みずほ銀行カードローン

口座の有無がポイント?みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行が直接運営しているカードローンです。

貸金業法の範囲内になる消費者金融と異なり、銀行法が適用されるなど、いわゆる銀行カードローンのカテゴリーに含まれるカードローンとなっています。

消費者金融と銀行カードローンにはさまざまな違いがありますが、銀行カードローンの特徴を簡単に並べると

  • 金利が安く、限度額が高い
  • 審査スピードなど利便性には少し劣る

といった感じです。

多少不便でも、低い金利で利用したい、という人に銀行カードローンは向いているでしょう。

ただ、最近は銀行カードローンも利便性が向上しているうえ、消費者金融の限度額が引き上げられるなど、必ずしも上記の特徴にあてはまらないケースも増えてきています。

おおまかに消費者金融、銀行カードローンとわけて検討するのは考えを整理するときには便利です。しかし、いざ申し込むカードローンをひとつ選ぶ際には、そのカードローンの特徴をきちんとチェックしておく必要があるでしょう。

これはみずほ銀行カードローンにもあてはまることです。特に銀行カードローンはそれぞれが独自のしくみやサービスを持っていることも多いので、自分が求めるものをちゃんと満たしてくれるかどうかをよく確認して申し込むようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの特徴とは

金利

みずほ銀行カードローンの金利は、2.0%~14.0%。みずほ銀行の同じ支店で住宅ローンを利用していると、さらにここから金利が0.5%引かれるという特徴があります。

借入限度額 金利
10万円以上~100万円未満 14.0%
100万円以上~200万円未満 12.0%
200万円以上~300万円未満 9.0%
300万円以上~400万円未満 7.0%
400万円以上~500万円未満 6.0%
500万円以上~600万円未満 5.0%
600万円以上~800万円未満 4.5%
800万円 2.0%
適用される人が多い上限金利で比較するなら、三菱東京UFJ銀行のバンクイックが14.6%、三井住友銀行カードローンが14.5%となり、みずほ銀行カードローンの金利が14.0%でいちばん優秀ということになります。
カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
新生銀行レイク 4.5%~18.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
金利面で選ぶなら、みずほ銀行カードローンは最初の選択肢になるでしょう。

最大の利用限度額

みずほ銀行カードローンの限度額は最高で800万円まで。これもバンクイックの500万円を大きく上回り、業界最大級です。

カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 10~800万円
三井住友銀行カードローン 10~800万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 10~500万円
新生銀行レイク 1~500万円
オリックス銀行カードローン 800万円(最高)
楽天銀行スーパーローン 10~800万円
みずほ銀行カードローンには高い限度額を生かしやすいという特徴もあります。金利とともに限度額のスペックも高いと評価できます。

借り換えに最適

みずほ銀行カードローンは、金利の安さが売りですので借り換えに最適です。金利の高い消費者金融やクレジットカードなどでキャッシングしている場合にはみずほ銀行カードローンでの借り換えを狙ってみてはいかがでしょうか。

例えば50万円を借り換えた場合で1年間で2万円の支払い利息の削減効果が見込めます。
現状数社からの借り入れがある場合ならば、もっと1本化する効果が上がります。

WEB完結による申し込みが可能

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座を持っているとたいへん便利なカードローンです。

その理由はWEB完結による申し込みが可能になるからです。

みずほ銀行の口座を持っており、ネットバンキングに登録しているか、キャッシュカードを持っていると、そこにカードローンの機能を付与するだけでカードローンとしての利用が可能になります。

みずほ銀行カードローンは50万円までは原則として収入証明が不要であり、また、口座を開設したときに本人確認も済んでいますから、申し込みをするだけでカードローンの利用を開始できるのです。

