じぶん銀行カードローンの申し込みの流れと審査について

申し込みの流れと審査について

じぶん銀行カードローンと契約し、利用するには審査を受ける必要があります。
申し込みをして審査を受け、必要書類を提出して契約、その後に借り入れが可能になります。

申し込みについて

申し込みは、スマホやパソコンなどから24時間ネットで受け付けています。

この際にじぶん銀行の口座があると、入力項目が大幅に省略できるので申し込みがとても楽になります。
インターネットバンキングにログインして、手続きを行いましょう。

また、auIDがある場合も、同じように簡単申し込みが可能です。

審査

申し込みを済ませると審査が始まります。審査にかかる時間は最短即日。
遅くとも翌日には結果がメールまたは電話で通知されます。また、この審査の間に勤務先への在籍確認も行われます。

じぶん銀行の口座やauIDがあると、この審査時間はより短縮され、早い場合は30分から40分で結果が出ます。

借り入れ

審査に合格し、必要書類を提出して、そのあとメールまたは電話で最終の意思確認を済ませたら契約完了です。
じぶん銀行の口座でがあれば、すぐに振込依頼を行って借り入れをすることができます。

その他の金融機関への振込はカードが郵送されてからとなります。契約からカードの到着には1週間ほどかかります。

審査の基準は?

じぶん銀行カードローンの審査は、保証会社であるアコムの基準をもとに判断が行われます。
返済能力が十分で、かつ信用情報に傷がないことが審査通過の条件です。

返済能力について

じぶん銀行カードローンでは、返済能力に応じた限度額の枠が与えられます。
返済能力とは主に収入から支出を引いたものです。
そのほか、親との同居など、周囲の支援を得やすいかどうかも考慮されます。

収入について

もっとも重要になるのは、年収、職業、勤務先、雇用形態、勤続年数です。
年収が高ければ高いほど、審査では有利になります。
また公務員や大企業の正社員であったり、勤続年数が長いと、雇用が安定しており、収入を失う心配がないとして、審査では有利に扱われます。

支出について

支出が少ないことも評価の対象です。
賃貸に住んでいれば家賃が、住宅ローンを利用中ならローンの支払いがあり、返済能力は下がります。
そして、何より、他社借り入れの有無と残高が問題です。

これらは毎月支払いが発生するうえ、カードローンでは自由に限度額の範囲で借り入れができてしまいます。
他社借り入れがあり、残高が大きいと、その分じぶん銀行カードローンで認めてもらえる限度額は減ってしまいます。
場合によっては審査落ちになることもあるでしょう。

信用情報も重要

信用情報とは、過去のキャッシングやクレジットカード、ローンの利用歴のことです。
他社も含めた借り入れの記録が信用情報機関に保存されており、これが審査で調査されます。
現在進行形で他社借り入れに延滞がある場合、じぶん銀行カードローンの審査は不利になります。

また、過去5年~10年以内に、他社で長期延滞による契約解除や代位弁済を経験していたり、債務整理をしたことがあると、じぶん銀行カードローンの審査に通過するのはとても難しくなります。

さらに、アコムやアコムが保証をしている銀行カードローンにおいて、以上のような金融事故を経験していると、同じように審査通過は難しくなります。こちらの記録は社内データとして5年や10年を超えても残っているので、時間がたっても新規契約は困難です。

どんな書類が必要になる?

じぶん銀行カードローンの審査に通過したあとは、必要書類を提出するステップに移ります。必要になる可能性があるのは本人確認書類、および収入証明書です。

本人確認書類

じぶん銀行の口座をすでに持っていれば、本人確認は済んでいるので本人確認書類は不要になります。もし、本人確認書類が必要な場合は、運転免許証、各種健康保険証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カードのいずれか一点を用意しましょう。

これらの本人確認書類のうち、いちばん信頼度が高いのは運転免許証です。免許を持っているならば、これを使ったほうがよいでしょう。
最近では本人確認が徹底されるようになっています。
各書類には「裏表両面をコピーすること」、「顔写真付きであること」など、注意事項が必ずあります。

不備があると再提出になり、書類確認が長引きますので、提出処類の注意事項はしっかりと確認しておきましょう。

収入証明書

じぶん銀行カードローンでは、300万円を超える限度額を希望する場合は、源泉徴収票(前年度)、住民税決定通知書(前年度)、所得証明書(課税証明書)のどれか1点を用意しましょう。

ない場合は、直近3ヶ月以内の給与明細を2ヶ月分で代用できます。自営業の方は、合わせて確定申告の控えも必要になります。

提出方法

ネット、郵送、FAXでの提出が可能です。急ぎの場合は、ネットやFAXでの送信がよいでしょう。

在籍確認はあるの?

じぶん銀行カードローンでは、申し込み後、審査結果が来る前に勤務先への在籍確認が行われます。
この在籍確認は基本的に必ず行われると考えておいたほうがよいでしょう。
>>じぶん銀行カードローンの在籍確認の詳細はこちら

在籍確認の方法について

じぶん銀行カードローンの在籍確認では、個人名またはじぶん銀行を名乗って確認が行われます。
そのどちらが選ばれるかは、勤務先の部署などによって対応が異なるようです。

本人以外が電話に出ても、在籍が確認できれば在籍確認は完了します。

なお、本人以外が電話対応した場合、カードローンに関する内容について伝えることは一切ありません。
電話がかかってくるのは、申し込み後すぐの場合もあれば、翌日というケースもあるようです。

在籍確認は回避できる?

在籍確認をなしにすることは不可能です。
ただ、学生、専業主婦、年金受給者の場合は在籍確認は行われません。

電話による在籍確認を、給与明細や健康保険証による在籍確認に切り替えてもらうという方法もありますが、対応してもらえるかは申し込みをした人の状況によります。

在籍確認がとれない企業に勤務している、電話確認があるなら利用は取りやめるしかない、といった差し迫った事情がある場合は、対応してもらえる可能性もあるでしょう。この部分は要交渉です。

じぶん銀行よりもおすすめのカードローン

金利で選ばれている 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳~満65歳 残高スライド方式

プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能