任意整理から5年経ってるけど新たに借り入れできるの?

任意整理後の借り入れは可能です

任意整理から5年経った場合、新たに借り入れが可能となります。

任意整理後から正確に何年後から借りれるという決まりはそれぞれの金融業者により違います。ただ審査の際に信用情報機関で過去の情報がチェックされることになります。

この任意整理に関する信用情報機関の情報の登録期間が5年で消えるため、5年経った場合は、審査に通ることが可能になるわけです。

任意整理を行う際に登録される情報

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 任意整理が受任の通知から和解までの間に情報が登録される。登録期間は5年間。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 弁護士・司法書士に債務整理を依頼した場合は載らない。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 銀行は支払い不能で任意整理の通知を受けると保証会社を通してる場合に保証会社から代位弁済を受けます。この代位弁済が事故情報として登録されます。登録機関は5年間。

新たな借り入れは可能だが簡単ではない

信用情報機関の事故情報が消えれば審査に通ることが可能になります。ただし当然のことながら、過去に迷惑をかけた金融会社やその系列からの借り入れは難しいでしょう。当然過去の情報は社内にしっかりと残されてるので「社内ブラック」扱いされ審査に通ることはできません。

また過去に迷惑をかけてない会社であっても信用情報が真っ白の場合は審査が通りづらくなります。特に30歳以上の場合は信用情報の履歴が真っ白=「過去に債務整理などしてるのか?」と審査担当者に必ず疑われます。

実際30歳以上の方で過去に債務整理経験がない方でクレジットカードやローンを利用せず現金主義で生活してきた方も審査に通りにくい傾向にあります。信用情報が真っ白なので「スーパーホワイト」などと呼ばれます。

この個人の信用情報はご自身で確認することができます。気になる方は新たな借り入れの申し込みをする前に今現在、自分がどういう情報を登録されているのかチェックしておきましょう。

審査になかなか通らない場合は、審査が緩いとされるローンやクレジットカードを狙って申し込みをします。1社でも審査に通り契約ができれば、そこで借り入れと滞りなく返済を繰り返し個人信用情報機関にクレジットカードヒストリー(履歴)を残します。

そうすることで「返済能力のある人」だということを他社に印象付けることも可能になるので、審査時の見方も変わり今まで全く通らなかったローンなども通る可能性が出てくるようになります。