50万円までの限度額を希望するなら一切の書類提出は必要なく、審査もスピーディーに進みます。

ただ、みずほ銀行の口座を持っていない場合、カードローンを利用するには口座開設からスタートすることになります。

なぜなら、返済用の口座にはみずほ銀行の口座しか指定できないからです。口座開設が絡むとカードの到着までに1週間から2週間かかってしまうこともあります。

みずほ銀行カードローンは、口座を持っているかどうかでその便利さが大幅に変わってくるカードローンです。

もう既に口座を持っている人にとっては、金利などの条件面の良さもあって、かなり優れたカードローンだといえるでしょう。

自動貸越機能やスイングサービスの便利機能がある

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンならではのさまざまな便利機能が備わっています。

まず、自動貸越機能は、口座からお金を引き出すとき、もし指定した金額よりも残高が少なければ、その差額を自動的に借り入れてくれる機能です。

わざわざカードローンでお金を借りる手続きをする手間を省き、預金を引き出すのと同じ感覚で資金を用意できます。

みずほ銀行カードローン、ふたつ目の便利機能はスイングサービスです。スイングサービスは、融資や返済を自動で行ってくれる機能のこと。

例えば、自動融資機能では、公共料金やクレジットカード払いの引き落とし時に口座残高が不足したとき、利用限度額の範囲で足りない分を自動で融資してくれます。うっかり入金を忘れていたときなどに、延滞になってしまうことを防止できる機能です。

さらにスイングサービスには返済の機能もついています。自動振替の機能では、借り入れがあるとき、カードローンの口座へカードで入金すると、残高がプラスのぶんだけ自動的に返済にあててくれるのです。

わざわざ返済の手続きをしなくても自動で返済を行ってくれるので、たいへん便利です。

キャッシュカードにカードローン機能を付与した場合、自動融資以外の機能は最初からプラスされています。
さらに自動融資が必要ならば、申し込みをして追加する形になります。

カードローン専用のカードで利用する場合は、スイングサービスのみ利用可能。これはあとからの申し込み制です。

必要になる書類について

みずほ銀行カードローンに申し込むとき、すでに口座を持っていれば、本人確認書類は不要です。

消費者金融では、総量規制の関係で50万円からの融資で収入証明をしなければいけませんでしたが、最近ではみずほ銀行を含む銀行カードローンでも50万円から必要というところがほとんどです。

もし、本人確認書類が必要なときは、みずほ銀行が本人確認書類として認めているのは、

  • 運転免許証(または運転経歴証明書)
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明
  • 住民票
  • 住基カード

などとなっています。

コピーをとるときは、氏名、住所、生年月日がはっきりと確認できるよう注意しましょう。

50万円を超える限度額を希望するとき、または審査で提出を求められたとき、収入証明書も必要になります。

収入証明となるのは、

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

となっています。

自営業の方などは源泉徴収票がありませんので、それ以外の2点のどちらかとなります。

これら本人確認書類や収入証明書の提出は、用意されたURLからネットを通じて提出するか、またはコピーを郵送することで行います。さらに、支店へ直接持ち込んで提出する方法もあります。ただ、残念ながら自動契約機のようなものはみずほ銀行にはありません。

こういった部分は少し不便といえるでしょう。

みずほ銀行カードローンの審査について

みずほ銀行カードローンの審査の特徴は、消費者金融にくらべて金利などが低いぶん、審査は厳しめになるというところです。

さらに、銀行カードローンには保証会社の審査もあります。

みずほ銀行と保証会社であるオリコの、両方の審査に合格する必要があります。

とはいえ、審査を受ける側はただ待っているだけでOKです。

2つの審査はあちら側で勝手に行われるからです。

利用者としては、申し込みをして、結果を待つだけで良いのです。

審査される内容も消費者金融とほぼ変わりありません。
年収、職業、勤続年数、居住形態、家族構成、そして他社借り入れなどが審査されます。
返済する能力があると判断されれば、審査合格で限度額の設定が受けられます。

希望した限度額に達しなかった場合は、希望した限度額よりも減らされることもあります。

返済能力の審査と同時に、信用履歴について調査が行われます。

過去5年~10年以内に長期の延滞、契約解除、代位弁済、債務整理の経験があると審査通過は厳しくなるでしょう。

また、みずほ銀行、オリコ、およびオリコが保証しているカードローンのどれかで過去に上記のようなトラブルを起こしている場合、5年や10年たっても記録が消えず、審査落ちになる可能性があります。
保証会社つながりで審査落ちになるのは見逃しやすいポイントです。

