モビット

468x60 夏菜さん 静止

どんな人に向いている?モビットがおすすめな理由とは

モビットはSMBCコンシューマーファイナンスの子会社である消費者金融です。SMBCコンシューマーファイナンスはサービスブランドであるプロミスも持っており、モビットはプロミスと深い関係にあるといえます。

もともとモビットが設立されたとき、当時株式会社であったプロミスも出資に参加しています。その後、さまざまな資本関係の変化により、現在モビットはSMBCコンシューマーファイナンスの子会社になっているのです。

こうした縁もあってか、モビットの審査システムはプロミスのものをベースにしていると言われています。審査基準に関しては、モビットとプロミスはかなり似通った部分があるといえるでしょう。
ただ、プロミスとモビットでは、サービス内容にやはり違いがあります。

また、申し込み手続きや審査の進め方に関しても独自な部分を多く持っているので、プロミスのカードローンについての知識をそのまま参考にできるわけではありません。いろいろと関係の深いプロミスとモビットですが、カードローンという商品としては、まったくの別物です。

モビットとプロミス、そして、他のカードローンも含めて、自分に合っているかどうかをよく検討して選ぶ必要があります。

モビットのカードローンの特徴

では、モビットのカードローンにはどのような特徴があるでしょうか。

モビットの特徴を並べると

  • 金利3.0%~18.0% 限度額800万円まで
  • WEB完結で申し込みができる
  • 通常のカード申込でも即日融資可能
  • 振込融資と電子領収書が使える

となります。

金利

まず、金利についてですが、一般的にカードローンで適用される金利は上限の方です。そこで、他の消費者金融との比較ですが、プロミスが17.8%とわずかにリードしている以外は、上限金利はどこも18.0%。

カードローン 金利
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
限度額が上がれば金利は段階的に下がっていくことも考えると、カードローン間の金利面での差はほぼないと考えてもよいでしょう。

限度額

モビットの限度額は最高で800万円。これはアコムと並んでもっとも高い金額になっています。

カードローン 限度額
アコム 1~800万
アイフル 500万円以内
プロミス 500万円まで
モビット 1万~800万
限度額で言うならば、モビットは大きくリードしているといえるでしょう。ただ、消費者金融には総量規制が適用されます。年収の3分の1までの金額しか限度額の設定を受けられないので、800万円の限度額を受けられる年収は2400万円となります。

この限度額の高さを生かせるのはごく一部の人のみに限られるので、限度額の高さはそれほどカードローンのアドバンテージにはならないともいえます。

WEB完結で申し込みができる

金利や限度額では、消費者金融の間に実質的な差はほぼありません。そこで、やはりサービス面での比較が重要になります。

モビットの特徴といえば、まずこれ、「WEB完結」による申し込みが挙げられるでしょう。

メールでの連絡とWEB上での手続きだけで、申し込みから契約まですべてが完了します。本人確認の電話もかかってこないので、カードローンの申し込みの際にできるだけ人と接触したくない、という人に最適の申し込み方法です。

また、WEB完結はカードレスでの利用となるので、借り入れは振込融資のみとなります。カードなどの郵送物がないため、家族に知られたくないという人にも向いています。

WEB完結は振込で融資を受けます。

平日14時50分までに依頼をすれば、即日融資も可能となっています。ただ、このWEB完結。利用するためにクリアしなくてはいけない条件がいくつかあります。まず、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていないと利用できません。

また本人確認書類として、運転免許証かパスポートのどちらかが必要です。そして、収入証明書、さらには会社に在籍していることを証明するための在籍証明書類も提示しなければいけません。これらの条件がひとつでも欠けているとWEB完結の申し込みはできません。

そうした方は、通常の「カード申込」から手続きをすることになります。

通常のカード申込でも即日融資が可能

手続きの早いWEB完結を利用できなくても、モビットには通常の「カード申込」があります。WEB完結を利用できないという人も、こちらで申し込めば契約が可能です。

モビットの「カード申込」の流れは、

申し込み → メールで結果通知&電話で意思確認 → 入会手続き → 郵送またはローン申込機でカード受け取り → モビットへ必要書類を返送

となります。

振込融資に関しては入会手続きが済み次第、利用可能になります。平日14時50分までに依頼ができれば即日融資も可能です。また、ローン申込機でカードを受け取れば、すぐにカードを使ってATMから出金することも可能です。

特に急いでいる人はネットで申し込みをしたあと、申し込み完了画面に表示されている電話番号にすぐ電話をしましょう。するとすぐに審査を開始してもらえます。その後、電話で結果を通知、その場で入会手続きが完了します。

