新生銀行カードローン レイク

実は銀行!?新生銀行カードローン レイク

レイクは、新生銀行が運営するカードローンのサービスブランドです。「レイクは消費者金融じゃないの?」と思われる方がおられるかもしれませんが、それは過去の話。

現在は新生銀行に事業譲渡され、新生銀行が直接運営しています。
レイクは、銀行カードローンのなかでも少し特殊な性質をもつカードローンです。

かつてのレイクの事業をまるごと受け継いでいるため、サービス内容は銀行カードローンというよりも、消費者金融に近いものとなっています。
ただ、カードローンの扱いとしては銀行カードローンです。

これにより、貸金業法ではなく銀行法が適用され、総量規制の対象外となっているのです。
レイクでは、年収の3分の1を超える金額を借りることができます。

これらを考慮すると、レイクは、総量規制がかからない消費者金融といったイメージとなります。

ただ、サービス内容には銀行カードローンならではの長所も含まれていますから、銀行と消費者金融のハイブリッドのような商品と考えてもよいでしょう。

レイクの特徴

では、レイクの基本的な特徴を見ていきましょう。金利は4.5%~18.0%。限度額は最高500万円というのがレイクの契約条件です。

金利

この4.5%~18.0%という金利は、銀行カードローンとしては高めです。

ご契約限度額200万円以下
基準残高 金利
1円~999,999円 15.0%~18.0%
1,000,000円~2,000,000円 12.0%~15.0%
ご契約限度額200万円超
基準残高 金利
2,000,001円~3,000,000円 9.0%~15.0%
3,000,001円~4,000,000円 7.0%
4,000,001円~5,000,000円 4.5%
メガバンク系のカードローンの上限金利はどこも14%台ですから、それに比べると不利な印象は否めません。
カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
新生銀行レイク 4.5%~18.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
一方で、この18%という数字は、他の大手消費者金融とほぼ同じ数字です。

つまり、金利面で見れば、レイクは消費者金融と競合しています。
これは前身が消費者金融であり、その事業をまるごと受け継いでいるといった事情が影響しているのでしょう。

限度額

限度額の500万円に関しては、標準的な設定です。
アイフルやプロミス、銀行カードローンでいえば三菱東京UFJ銀行バンクイックと同じ金額です。

カードローン 金利
みずほ銀行カードローン 10~800万円
三井住友銀行カードローン 10~800万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 10~500万円
新生銀行レイク 1~500万円
オリックス銀行カードローン 800万円(最高)
楽天銀行スーパーローン 10~800万円
アコム 1~800万
アイフル 500万円以内
プロミス 500万円まで
モビット 1万~800万
もちろん、これより大きな限度額のカードローンも存在しますが、通常の利用であれば問題ない金額だといえます。

こうした基本的な特徴以外に、レイクには

  • 来店不要、休日対応の即日融資
  • 無利息期間が2種類ある
  • 幅広い層が利用可能

といったメリットがあります。

来店不要、休日対応の即日融資

レイクでは、来店不要で即日融資を受けられる申し込み方法があります。
パソコンやスマホ、携帯電話から申し込むと、平日の14時までに手続きが完了した場合、当日中に指定の口座へお金を振り込んでもらうことができるのです。

必要な書類はアプリやメールで提出できます。自動契約機に出かけていかなくても、自宅にいながら即日融資を実現できるのです。
審査にかかる時間は最短で30分程度。
平均ではおおよそ1時間前後となっています。

また、レイクでは、土日祝日の即日融資にも対応しています。
ただ、この場合、契約は自動契約機で行う必要があります。

振込による融資は平日のみのため、土日祝日に即日融資を実現するには、契約後すぐにカードを直接受け取る必要があるからです。
さいわいにも自動契約機にはカードを発行する機能がついていますから、契約した直後にカードを受け取れます。

そのカードを使ってATMで出金すれば、土日祝日でも即日融資は完了です。
こちらの審査時間も30分ほど。
最短で審査が進めば、申し込みから40分ほどでカードを受け取れる場合もあります。

なお、土日祝日の申し込みは、自動契約機でなくとも、パソコン、スマホ、携帯電話からも可能です。
申し込みの時点で自動契約機で契約する方法を選びましょう。
この自動契約機を使った申し込みや契約は、もちろん平日でも可能です。

