年金受給者の方のカードローン利用について

年金受給者でもカードローンは利用できるの?

年金受給の方も急な冠婚葬祭で支出が増えて少し借りたいという事ありますよね。年金受給者の方がカードローンを利用できるか解説していきます。

年齢制限がある

キャッシングには年金収入しか無い人の年齢制限が実はあります。銀行カードローンは65歳から70歳位に、大手キャッシング業者でも69歳位に年齢上限を設置している場合が多いのです。これは、お年を召されて判断力が低下した人の貸出を各社自制している為に行われている自主規制となっています。

年金収入だけでは審査通過は困難

年金収入しか収入が無い場合の審査通過は困難と言えます。理由は年金収入が十分でないためキャッシングの必要性が出たのにも関わらず、更に金利負担がはっせいすれば雪だるま式に借金の総額が増えるからです。貸金業規制法で業界全体がクリーン化されていますので、年金収入だけで審査を通す所は少ないと言えるでしょう。

年金担保貸付制度やリバースモーゲージの利用

年金受給者には年金担保貸付制度などの公的融資やリバースモーゲージなど、持ち家を担保にして生活費借入を行い、死後住宅売却で返す仕組みがありますので、お金に困った場合はこちらの利用を考えるといいでしょう。

闇金には近づかない

雑誌やHP、ポストチラシなどで闇金業者が広告を出している所もありますが、近づかない様にしましょう。闇金業者は金融業界の自主規制や法律に縛られる事なく、年金収入しかなくても貸出をしますが法の外で商売をしていますので金利も取り立て行動も違法ばかりです。一度借りるとまず返せないと思いましょう。

年金収入しかないとキャッシングし難いですが、それは無理のあるキャッシングを防ぐ観点からです。何か急な支出をしたい時には恥ずかしがらずに公的な制度や家族に援助をお願いする様にしましょう。