申し込みから審査の流れ

みずほ銀行カードローンへの申し込みの流れは、口座があるかどうかで大きく違ってきます。

STEP1:申し込み
  • インターネット(パソコン・スマートフォン・携帯電話など)
  • みずほ銀行店頭窓口
  • 電話
  • 郵送

インターネットからなら24時間お申し込み可能。ただし審査は平日のみなので

インターネットからの場合、みずほ銀行口座の有無に応じて申し込みボタンを選択し、フォームに必要項目を入力。

みずほ銀行カードローンの契約にはみずほ銀行普通預金口座が必ず必要になりますので、申し込み時点でお持ちでないなら同時に申し込みをしましょう。

STEP2:審査
  • みずほ銀行ならびに保証会社による所定の審査を行います
STEP3:審査結果の確認
  • (仮)申し込みの審査結果はメールに届きます。
STEP4:審査結果の確認・手続きの完了・契約
  • カードローンの契約にはみずほ銀行普通預金口座が必要となります
  • すでにみずほ銀行口座をお持ちの方
  • すでにみずほ銀行口座をお持ちの方でみずほダイレクトご利用の方または通帳を手元にご用意出来る方は限度額50万円以下であれば収入証明書の提出不要で契約。

    限度額50万以上であれば「必要書類登録用URL」が送られてくるので、メールに記載の手順に沿って必要書類を送信。

  • まだみずほ銀行口座をお持ちでない方
  • 普通預金口座同期申し込みの方は通帳等のお受け取りを確認後、カードローン口座の開設とキャッシュカードの送付。

    普通預金口座を同時に申し込みしない方は契約書類が送付されます。カードローン契約には普通預金口座が必要になるので口座を開設後に契約書類に必要事項を記入し返送。

STEP5:借入
  • みずほダイレクト
  • みずほ銀行ATM
  • コンビニATM(イーネット)
  • コンビニATM(ローソン)
  • コンビニATM(セブン銀行)
  • 連携金融機関ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

みずほ銀行の口座をお持ちの方

  1. 申し込み
  2. メールで結果通知
  3. 送信されたURLで必要書類提出
  4. 契約完了

となります。

この際、本人確認はみずほダイレクトのお客さま番号か、キャッシュカードの暗証番号を利用します。みずほダイレクトで本人確認をするならば「お客さま番号」、「ログインパスワード」、「第2暗証番号」を用意。

キャッシュカードで本人確認をするならば、「生年月日」、「キャッシュカード暗証番号」、「通帳の最終残高」の入力が必要です。手持ちの通帳で確認しながら入力しましょう。

みずほ銀行の口座を持っていない方

まだ、みずほ銀行の口座を持っていなければ、カードローンの申し込み手続きは少し長引きます。

  1. 申し込み
  2. メールで結果通知

までは同じですが、そこから、

  1. 郵送で通帳や契約書類を住所に送付
  2. 書類の返送
  3. カードローン口座の開設とキャッシュカードの郵送

という口座開設まで含めた流れとなります。

この場合、完了までに1週間から2週間かかってしまいます。

少しでも、手続きにかかる時間を短縮したいという方は、書類を返送する代わりに支店へ持ち込みましょう。その際、口座開設に必要な届け印を忘れないようにしましょう。

審査にかかる時間に注意

このように口座の開設を含めると、どうしても郵送を間に挟まなければならないのがみずほ銀行カードローンの弱点です。すでに口座を持っていると、こうした書類の郵送を省略できるので、一気に手続きが早くなります。

さらにみずほ銀行カードローンでは、申し込み方法によって審査結果回答までの時間が異なります。当日中の融資狙いも含め、少しでも早く契約したい方は、申し込み方法もよく検討しましょう。

みずほ銀行カードローンでもっとも審査結果の回答が早いのは、PC、スマホによる申し込みです。最短当日回答ですが、午後に申し込みをすると、結果通知は翌営業日になる可能性があります。

モバイル(ガラケー)申し込みは、結果通知のスピードはPC、スマホと同じです。ただ、契約方法が書類の郵送のみとなっているので、カードローンの利用開始までに時間がかかってしまうことに注意しましょう。