引き続いて電話口で振込融資の依頼をすることもできますし、ローン申込機からカードを受け取ってATMから出金するという方法も可能です。このように通常のカード申込からも即日融資は可能です。

ただ、最後に書類に必要事項を記入して返送するという手続きが残っていることには注意しましょう。

振込融資でも電子領収書ダウンロードで郵送物なし

モビットにも、他のカードローンもと同じように振込融資の機能が用意されています。会員専用ページのMyモビや電話から手続きをし、平日の9時から14時50分までの依頼ならば、最短3分で振込が完了します。

モビットに限らず、どのカードローンでも、この振込融資にはひとつ弱点があります。それは郵送物の存在です。貸金業者は法律により、融資を行った際には、その内容について正確に利用者に告知する義務があります。具体的にはそれは利用明細の発行で行われます。

ATMで出金すると利用明細が発行されますが、振込融資の場合でも何らかの方法で利用明細を利用者に示さないといけないのです。そのため、以前は振込融資を受けると必ず自宅住所に利用明細が郵送されていました。

返済の領収書は提示義務がないためお願いすればストップできたのですが、利用明細に関しては送付が義務付けられていたのです。これは、家族に秘密でカードローンを利用したいと考えている人にとってはかなり不評でした。

そこでモビットは電子領収書というシステムを導入しました。これは利用明細をWEB上で確認できるというものです。これにより、振込融資を利用しても自宅に利用明細が送られてくることはなくなりました。

ただ、Myモビでの利用手続きが必要なので、それを忘れないようにしましょう。

モビットに申し込める人

■申込みができる人

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • パート
  • アルバイト
  • 主婦

アルバイトでもパートでも職業の形態に関係なく、何らかの収入が自分自身にある場合は申し込みが可能です。

■申込みができない人

  • 専業主婦(主夫)
  • 無職

専業主婦や無職の場合、収入がありませんので借り入れはできません。
これはモビットだけではなく、他の消費者金融も同様です。

その理由は、消費者金融が貸金業法にのっとって営業しているからです。
貸金業法では原則、収入が無い人への貸し付けができないと決められています。

専業主婦の場合は、「配偶者貸付」で借りるという方法がありますが、配偶者の同意や各種書類の提出が必要で、さらに手続きに時間や手間がかかるという理由で、現在は大手の消費者金融では配偶者貸付はおこなっていません。

モビットへの申し込みに必要な書類は?

モビットへの申し込みに必要な書類は、通常のカード申込とWEB完結の場合では異なります。
通常のカード申込の場合、本人確認書類として、

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

のどれかひとつが必要です。
また、モビットでは希望する融資金額に関わらず収入証明の提示が必要です。収入証明書となるのは、

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細(2ヶ月分+賞与明細)

のうち、どれかひとつです。

通常のカード申込では必要書類も他のカードローンと同じなのですが、モビットのWEB完結では、必要書類が多く、種類が限定されています。

モビットのWEB完結で必須になる書類は、本人確認書類が、

  • 運転免許証
  • パスポート

のうち、どちらかとなります。
収入証明書としては

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細(2ヶ月分+賞与明細)

のうちひとつで、こちらは通常のカード申込と同じです。

WEB完結では、ここからさらに在籍証明書が必要となり、

    ・社会保険証または組合保険証

    ・直近1ヶ月の給与明細

の両方が必要です。

ここで注意したいのは、社会保険証か組合保険証が必要なこと。これは社会保険に加入していない人は持つことができません。社会保険に加入していないことが多い、フリーターやパートタイマーの方はWEB完結を利用できないということになります。

モビットの審査ってどう?

モビットの審査はプロミスのスコアリングシステムを元にしていると言われており、プロミスをはじめ、他のカードローンとほぼ同じ項目が審査されます。モビットでは10秒審査が用意されており、まず簡単な項目で融資可能かどうかを確認できます。

簡易審査の結果を確認後、さらにそこから追加で項目を入力して申し込みをすることも可能。そこから電話での申し込みに入ることもできるようになっています。

モビットの審査の対象になる主な項目は、

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 居住環境
  • 家族構成
  • 他社借り入れなど

です。これらを総合して返済能力が算出され、それに応じた金額の限度額が設定される、という流れになっています。

収入証明書や在籍確認もこれらの審査の裏付けをとるために使われます。また、返済能力と同時に信用履歴の調査もあります。過去5年~10年以内に他社で長期延滞、契約解除、代位弁済、債務整理などの経歴があると審査に通るのはかなり難しくなります。

なお、モビットでこうしたトラブルを経験していた場合、何年たっても審査に通ることは難しいです。信用履歴は一定期間経過後に記録が消去されるのに対し、モビットの社内データはずっと残ってしまうからです。これは一般的に社内ブラック状態と呼ばれています。

モビットの在籍確認はいつ?回避できる?