その場で申し込みから出金まで全て済ませたいという方や、カードを直に受け取りたいという方は、自動契約機をぜひ活用しましょう。

2つの無利息期間が選べる

ユニークな特徴としては、2種類の無利息期間があります。
レイクの無利息は、

  • 5万円までを180日間
  • 全額を30日間

のどちらかひとつを選択することになります。

5万円までを180日間無利息にした場合、5万円を超えた部分にだけ利息が発生します。
こちらのほうが無利息期間は長いので、小額利用の際にはこちらが有利でしょう。

一方、30日間無利息は、限度額いっぱいを借りても全額無利息となります。

大金を短期間に借りてすぐ返す、といった使い方ならば、こちらのほうが得です。
どちらが得なのかわからない、といった方のために、レイクの公式サイトには、シミュレーションが用意されています。

利用予定金額と返済回数を選ぶだけで、どちらが得かをすぐに表示してくれるのです。
これでどちらの無利息期間を選べばいいかも簡単にわかります。

なお、無利息期間の開始は初回契約日の翌日からです。

お金を借りる直前に契約したほうが、無利息期間をフルに活用できるでしょう。

満70歳までOK!幅広い層が利用できる

レイクの特色のひとつは、他のカードローンよりも多くの人が利用できる可能性があるという点です。
契約条件の年齢は満70歳までと、カードローンの中ではかなり高齢の人までをカバーしています。

銀行カードローンの中でこれはもっとも高い部類の年齢となっています。
高い年齢の方までをカバーするのと同時に、レイクでは年金受給者が年金収入をもとに利用することを認めています。

消費者金融などでは、利用可能年齢は高くても、年金収入のみの人による利用を認めていないところが多いです。

しかし、レイクでは年金受給者OKなので、利用可能年齢の高さとも合わせて、60歳以降の方でも利用しやすくなっています。
なお、レイクでは、主婦(主夫)の利用もOKです。

しかし、専業主婦(主夫)でも利用可能かどうかは明記されていません。
実際に専業主婦でも借りることができた、という口コミも存在します。

ただ、低額利用の場合は収入証明書を提出しなくてもよいため、たまたま専業主婦はダメでも審査に通ってしまった、という可能性もあります。
少なくとも本人、または配偶者に収入があるという状態で、申込んだほうが審査は通りやすいでしょう。

申し込みに必要な書類は?

レイクの申し込みに必要な書類は、本人確認書類です。
さらに、100万円を超える限度額を希望する場合は、収入証明書も必要になります。

本人確認書類として利用できるのは、

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号(マイナンバー)カード

となっています。

注意したいのは、これにプラスして別の書類が必要になるケースです。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合、そして、自動契約機で健康保険証を提示する場合に、発行日から6ヶ月以内の公共料金領収書、住民票の写し、印鑑証明書のどれかひとつが必要となります。

本人確認書類として使うなら、健康保険証以外のものを使ったほうが便利かもしれません。

収入証明書として使えるものは、

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または納税通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(上記3つが用意できないとき、直近3ヶ月以内で連続2ヶ月分)

となっています。

これらの書類は、ネット経由で提出するか、自動契約機、もしくは郵送での提出となります。
ネットでの提出はアプリ、もしくは公式サイトで可能です。

新生銀行レイク公式アプリ「新生銀行L」をダウンロードして利用するか、公式サイトの審査状況確認画面で「メールによるご提出」ボタンから画像データを送信しましょう。

審査はどう?

銀行カードローンでありながら、消費者金融らしさも兼ね備えたレイクですが、その審査はどのような感じのものになるのでしょうか。

審査基準の目安になるのは適用される金利です。

金利は融資リスクに比例して高くなるため、メガバンクのカードローンもより金利が高めなレイクは、より広い層への融資に対応していると考えられます。
審査通過率は他の消費者金融に準じた程度になるでしょう。

ただ、銀行のカードローンではありますから、消費者金融よりは多少基準が高めになっているという可能性もあります。

審査される内容は、他の銀行や消費者金融と同じです。
年収や職業、居住環境、家庭環境や他社借り入れを考慮した返済能力の審査、および信用履歴の調査による過去の金融トラブルのチェックが行われます。

