じぶん銀行カードローンの借り入れ、返済方法まとめ

借り入れについて

じぶん銀行カードローンでの借り入れは、ATM、または振込サービスを利用します。

ATMでの借り入れ

コンビニなどに設置されている提携ATMでローンカードを使用して、1000円単位から借り入れができます。
利用できるATMは、MUFG、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、E-net、ローソンATM、ゆうちょ銀行です。

どの時間帯に利用しても手数料は無料。設置場所によって利用できない時間帯があること、システムメンテナンスの間は利用できないことには注意しましょう。

なお、ATMでは1日に借り入れできる上限が設定されています。
契約時に設定しますが、あとでローンセンターに電話をかけて、金額を変更することもできます。

振込サービスによる借り入れ

本人名義の金融機関口座へ借り入れたお金を振り込んでもらうこともできます。金額は1万円単位。
こちらもATM同様、手数料は無料です。

じぶんローン取引サイトにログイン、またはローンセンターに電話をすることで振込依頼ができます。
振込にかかる時間は最短で当日。遅くとも翌営業日には振込が完了します。

じぶん銀行の口座への振込がやはりもっとも早くなります。
ただ、当日振込は保証されていないため、急いでいる場合には、ATMから出金したほうが確実でしょう。

返済について

じぶん銀行カードローンの返済方法は、ATMでの返済、およびじぶん銀行口座からの自動支払いのどちらかです。
返済が遅れ、延滞になると解消されるまで追加借り入れが不可能になります。
延滞にならないようくれぐれも気をつけましょう。

返済サイクルについて

じぶん銀行カードローンの返済期日は2種類から選択できます。
毎月希望の指定日を返済期日に指定する期日指定返済。
そして35日以内に返済するとその返済日からまた次の35日が始まる35日ごと返済です。

どちらか好きな方を選択できるので、自分の返済計画に見合った方法を選びましょう。
早めに返済するなら期日指定返済がよいですが負担は重めになります。
35日ごと返済は負担は軽いですが、返済が長引くため支払い利息が増えます。

随時返済

毎月の返済にプラスして、追加で返済を行うこともできます。
元本を早く減らして支払い利息を少なくする効果があります。

臨時返済はATMからのみ行えます。
随時返済の延長として、残高を一括返済することも可能です。

ただ、残高をゼロにするにはその日に発生する利息まで支払う必要があります。
したがって、一括返済をするには、返済金額を確定するためにローンセンターに連絡を入れて、返済金額を確認してから返済を行いましょう。

じぶん銀行よりもおすすめのカードローン

金利で選ばれている 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.8%~14.6% 最高500万円 - 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
- 満20歳~満65歳 残高スライド方式

プロミスは最短で即日融資可能‎!初めてなら30日間利息ゼロ!

300 × 250
プロミスの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 元利定額リボルビング返済方式 Web完結も可能