審査につきものなのが在籍確認。もちろんモビットにも在籍確認があります。通常のカード申込の場合、原則として在籍確認は行われるようになっています。モビットの在籍確認のタイミングは、申し込みを終えて意思確認の電話連絡があったあとになります。

このスタッフによる意思確認の際に「在籍確認を行います」という旨の告知があります。最近はどのカードローンも勤務先への在籍確認について、本人の承諾をとって行なうようになってきています。モビットもその流れを受けて本人に告知を行ってから、在籍確認をしています。

さて、この在籍確認を避ける方法があるかどうかですが、モビットの在籍確認を避けることは原則としてできません。ただし、例外もあり、書面での在籍確認が可能なケースがあります。例えば、勤務先への在籍確認が不可能な場合です。

営業時間外であったり、社外に社員の有無を答えない企業では在籍確認がとれません。しかし、そこでは審査落ちにならず、社会保険証で在籍確認を代わりに行なう、という流れになります。社会保険証を見れば勤務先や在籍年数まで確認することができるからです。

自分の勤務先で在籍確認が難しい場合は、在籍確認の告知があったときに申し出れば、書面での確認に切り替えてもらえる可能性もあります。

WEB完結は在籍確認なし

モビットの審査で在籍確認を避けることは原則としてできない、書きました。しかし、在籍確認が不可能なケース以外にも電話による在籍確認を避ける方法があります。その方法とは、WEB完結で申し込む、というものです。

電話連絡なし、郵送物なしがWEB完結の売りですが、同時に在籍確認がないことも大きなメリットのひとつなのです。なぜ、WEB完結で在籍確認が行われないのか。その理由は提出する書類にあります。

WEB完結を利用するにはいくつか条件があり、その中に在籍証明書を提出しなければならない、というものも含まれています。在籍証明書は社会保険証または組合保険証、そして給与明細書です。

この2点によって、どんな勤務先で働いているかを確認できるので、WEB完結では在籍確認が行われないのです。WEB完結は、カードローンの審査における面倒な手順をできるだけ省こうというコンセプトで設計されています。

利用者にとって不安な要素のひとつである勤務先への在籍確認を行わず、書面で行なうというのも、そのコンセプトによるものなのです。その代わりに収入証明書以外に2点も書類を提出させるなど、書面による審査が強化されています。

ただ、残念ながら社会保険証や組合保険証を持たない人はWEB完結を利用できないので、通常のカード申込となります。こちらは原則在籍確認ありなので、在籍確認の電話を勤務先にかけるかどうかは意思確認の電話の際に要相談となります。

三井住友銀内のローン契約機でモビットのカードが受け取れる

2017/8/23のニュースで、モビットの無人契約機が2~3年をめどに全廃される方針であることが発表されました。

申し込みやカード受け取りが不便になりそうですが、10月から三井住友銀内のローン契約機でモビットのローンを申し込んだり、カードを受け取ったりできるようになるので心配はありません。

まとめ

以上がモビットの特徴となります。まとめると

  • WEB完結でお手軽に利用できる
  • WEB完結でも通常申し込みでも即日融資が可能
  • 電子領収書で郵送物なし
  • 勤務先への在籍確認を避ける方法がある

となります。

総合的に見るとモビットは利便性に特化したカードローンといえるでしょう。WEB完結による申し込みはその特徴をよく示しています。他社のカードローンでは在籍確認を避ける方法はありません。また、勤務先への在籍確認なしを明記しているところもありません。

モビットは唯一、在籍確認なしとはっきり言及しているカードローンです。ただ、注意書きにて審査に必要なときは電話確認を行なう、と書いてあることは頭の片隅に入れておきましょう。WEB完結は原則、勤務先への在籍確認はなしですが、絶対ではないということです。

それでも、他社に比べれば、在籍確認は圧倒的に避けやすいといえます。こうした特徴を踏まえると、モビットは「手軽にカードローンを利用してみたい人」、もしくは「家族や勤務先に知られずにカードローンを使いたい人」に向いています。

また、三井住友銀行ATMでは手数料が無料なので、三井住友銀行をよく利用するという人にもおすすめです。三井住友銀行の口座はWEB完結へ申し込むための条件のひとつにもなっています。

三井住友銀行をメインバンクにしている人にとっても、モビットは相性が良いといえるでしょう。

300x250 オリコンバナー
モビットの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年利) 20歳〜69歳 借入後残高スライド
元利定額返済方式
ネットのみで完了