現在、既に他から多額の借金があるとか、過去5年から10年のうちに延滞でカードを利用停止になったり、債務整理をしたことがあると、審査通過は非常に厳しくなります。

また、レイクは総量規制の対象外のため、年収の3分の1のチェックは行われません。あくまで新生銀行の基準での審査となります。

保証会社は新生フィナンシャル

レイクは銀行カードローンなので、保証会社が保証を行っています。保証会社は新生フィナンシャル株式会社となっています。

この新生フィナンシャル、もともとはGEコンシューマーファイナンスといい、レイクを運営していた会社です。
新生銀行に買収されたあとに、レイクのカードローン事業をまるごと新生銀行に譲渡し、自身は現在保証業務を中心に請け負っているという形になっています。

保証事業としては、レイクの保証のほか、東京スター銀行カードローンの保証会社にもなっています。

保証会社がついているので、レイクの審査を受ける際には、新生銀行の審査とこの新生フィナンシャルの審査の両方を受ける必要があります。
審査自体は同時に行われるため、利用者は申し込みをして審査結果を待つだけです。

レイクの審査は、実質上はこの保証会社が行っているともいえます。
というのも、新生フィナンシャルはもともとレイクを運営していた会社であり、新生銀行も新生フィナンシャルも同じスコアリングシステムを用いて審査を行っているからです。

銀行と保証会社の2つの審査がある、と書きましたが、実質的な審査はひとつだといえるかもしれません。

在籍確認は避けられる?

レイクの審査では、原則として勤務先への在籍確認が行われます。
在籍確認のタイミングは、申し込みをして、申し込み確認の電話がかかってきたあとになります。

この電話の際に、個人名で電話をかけるのか、それとも新生銀行を名乗って電話をかけるのかを選ぶことができます。
要望があれば、このときに忘れずに伝えましょう。

在籍確認を避ける方法はあるか、につていですが、レイクには在籍確認なしの申し込み方法は存在していません。
やむを得ない事情により、電話ではなく書面での在籍確認となるか、在籍確認が必要ないと判断された場合のみ、勤務先への在籍確認はなし、となります。

このうちやむを得ない事情とは、土日祝日で勤務先への在籍確認が不可能である、または個人情報を理由に外部に社員情報を漏らさない会社である、といったようなものが挙げられます。

単に勤務先に知られたくない、という理由で在籍確認を書面などに変更してもらうのはかなり難しいかもしれません。

また、本人確認書類や収入証明書などの書面で在籍確認がとれていたり、希望限度額が低かった場合には、在籍確認の必要なし、と判断されるケースがあります。
この場合は在籍確認は行われません。

勤務先への在籍確認が行われるかどうかは、申し込み確認の電話の際に通知があるのでそこで判断できます。

まとめ

レイクは、消費者金融であった前身のレイクをそのまま引き継いだカードローンです。

来店不要で休日対応の即日融資や便利な自動契約機の存在、選べる無利息期間、比較的高い年齢まで利用可能と、消費者金融サイドに寄ったサービス内容となっています。

これだけなら単なる消費者金融と変わりはないのですが、レイクは新生銀行が直轄で運営するカードローンです。

総量規制の対象外であること、年金収入のみで利用できること、など、銀行カードローン特有の性質も持ち合わせており、消費者金融であった時代よりも、大きくパワーアップしているといえるでしょう。

この他にもATMは専用、提携のものを問わず手数料が無料。
郵送物は利用者の要望でストップでき、WEB明細にも対応するなど、細かな部分にも手が行き届いています。

パソコンやスマホ、携帯からの申し込みなら、仮審査の結果が瞬時に表示されるのも、審査に不安を抱えている方にとっては申し込みやすいシステムではないでしょうか。
また、専門の女性スタッフが担当する女性専用申し込み窓口「レディースレイク」も用意されています。

レイクは、これまでカードローンを利用したことがない女性の方にも向いているといえるでしょう。

新生銀行カードローンレイクの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年利) 20歳〜70歳以下 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング
ネットのみで完了
ご契約限度額200万円以下
基準残高 金利
1円~999,999円 15.0%~18.0%
1,000,000円~2,000,000円 12.0%~15.0%
ご契約限度額200万円超
基準残高 金利
2,000,001円~3,000,000円 9.0%~15.0%
3,000,001円~4,000,000円 7.0%
4,000,001円~5,000,000円 4.5%