総量規制の対象と対象外の違い。おまとめローンは対象外!

総量規制の対象と対象外の違いって?

導入当初は混乱が予想されたものの、最近は何かとよく聞く様になったキャッシングの総量規制、これは対象となるものと対象外があるってご存知でしたか?

対象と思っていたら、意外に対象外だったと勘違いしている人も多くいます。総量規制の対象になるものと、対象外について解説します。

総量規制の法律総量規制とは、『貸金業法』の中にある『過剰貸付の抑制』によって個人の借入総額が年収の3分の1を超えて貸付を禁止されています。つまり『貸金業法』の法律が適用される会社の業務は総量規制の対象になります。

総量規制の対象となる会社や業務総量規制の対象となる会社や業務はクレジットカード会社のカードキャッシングや、消費者金融のキャッシングになります。この2つ借入総額が年収の3分の1を超えた場合は、総量規制が適用されます。

ショッピングや銀行カードローンは対象外クレジットカードでのショッピングの分割払いやリボ払いは総量規制に含まれても良さそうですが、『割賦販売法』という別の法律が適用される為、総量規制の対象外になります。更に、銀行カードローンも『銀行法』が適用される為、同じく総量規制対象外になります。楽天銀行カードローンやレイクなど消費者金融のイメージが強いかも知れませんが、銀行法が適用される業態の為に総量規制の対象外になります。

対象会社でも使途により除外される項目もある総量規制に対象となる消費者金融会社等でも、顧客の特別な使用用途や状況がある場合は総量規制から除外でき、総量規制の金額を超えて貸出ができます。

例えば、借金の一本化を目的とした消費者金融おまとめローンや緊急医療費の貸付、専業主婦の場合ですと無収入でも夫と合算した金額を貸し出せるといった例外が作られています。

お金を借りる契約でも、会社の業態やお金の使用用途によって随分違うことが理解できたと思います。総量規制一杯でも、銀行法が適用される会社の審査が甘いとされるところに申し込んだら活路が開けるかもしれません。総量規制の対象と対象外を上手く利用して、快適なキャッシングをしてください。

総量規制を超えたらバレるの?

「総量規制一杯までキャッシングを借りてしまった、このままでは借りる事ができない。よし、借入社数と借入額を少なく申告してみよう。」こんなよからぬ事をお考えじゃありませんか?

総量規制を超える貸出は業者には必ずばれます。何故ばれてしまうのか解説します。

日本には3社指定信用情報機関がある

日本には3社、信販クレジットカード会社が作ったCIC、消費者金融系会社が中心となり作ったJICC、銀行系会社が中心となって作った全国銀行個人信用情報センター(pcic)の三社が存在します。

古い漫画などに、『クレジットカードカード系の会社で事故を起こしても、消費者金融系は大丈夫』といった裏技が書かれていたのは、業種によって使用していた信用情報機関が違っていた為なのです。

現在、金融機関、カード、キャッシング会社の会員数が最も多いのはCICで、ここに大量の情報が集中しています。また、信用情報機関の三社は情報の共有を行っていますので、キャッシングに限らずクレジットカードのショッピングやリボ払い、車のローンの取引などの総額や個別の契約全てが照会すれば出てくる仕組みになっています。つまり、借入額を少なめに申告したとしても、照会内容で全て把握できますので100パーセントばれてしまうのです。

総量規制対象以上に借りたい時は

それでも総量規制以上にどうしても借りなければいけない時はあると思います。総量規制の範囲を超えて消費者金融業者が融資を行ったら、法に違反することになるので正規の業者で行うことはありません。そういう時は銀行カードローンをあたってみるのが1つの手です。

銀行カードローンは銀行法が適用されるので、総量規制対象外になります。メガバンク系の銀行カードローンは審査が厳しいとされるので、審査の甘いと言われる銀行ローン会社を探して申込んで駄目なら諦めましょう。

正規の消費者金融業者は総量規制一杯で借りる事ができないといって、闇金に流れたりしないで下さいね。総量規制は過剰借入を抑制するものですので、借入できない時は潔く諦めるのも1つの手です。適切なキャッシングを心がけて下さい。

おまとめローンは総量規制対象外なの?

借入金が複数社になったら月々の返済金額や金利負担が増えて大変ですよね。そんな時、『おまとめローンってあるのか。利用したいな。けどおまとめローンを借りてしまうと年収の3分の1の借入を大きく超えてしまうからダメか。』と諦めていませんか?実はおまとめローンは年収の3分の1を超えても借入が可能なのです。

おまとめローンは総量規制の例外項目

まず、おまとめローンには銀行系のローン会社が行っているサービスと、消費者金融系のキャッシング会社が行っているサービスの2種類があります。前者の銀行系のローンサービスは『銀行法』が適用されますのでそもそも総量規制は関係ありません。後者の消費者金融系のおまとめローンは総量規制の対象になりますが、例外項目に該当します。

例外項目に該当すれば総量規制の対象外

消費者金融業者の総量規制は『顧客に一方的有利になる貸付』については例外とされています。つまり年収300万円の人が100万円の借入を行っている状態で使途自由の新規借入100万円を申し込んでも、消費者金融業者の審査は100パーセント落ちてしまいますが、おまとめローンで金利が安くなる申し込みなら、審査が通る可能性がある訳です。

おまとめローンは他の使途には利用できない

ここまで聞いて、総量規制一杯でもおまとめローンと偽れば融資を受ける事ができると思った方がいたかもしれません。

残念ながらおまとめローンは審査に通った場合、おまとめローン会社から直接借入先に返済されますので、他の使途に流用する事はできません。

おまとめローンは銀行系でも消費者金融系でも普通の審査より圧倒的に厳しいので、総量規制一杯まで借り入れていると審査落ちするケースが多くなります。比較的余裕がある内におまとめローンを検討してくださいね。