ブラックでも融資を受けられるの?

ブラックってどういう状態なの?

キャッシングをする人もしない人も一度はブラックリストに載ると言った言葉を聞いた事があると思います。このブラックリストという意味を詳しく説明できる人は意外に少なかったりします。ブラックリストとはどういう状態なのでしょうか。

ブラックリストというものは存在しない

まず、ブラックリストというものは存在しません。日本には、指定信用情報機関が三社あり、日本全国のカード会社や消費者金融、銀行などから借入金額や延滞記録、債務整理を行った記録が登録されて行います。この延滞記録や債務整理を行った記録が無い真面目な顧客をホワイトと呼び、逆に長い期間の延滞を続けていたり、債務整理を行った記録がある人間を業者内でブラックと呼んでいます。

どうなったらブラック扱いされるのか

ブラック扱いされる一番簡単な例は信用情報機関に債務整理を行った記録がなされている顧客です。自己破産を行うと、最も大きい信用情報機関のCICの情報には、異動という文字が記され、これは大半の業者がブラック扱いとします。また、延滞をした場合は入金情報が記されている欄に『A』マークが記されます。これは一度位ではブラック扱いされませんが、何回も入金情報に『A』マークが付いているとブラック扱いになります。この信用情報が消えるまでの期間が俗に言われるブラックリストに載った状態となり、新規融資を断る業者が多くなります。

ブラック扱いの基準は各社ごとに違う

ブラック扱いは全ての業者が同じルールでやっているわけではありません。延滞マークが1回でも載っていれば、ブラック扱いし融資しない業者もあれば、3回でも載っていて危険とわかりつつも融資をするリスクテイクンな業者もいます。また、自己破産を記す異動の文字が入っていても、小規模の消費者金融の一部は融資をするなど基準は様々です。

審査が落ちてブラックになってしまったか否かは業者毎に違いますので、一社落ちてしまったら時間をおいて中小消費者金融を中心に再度審査を受けてみるといいでしょう。案外簡単に借りる事ができるかもしれません。

ブラックでも融資してくれる金融業者ある?

ブラックとは金融機関の融資の審査に非常に通りにくくなっている状態を指しています。

具体的には、金融機関のすべてが加盟している3つの信用情報機関の個人信用情報の中の事故情報や異動情報に記載されている事項があるとブラックと呼ばれる状態になってしまいます。

事故情報や異動情報は3カ月以上の返済遅延や、自己破産をはじめとする債務整理などのいわゆる金融事故を起こした履歴が記載されています。金融機関が融資の申し込みを受けて、審査をする場合にこの信用情報機関からの提供される個人信用情報を重視して審査をおこないまので、金融事故を起こした履歴のあるブラック状態の人の申し込みは審査に非常に通りにくくなっているのです。

それに一度金融事故を起こしていまうと、事故情報や異動情報の記載は5年から10年程度は削除されることはありませんので、その期間中はずっと審査に通りにくい状態が続いてしまうということ意味します。しかし、記載年月が経過すれば記載は削除されますからそれ以降はブラックではない状態に戻ります。

では、実際にブラック状態になれば100%融資をしてくれる金融業者はいないのかと言えばそうではありません。
銀行や貸金業者でも大手の消費者金融などではまず審査に通らないと思って間違いありません。しかし、ブラック状態というのは、法律で融資をすることを禁じられているわけではありません。

ブラックでもなんでも融資をするかどうかは最終的にはそれぞれの金融機関の審査に任されています。銀行や大手の消費者金融からの融資は無理であっても、中小のいわゆる街金と呼ばれるような消費者金融はブラックであっても審査を行って返済能力があるという結果であれば融資をしてくれることは在ります。

ただし、注意しなければならないのは闇金をよばれる金融業者が混じっている可能性があります。闇金から融資を受けることは破滅の自ら招くだけですので、融資を受ける場合には登録された貸金業者に限るべきです。