その他の申し込み方法は、電話で2、3営業日、郵送は書類到着後の翌営業日、支店での申し込みも翌営業日(午後の場合、さらに翌日にずれ込む場合アリ)となっています。

このうち、支店での申し込みでは、その場で口座開設ができるため、早めに借り入れができる場合があります。
ただ、みずほ銀行は支店での申し込みによる審査回答は原則として翌営業日としています。

翌営業日となっていることからもわかるように、みずほ銀行カードローンでは土日など休日の審査は行われていません。休日に急にお金が必要になったときは、休日審査を行っている三菱東京UFJ銀行のバンクイックや三井住友銀行カードローンを検討しましょう。

在籍確認はある?

みずほ銀行カードローンの審査でも、在籍確認はやはり行われます。この在籍確認は審査を実質的に担当している保証会社のオリコによって行われます。

ただ、在籍確認を省略するケースも存在するようです。それはやはり、みずほ銀行の口座をすでに持っている場合です。

というのも、みずほ銀行に口座があれば、みずほ銀行はその人の収入や支出をある程度把握できます。

もし、給与振込口座になっていれば、年収は完全に把握できますし、毎月どの程度の支出があるかもわかります。

みずほ銀行がメイン口座になっていれば、これ以上ない返済能力の証明になるのです。

こういったケースの場合、必要がないので在籍確認は省略されます。WEB完結による申し込みがスピーディーなのも、在籍確認などを簡略化できるからなのです。

また、在籍確認が行われるかどうかは希望する限度額にも左右されます。
高額な限度額を希望する場合は、当然ながら返済が滞った場合のリスクも高くなります。
ならば、しっかりと返済能力の確認をしておこうとなるのは当然のこと。

逆に10万円や20万円といった低額の融資であれば、貸し倒れリスクが低いので在籍確認を行わない場合もあります。
ただ、在籍確認をするかしないかの判断基準は公開されていません。

この金額ならば確実に在籍確認を回避できる、とは言い切れないことには気をつけてください。

まとめ

みずほ銀行カードローンを検討する一番の基準になるのは、みずほ銀行の口座を持っているかどうか、ということになります。

口座さえ持っていれば、契約まではとても早いですし、書類提出なしでのカードローン利用も可能です。
金利や限度額も文句のつけようがないでしょう。

便利な機能も充実しています。

一方で口座がない場合、カードローン契約のためには新規口座開設が必要です。
これがどうしてもネックになってしまうため、みずほ銀行の口座がなく、急いでいるという人には、みずほ銀行カードローンは向かないかもしれません。

このようにみずほ銀行カードローンは口座の有無でその利便性が大きく変わります。
口座があればスピーディーな融資にも対応(ただし土日は除く)しているので、迷いなく申し込んで問題ありません。もし、口座がない場合、時間がかかります。

そんなときはスピーディーな融資で休日などでも審査を行っているバンクイック三井住友銀行カードローンを検討しましょう。そんなに急いでないよ、という方であれば、口座のあるなしに関係なく、みずほ銀行カードローンは高い利用価値があります。

金利でも限度額でもメガバンク3行のうちでもっとも優秀ですから、一番の候補に挙げてもよいでしょう。

みずほ銀行カードローンの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
2.0%~14.0% 最大800万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
19.9%(実質年率) 満20歳~満65歳 残高スライド方式
借入限度額 金利
10万円以上~100万円未満 14.0%
100万円以上~200万円未満 12.0%
200万円以上~300万円未満 9.0%
300万円以上~400万円未満 7.0%
400万円以上~500万円未満 6.0%
500万円以上~600万円未満 5.0%
600万円以上~800万円未満 4.5%
800万円 2.0%
ご利用限度額が200万円未満の場合<残高スライド方式>
借入残高 月々の最少返済額
1万円以上

50万円以下
10,000円
50万円超

100万円以下
20,000円
100万円超

150万円以下
30,000円
150万円超

200万円以下
40,000円
ご利用限度額が200万円以上の場合<残高スライド方式>
借入残高 月々の最少返済額
100万円超

200万円以下
20,000円
200万円超

300万円以下
30,000円
300万円超

400万円以下
40,000円
400万円超

500万円以下
50,000円