新生銀行カードローン レイクの解約のやり方、メリットまとめ

解約の方法は?

レイクを解約する方法は、お客様専用フリーダイヤルに連絡をするだけです。
簡単な質問で本人確認を済ませれば、すぐに解約をしてもらえます。

このとき、借り入れに無利息残高の端数が残っていた場合は、それを清算しなければなりません。
一括返済と同じ要領で、会員ページで残高を確認するか、フリーダイヤルで残高を問い合わせましょう。

そして、残りの金額を返済します。
このとき、コンビニの提携ATMでは硬貨が使えないので、全額返済ができません。
レイクの専用ATMを使うか、WEB返済や振込返済で対応しましょう。

もし、WEB以外で契約しており、契約書が存在するならば、それの返却方法を選択します。
店頭での直接受け取り、郵送、もしくはレイクのほうで破棄してもらうこともできます。

また、解約の際には、解約証明書を発行してもらえます。
必要なときは発行をお願いしておきましょう。
手元に残ったローンカードは、そのまま捨てるのではなく、ハサミなどで細かく裁断して破棄しましょう。

解約しても再契約はできる?

レイクは解約したあと、ふたたび利用することは可能です。
ただし、もう一度審査を受ける必要があります。
この場合の手順は、はじめてレイクと契約したときと同じです。
原則として、書類提出や在籍確認も行なわれます。

ただ、解約をしていなくても、長期間の利用がなかった場合、内部ではもう一度審査が行なわれます。
そして、あらためて設定された限度額で利用開始となります。
ただ、契約手続きが必要ないぶん、解約した時よりも利用再開は楽になります。

解約せず、内部での再審査のみで利用を再開するとき、本人確認書類の提出や在籍確認があるかどうかは、そのときの状況次第です。
引っ越しなどで住所が以前と変更になっていた場合は、本人確認書類の提出を求められますし、勤務先や職業が変わっていた場合は、在籍確認が行なわれます。

なお、レイクには無利息サービスがありますが、これは初回利用のときのみの特典です。
再契約の場合はサービスを受けられません。

完済したときは解約すべき?

完済したとしても、自動的に解約にはなりません。
一定の手続きが必要になります。
そこで、レイクを解約するかどうかは、その必要に応じて決めればよいでしょう。

まず、前提として、いったん解約してしまうと、もう借り入れはできません。
利用を再開するには再契約が必要となります。
借り入れを今後も継続したいなら、解約はすべきではないでしょう。

一方で、解約をしなければ、レイクから受けた限度額の設定はそのまま残っています。
この限度額は、他社のローンを利用するときの審査に影響があります。
たとえ借り入れをしていなくても、限度額が設定されているといつでもすぐにお金を借りることが可能です。
他社からすると、これはレイクからお金を借りているのと同じ状態なのです。

したがって、住宅ローンやカーローンなどの審査を受ける予定であれば、レイクは解約しておいたほうが審査で有利になります。

解約証明書って何に使うの?

解約するとき、解約証明書を発行してもらうことができます。

この解約証明書は、文字通り、解約したことを証明する書類です。
住宅ローンの審査などで、カードローンの契約があると融資に難色を示されることがあります。
そんなとき、解約証明書を提示することで、カードローンを解約したことを証明できます。

また、おまとめローンを利用したとき、他社への返済が完了したことを証明しなければいけない場合があります。
こんなときにも解約証明書の提出を求められることがあります。

レイクから解約証明書を発行してもらう方法は、解約を伝えたとき、合わせて希望するだけです。
受け取りは店頭、もしくは郵送を選択できます。

解約のメリット

レイクを解約するかどうかは、その必要性に応じて判断する必要があります。
メリット、デメリットがありますから、それをよく考慮して解約するかどうかを決定しましょう。

解約するメリットとしては、

  • 他社のローン審査で有利になる
  • 追加借り入れが不可能になる

といったものがあります。
先に述べたように、契約が残っている=いつでも借り入れできる、という状態ですから、それを解消することで、他社のローン審査では有利になります。
住宅ローンなど金額の大きいローン審査では、解約はかなり重要です。

また、借り入れできる状態のままだと、ついお金を浪費してしまう、という人にも解約は効果的です。
追加借り入れを不可能にすることで、浪費を防ぐことができます。

デメリット

解約するデメリットとしては、

  • 追加借り入れができなくなる
  • 再度の利用には再契約が必要

といったことが挙げられます。
急な出費に対応するための備えを残しておきたい場合は、解約せずに置いておくというのもひとつの手でしょう。
また、再契約を行った場合、これまでの利用実績などは原則として考慮してもらえないので、以前よりも限度額が下がってしまうこともあります。

新生銀行カードローンレイクの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 お借入れ診断 職場連絡
4.5%〜18.0% 最高500万円 - 無し 有り 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年利) 20歳〜70歳以下 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング
ネットのみで完了
ご契約限度額200万円以下
基準残高 金利
1円~999,999円 15.0%~18.0%
1,000,000円~2,000,000円 12.0%~15.0%
ご契約限度額200万円超
基準残高 金利
2,000,001円~3,000,000円 9.0%~15.0%
3,000,001円~4,000,000円 7.0%
4,000,001円~5,000,000円 4.5%