みずほ銀行カードローンで増額審査を通過するためのポイント

みずほ銀行カードローンで増額するためのポイント

みずほ銀行カードローンの限度額はプランごとに分けられており、10万円、20万円、30万円、50万円、そして100万円以降は800万円まで100万円刻みとなっています。

既にみずほ銀行カードローンで契約された方でも、利用中にこのプランを変更して、限度額を増額することが可能になっています。
プランごとに限度額と金利が決まっているので、限度額を増額できれば原則として金利も下がっていきます。

そこまでお金が必要でない場合でも、低金利を狙って増額をしておきたいものです。金利は、100万円以下の場合は14%固定ですが、そこから12%、9%と限度額が100万円増額されるごとに下がっていきます。

借入限度額 金利
10万円以上~100万円未満 14.0%
100万円以上~200万円未満 12.0%
200万円以上~300万円未満 9.0%
300万円以上~400万円未満 7.0%
400万円以上~500万円未満 6.0%
500万円以上~600万円未満 5.0%
600万円以上~800万円未満 4.5%
800万円 2.0%

ただし、プラン変更(増額)には、みずほ銀行および保証会社であるオリコの審査を受けなければいけません。この審査にあらためて合格しないと、限度額を増額することはできないのです。行われる審査の内容は、初回契約時と実質的に同じです。

もし、既に返済能力ぴったりの限度額を認められているなら、そこからの増額するための審査はなかなか大変なものになるでしょう。

とはいえ、継続的にお金を借りてきちんと返済していれば、初回契約時より実績が積み上げられているのも確かです。

この実績が評価されれば、限度額を一段増額したプランへの変更も認められるでしょう。

増額の手順について

他社ではカードローンを増額する場合、増額申し込みを行うのですが、みずほ銀行カードローンはカードローンを再申し込みする、というかたちになります。
現在のプランから限度額の高いプランへの変更になるからです。

みずほ銀行カードローンで増額をするには、パソコン、スマートフォン、電話、そしてみずほ銀行の支店のいずれかで手続きを行います。パソコンやスマートフォンなら、公式サイトの「カードローンのお申し込み」から再度申し込みをしましょう。

スマートフォンの場合は、「みずほ銀行アプリ」からも申し込みを行えます。電話から申し込みをするならば、カードローン専用ダイヤルに電話をしましょう。申し込みを済ませれば審査が始まります。審査に合格すれば限度額の高いプランに移行することができます。

このようにみずほ銀行カードローンに自分から申し込むほか、みずほ銀行からの増額案内が送られてくることがあります。

もし、他社借り入れが減少しているなど利用状況の改善が見られれば、さらなる増額が可能になる場合があり、そんなときは増額案内が送られてくるのです。増額案内が来た場合、審査はほぼ終了していますので、増額できる可能性はかなり高いです。

みずほ銀行カードローンでは、増額案内が来たならばみずほ銀行ATMの操作だけで増額が即座に完了します。
必要書類の提出もあとからでも大丈夫となっています。

みずほ銀行カードローンの増額審査ってどのように行われるの?

みずほ銀行カードローンの増額審査の基準は、年収、職業、他社借り入れの残高、家族構成、居住形態など、通常のカードローン審査とほぼ同じになっています。

ただ、初回契約時とはっきり違う点があり、今回の申し込みでは前回にはなかった利用実績の評価というものが存在します。

みずほ銀行カードローンを利用して遅れずに返済を続けた、という実績です。これによって優良顧客であるということが証明できれば、増額のチャンスも大いに高まるでしょう。

このように増額審査に通るかどうかは、前回の審査時とくらべて状況がどう変化したかによる部分が大きいです。実績によって信頼されれば融資枠は増えますし、年収が上がって返済能力が高まれば、これまた増額してもらえるでしょう。

さらに他社借り入れの返済が進んだ場合も増額される可能性があります。そのぶんの枠が空いたことになるからです。

こうした状況の変化があった場合、増額審査でも収入証明書の提出を求められたり、勤務先への在籍確認が行われたりする場合があります。

特にこれまでに収入証明書を提出したことがなく、今回の増額で50万円を超えるプランへの増額を希望した場合、収入証明書の提出は必須となります。

みずほ銀行カードローンの場合、初回契約時にほぼ在籍確認は行われているので、増額時に在籍確認があるかどうかは場合によります。行われる場合の電話は保証会社のオリコが行なうようです。

減額される心配はどれくらいあるの?

みずほ銀行では一定の間隔で利用者の審査を行っており、借入残高などの利用状況や信用情報から得られる他社との取引状況を考慮して、時には限度額の減額を行ったりもします。ただ、減額をされるのは相当レアなケースですのでほとんど心配はいりません。

もし、どうしても審査で減額されそうで不安な方は他のカードローンに申し込む手もあります。その場合は減額の心配はありません。

増額に成功するためのポイントは?

みずほ銀行カードローンは、最大でも14.0%という低金利で、銀行が直接運営しているということもあり、増額の審査もそれなりに高い基準で行われます。

実績を積む以外に、収入が増えた、他社借り入れを完済した、等の明確な材料がないと増額は難しい、というのが実際のところです。増額を成功させる最低条件としては、まず延滞がない、ということが挙げられます。

これはみずほ銀行カードローンはもとより、他社のカードローンやクレジットカード払いも含めてのものです。みずほ銀行自体は銀行なので、銀行業界の信用情報しか調査できず、貸金業者や信販会社の信用情報を詳しく見ることはできません。

しかし、保証会社にオリコが入っているため、貸金業者や信販会社の信用情報も詳しく調査できるようになっています。細かな延滞も把握されており、過去に少しでも延滞があると増額は難しくなるでしょう。

なお、みずほ銀行を給与受け取り口座にしておいた場合、昇進などで収入が上がったことをみずほ銀行はすぐ把握できます。

この場合、みずほ銀行から増額案内が送られてくる可能性も高まりますから、可能ならば給与振込口座をみずほ銀行にしておく、というのも増額には有効な手段かもしれません。

みずほ銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
2.0%~14.0% 最大800万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
19.9%(実質年率) 満20歳~満65歳 残高スライド方式
借入限度額 金利
10万円以上~100万円未満 14.0%
100万円以上~200万円未満 12.0%
200万円以上~300万円未満 9.0%
300万円以上~400万円未満 7.0%
400万円以上~500万円未満 6.0%
500万円以上~600万円未満 5.0%
600万円以上~800万円未満 4.5%
800万円 2.0%