勤続年数が1年未満でも借りれる金融会社はある?

勤続年数は最低ライン半年以上は欲しい

勤続年数が1年未満でも借りれるカードローンはあります。正確には可能性がありますと言い直した方が良いかもしれません。

勤続年数が長いということは安定した収入がある、転職や退職による収入減の可能性が低いということになります。貸す側としても確実に返済してくれるリスクが少しでも低い顧客を獲得したいですからね。

年数でいうと最低ラインとして半年以上でしょう。正直なところ1年で合格ラインといったところです。もし半年未満の勤続年数なら半年になるまで待ってから申し込みをした方が確実です。

ただ勤続年数だけで審査は判断されるものではありません。各社様々な審査項目にそれぞれの基準があり、総合的に判断し審査の合否を決定します。

また選ぶカードローンにもよります。銀行カードローンに比べるとアコムやプロミスなどの消費者金融のカードローンの方が審査に通りやすい傾向にあります。

ただ金利面で考えるとやはり銀行カードローンの方が優れています。もしどこからも借り入れがないのなら、給料振込で利用しているメインバンクの銀行カードローンに申し込みをしてみるなんていうのも1つの手です。

銀行ATMを利用してると画面によくカードローンのセールス画面を目の当たりにされるかと思います。全く利用したことのない銀行よりはあなたのお金の流れを知ってるメインバンクとして普段から利用している銀行の方が審査に通る可能性は少しは上がります。

気をつけなければならないのは審査に落ちたからといって次々に他社へ申し込みをすることです。1ヶ月に3件以上の申し込みをすると「申し込みブラック」となります。申し込みブラックとは申し込みをしたという事実が個人信用情報機関に登録され、お金に切羽詰っている人と判断され審査をされる前に門前払いされてしまうことです。

審査前に落とされては意味がありませんので借入先はじっくり選んでから申し込みをしましょう。