じぶん銀行カードローンでスピード融資を受ける条件とは

auユーザーは特におすすめ!じぶん銀行カードローン!

じぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資によって設立されたじぶん銀行が運営するカードローンです。
携帯電話サービスであるauを運営しているKDDIが関わっているだけあって、auと連携したサービスが行われているのが特徴です。

auユーザーは金利引下げがあるほか、簡単な手続きで契約が可能になっています。
また、じぶん銀行の口座を持っている方も簡単手続きで契約可能です。

じぶん銀行カードローンは、楽天銀行やジャパンネット銀行などと同じネット銀行のカードローンとなります。
ネット銀行ならではのWEB完結による手続きが用意されています。

保証会社は、三菱東京UFJ銀行と同じく三菱UFJフィナンシャルグループに属するアコムが務めており、審査の大部分もアコムが行うという形です。
審査に関しては、じぶん銀行カードローンの口コミのほか、アコムの口コミも参考になるでしょう。

じぶん銀行カードローンは、条件つきながらスピード融資に対応しているほか、パート勤務などで安定した収入のある主婦の方でも利用可能なカードローンとなっています。

派遣社員、自営業、パート・アルバイトはもちろんのこと、満20歳以上であり、アルバイトなどで安定した収入のある学生の方や年金受給者も契約することができるため、かなり間口が広いといえるでしょう。
その反面、金利は他の銀行カードローンより少し高めです。

金利と限度額

じぶん銀行カードローンの金利は、通常で2.2%~17.5%、限度額は800万円までとなっています。

金利は少し高め

多くの方が適用となる上限金利は17.5%であり、14%前後の金利設定が多い他の銀行カードローンと比べると金利は高めです。

消費者金融系の18%より少し安い水準であり、オリックス銀行カードローンやレイクのカードローンに近い金利設定といえるでしょう。

また、auを利用されている方は、金利を割引してくれるサービスがあります。

限度額は優秀

じぶん銀行カードローンの限度額は最高で800万円です。
カードローンには限度額1000万円クラスのものもあるため、トップというわけではありませんが、800万は平均よりも高い金額です。

限度額不足で悩むということはないでしょう。この限度額の高さを生かしたおまとめ、借り換えにも利用できます。

au限定割りとおまとめについて

じぶん銀行カードローンは、おまとめ、借り換え目的の利用も可能と宣伝しています。
さらに、auユーザー限定の金利引き下げが受けられるau限定割では、おまとめ利用でさらに金利の引き下げ率が大きくなります。

au限定割を受けるには

au限定割を受けるためには、auIDを持っており、かつ、そのIDにauの携帯電話や固定通信サービスが登録されていることが必要です。つまり、携帯電話などauのサービスを利用しており、毎月料金を支払っている必要があるということです。

IDを持っているだけで利用していない、という状態では割引を受けられません。注意しましょう。

au限定割

 
誰でもコースおまとめ、借り換え目的以外での利用の場合、au限定割を適用してもらうことで金利が0.1%の割引になります。
通常の金利は2.2%~17.5%なので、これが割引適用後は2.1%~17.4%となります。

au限定割 借り換えコース

限度額が100万円以上で、かつ他社からの借り換え目的でじぶん銀行カードローンを利用する場合は、au限定割によって、金利が0.5%の割引になります。

通常であれば、金利2.2%~13.0%のところ、割引後は1.7%~12.5%となります。au限定割は、おまとめ、借り換え目的の場合はさらにお得になるのです。

スピード融資を実現するには

じぶん銀行カードローンはスピード融資に対応しています。審査は土日祝日でも行われているので、休日でもスピード融資は可能です。

ただし、実現させるには条件があります。

じぶん銀行の口座を持っていることが必要

じぶん銀行カードローンは他社カードローンのように店舗や無人の自動契約機を設置していません。
したがって、契約当日に店舗や自動契約機でカードを受け取って出金する、という手段が使えないのです。

カードが到着するのは約1週間後ですから、スピード融資の手段は振込に限定されます。
当日振込が可能なのは、じぶん銀行の口座のみなので、じぶん銀行の口座をあらかじめ持っていることが必要なのです。

スピード融資が保証されていないことに注意

じぶん銀行の口座を持っていても、申し込んだ時間帯や審査の混み具合によっては、審査結果が出るのが翌日になる場合があります。
特に在籍確認が難しくなる休日の審査でこれは起こりがちです。

また、当日中に審査結果が出て契約できても、手続き上、入金が翌日にずれ込むケースもあります。

実際にスピード融資が実現できるかどうかは申し込んでみないとわからないのですが、できるだけ早い時間帯に申し込みをする、低めの限度額にしておくなど、審査を早く進められるような工夫をしておくことも大事です。

>>じぶん銀行カードローンの審査の詳細はこちら

じぶん銀行よりもおすすめのカードローン

金利で選ばれている 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳~満65歳 残高スライド方式

プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能