超を希望する際の収入確認書類のみ、必要となります。

300万円以下を希望する場合は、書類は一切不要です。

収入確認書類として認められているのは、

  • 源泉徴収票
  • 市区町村が発行する所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書1ヶ月分(勤続年数1年未満の方のみ)

となります。

個人事業主や法人代表の方は、所得証明書または確定申告書を提出しましょう。
なお、書類提出時には、余白部分に受付番号を記載する必要があります。受付番号は「仮審査終了のお知らせ」というメールに記載されています。

一方で、まだ住信SBIネット銀行の口座を持っていないという方は、口座開設も同時に申し込む必要があります。この口座開設のために、本人確認書類が必要です。

本人確認書類として利用できるのは、

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • パスポート
  • 在留カード(特別永住者証明書)
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 官公庁が発行した身分証明書(顔写真付き)
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

となっています。

顔写真がないものを使用すると、取引が一部制限される可能性があります。できれば、顔写真付きのものを選びましょう。

審査はどう?

ミスターカードローンの審査は、その低金利を反映して、少し厳しめになっていると考えたほうがよいでしょう。
同じく低金利のメガバンク系カードローンと同じような審査の水準だと考えるべきです。

ただ、年収による制限などはないので、あくまでもその人の収入と支出から計算される返済能力が問われることになります。

収入確認書類の項目で、勤続年数1年未満の方は給与明細書が利用できると書きましたが、ここから勤続年数1年未満で門前払いにされることはないということもわかります。

審査されるのは、年収、職業、勤続年数、雇用形態、居住形態、家族構成、他社借り入れ、などです。
また、信用履歴で過去のキャッシング、ローンの利用歴もチェックされます。

ここで長期延滞、契約解除、代位弁済、債務整理の記録が残っていると、審査通過は難しくなります。
こうした事故情報は5年から10年で消去されるので、一定期間が経過していれば大丈夫です。

ミスターカードローンでは、仮審査は比較的短時間で済むのですが、在籍確認などを含めた本審査に時間がかかりやすい傾向にあります。

信用力が高い人であれば即日融資も可能ですが、場合によっては本審査で数日かかってしまう可能性があることも考慮しておきましょう。

保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス

ミスターカードローンは、保証会社の保証を受けています。
保証会社になっているのは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

SMBCコンシューマーファイナンスは、プロミスを経営しているほか、さまざまな銀行カードローンの保証も行っています。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査では、住信SBIネット銀行にくわえて、SMBCコンシューマーファイナンスの審査も受けることになります。
審査で用いられるスコアリングのシステムは、プロミスと同じものです。

保証会社の審査は住信SBIネット銀行の審査と同時に行われるので、利用者側からは何もしなくて構いません。
ただ、気をつけたいのは審査への影響です。

一度、キャッシングやローンで契約解除や債務整理などのトラブルを起こすと、その記録が残ってしまい、次からは申し込みをしても審査に通らないことがあります。

一般的に社内ブラックと言われる状態ですが、もし、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社として関わっているカードローンで社内ブラックになっていると、同時にSMBCコンシューマーファイナンスのブラックリストにも載ってしまうのです。

その状態で住信SBIネット銀行ミスターカードローンに申し込んでも、保証を受けられないので審査に通りません。
SMBCコンシューマーファイナンスはさまざまなカードローンを保証しているだけに注意が必要です。

在籍確認について

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査では、原則として在籍確認が行われます。
ここで注意したいのは、「在籍確認がとれないときは、審査を取り下げることがある」と明確に示していることです。

通常、カードローンの審査などでは、在籍確認がとれなくても、別の日に在籍確認をする、書面で確認する、または在籍確認を省略する、といった措置がとられます。

しかし、ミスターカードローンでは、在籍確認がとれなかった場合、そのまま審査落ちになる可能性があるのです。

ミスターカードローンでは、300万円までは収入確認書類が不要です。

そのぶんだけ、在籍確認を徹底して行なうようになっているのかもしれません。そのため、勤務先への電話は避けてほしい、といった要望に応えてもらえる可能性はかなり低くなります。

では、どうしても在籍確認がとれない場合はどうなるのでしょうか。

勤務先が外部へ社員の情報を一切漏らさない、というようなケースです。
勤務先がこのような体制の場合、何もせずにただ申し込んでしまうと、在籍確認不可として審査落ちになってしまう可能性があります。

よって、事前に相談をして、なんらかの対応をとってもらえるか相談しましょう。
在籍確認は本審査で行われますが、この際に携帯に本人確認の電話があります。
この際に相談をしてみるとよいでしょう。

まとめ

ミスターカードローンの主だったメリットをまとめると

  • 非常に低金利
  • おまとめ、借り換えに対応
  • 口座があるなら即日融資可能

となります。

特に金利面では、さまざまなカードローンのなかでもトップクラスの優位性を持っています。
おまとめ、借り換えにおいてはその低金利がおおいに寄与することでしょう。

即日融資に関しては、口座を持っていることなど、かなり条件付きといった印象があります。

本審査で時間がかかってしまう可能性も考慮すると、即日融資の確実性という面では少し物足りないかもしれません。
実際に、審査に数日から1週間かかったという口コミも見受けられるため、確実にお金を即日で借りたい、という方は注意しましょう。

一方で難点を挙げるとすれば、やはり審査の難度でしょうか。
低金利銀行カードローンですから、消費者金融などより審査基準が上がってしまうのは仕方のないことかもしれません。

以上のことから、ミスターカードローンは、審査が少し難しかったり、時間がかかることはあるが、利用さえできれば低金利でお金を借りられる優秀なカードローン、といった評価になります。

住信SBIネット銀行の口座がある人や、おまとめや借り換えをはじめ、まとまった金額での利用を考えている人ならば、ぜひ検討してみたいカードローンです。

ミスターカードローンよりもおすすめのカードローン

金利で選ばれている 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳~満65歳 残高スライド方式

プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能
住信SBIネット銀行ミスターカードローンの画像
Mr.カードローンスタンダードコースの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
8.99%〜14.79% 最高300万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳以上満65歳以下 残高スライドリボルビング返済 ネットのみで完了
Mr.カードローンプレミアムコースの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.99%〜7.99% 最高1000万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳以上満65歳以下 残高スライドリボルビング返済 ネットのみで完了