みずほ銀行カードローンで借り換えはできる?

みずほ銀行カードローンで借り換えはできる?

低金利で高限度額である銀行カードローンは、借り換えにぴったりです。みずほ銀行カードローンの場合、金利が2.0~14.0%とかなりの低金利です。

限度額は最高で800万円。借り換えにはうってつけのカードローンだといえるでしょう。

では、みずほ銀行カードローンで実際に借り換えは可能なのでしょうか。みずほ銀行カードローンは、借り換え可である、とは明言していません。

ただ、資金用途は事業性資金を除いて自由となっているため、借り換え目的の利用も可能です。これに関して、申し込みの際に、資金用途の欄に借り換え目的であることを書くかどうかで悩む方がおられます。

ですが、ここは素直に「借り換え」と書いておいたほうがよいでしょう。借り換え目的の場合、希望する金額は大きくなりがちです。大金を借りるのに適当な資金用途を書いてしまうと、逆に不信感を抱かれてしまい、審査に悪影響を及ぼすことがあります。

借り換え目的だからといって問答無用で審査否決になることはありません。資金用途の欄にはきちんと使い道を明記しましょう。

借り換えで金利や返済額はどれくらい得になる?

では、みずほ銀行カードローンで借り換えを行った場合、どれくらい得になるのでしょうか。

一例として、消費者金融A社、B社にそれぞれ60万円ずつ借りているとします。消費者金融で60万円を借りている場合、金利はおそらく上限金利である18%ほど。

合計120万円を利率18%で借りていることになります。これと同じ金額をみずほ銀行カードローンで借りるとどうなるでしょうか。限度額が200万円未満の場合、適用されるのはコンフォートプランとなります。

100万円以上200万円未満の限度額で金利は12.0%です。みずほ銀行カードローンでは、120万円を借りると利率は12%になります。

借入限度額 金利
10万円以上~100万円未満 14.0%
100万円以上~200万円未満 12.0%
200万円以上~300万円未満 9.0%
300万円以上~400万円未満 7.0%
400万円以上~500万円未満 6.0%
500万円以上~600万円未満 5.0%
600万円以上~800万円未満 4.5%
800万円 2.0%
つまり、消費者金融A社、B社からの借り入れをみずほ銀行カードローンでまとめると、金利は18%から12%にまで引き下げられるのです。おおまかな計算ですが、毎月約6000円ほどの利息を節約することができます。

みずほ銀行の住宅ローンを利用していると、さらに金利が0.5%引かれるなどのサービスもありますから、みずほ銀行をメインバンクとして利用している方にとって、借り換えはさらにお得になります。

みずほ銀行カードローンの審査

みずほ銀行カードローンで借り換えをするには、当然、審査に通過しなくてはなりません。銀行カードローンで、しかもそれなりにまとまった金額を借りるのですから、それなりに審査基準も高くなりがちです。

保証会社はオリコでおなじみオリエントコーポレーション

みずほ銀行カードローンの審査に通過するには、みずほ銀行と保証会社であるオリコの審査に通過する必要があります。それなりの返済能力があることはもちろん、他社借り入れに延滞がないことも重要です。

現在の借り入れ先で数ヶ月にもわたって延滞しているような状態では、審査に通ることは難しいでしょう。長期延滞の情報については、個人信用情報機関に記録され、他社の情報であっても簡単にチェックできてしまいます。よって、審査の際には必ずバレてしまうのです。

短期の延滞に関しては、信用情報に載らないのですが、他の銀行カードローンで延滞をしていた場合、月をまたぐだけで信用情報に延滞の記録が載ってしまいます。これも審査での印象が悪いですから注意しましょう。借り換えを考えるなら、延滞は厳禁です。

また、現在の借入先の数にも気を配る必要があります。個々の状況にもよりますが、4社以上に借り入れがあると、借り換えの利用は難しくなると言われています。

残高が少ないカードローンを完済してしまうなどして、借入先をできるだけ減らすことも審査通過のコツになります。

みずほ銀行カードローンの返済についての注意点

借り換え目的でローンを選ぶとき、一番重要なのは返済をきちんと行えるか、ということです。毎月の返済金額がどうなるのか、返済方法にはどんなものがあるか、などを事前にチェックしておきましょう。毎月の返済金額を調べるのに便利なのが返済シミュレーションです。

ご利用限度額が200万円未満の場合<残高スライド方式>
借入残高 月々の最少返済額
1万円以上

50万円以下
10,000円
50万円超

100万円以下
20,000円
100万円超

150万円以下
30,000円
150万円超

200万円以下
40,000円
ご利用限度額が200万円以上の場合<残高スライド方式>
借入残高 月々の最少返済額
100万円超

200万円以下
20,000円
200万円超

300万円以下
30,000円
300万円超

400万円以下
40,000円
400万円超

500万円以下
50,000円
みずほ銀行カードローンにも返済シミュレーションが用意されていますから、毎月の返済金額や完済までにかかる期間を調べておきましょう。借入先の数や残高によっては、借り換え前よりも毎月の返済金額が増えてしまうというケースもあります。

毎月の返済が間に合わず延滞を起こし、高い遅延損害金をとられたのでは借り換えをした意味がありません。金利だけを見るのではなく、借り換え後にきちんと完済できるよう計画を立ててから、借り換えを行いましょう。

みずほ銀行カードローンの返済方法については、毎月口座からの引き落としのみとなります。毎月10日に遅れないよう、口座に入金しておきましょう。さらにATMやみずほダイレクト(インターネットバンキング)で任意返済も可能です。

残高を早く減らすほど、利息の支払いも減少しますから、余裕があるときは積極的に任意返済を進めましょう。ただし、毎月の引き落としには注意です。いくら任意返済をしていても、毎月の引き落としができないと延滞になってしまいます。

みずほ銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
2.0%~14.0% 最大800万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
19.9%(実質年率) 満20歳~満65歳 残高スライド方式