自己破産から5年経ってるけど新たに借り入れできるの?

借入は可能。過去は消せないが今の支払い能力が全て

自己破産から5年経過している場合、新たな借り入れはできます。

自己破産し免責が確定後の5年間は、個人信用情報機関の日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)に情報が残ります。そして全国銀行個人信用情報センター(KSC)には自己破産の場合は10年間残ります。

よって5年経過ということであればKSCに加盟していない借入先に限定されます。ですので消費者金融、信販系、クレジットカードなどでの借入は可能となります。ただしいくら過去の情報が消えたからといっても各社自社内で破産者名簿はあります。

当然自己破産時に利用があった会社や同系列グループ会社では社内ブラックとして扱われるため、まず借り入れは無理でしょう。

自己破産すると官報に名前や住所などが掲載されます。官報とは国が発行している新聞と考えて下さい。金融会社はこの官報の情報を独自に収集し破産者名簿としデータベース化してます。

過去に一度も契約してない会社へ申し込みをしようとしても、その会社が審査の段階で何かしらの形で官報情報を取り入れていれば、いくら個人信用情報機関の金融事故情報が真っ白になったところで危険人物とみなされ審査に通ることができないという可能性もあるわけです。

ですので新たな借り入れは可能ですがかなり厳しいものになります。過去の情報を完全に真っ白にすることはできませんが、比較的審査が柔軟な金融機関や信販会社はあります。そういった会社で契約ができれば、新たに借り入れをし延滞することなく返済を繰り返していけば、その新たな信用情報で判断され利用できる借入先を広げることも可能となることもあります。

良く言われているのが自己破産後に5年経過してからクレジットカードを持ち、そのカードを利用し個人信用情報機関にキチンと支払いをしているという履歴(クレジットヒストリー)を残します。ある程度の期間支払いを繰り返し、今度はまた過去に迷惑のかけてないカード会社のクレジットカードを持ち支払いを繰り返す。これを繰り返していくと次第に無理だと思われてるカード審査も通るようになってきます。

要するに過去に自己破産はしたけど今は払えるということを証明すれば、あとは申し込み先の判断次第ということです。現に過去に自己破産したけど今は年収が1000万以上の場合は何の問題もなく審査に通ります。言葉は悪いですが、所詮はこんなものなのです。

もしあなたに自己破産した過去があるなら審査の緩いとされるローンやクレジットカードを狙って申し込み行いましょう。1つでも契約ができればそこから先はあなた次第です。