保証会社について

銀行カードローンの保証会社って何?

銀行系カードローンで借りる時には保証会社をつける必要があるってご存知ですか。この縁の下の力持ちの保証会社について解説していきます。

保証会社とは

保証会社とは万が一貴方が延滞等で返済ができ無い状態に陥ってしまった場合、貴方の代わりに銀行に対して金銭を返済してくれる会社です。
て債務が移動しますので、保証会社に対して返済の義務が発生します。

また、金利の代わりに遅延損害金といった形で時間経過と共に借金が膨らむ様になり、かつ信用情報会社の貴方の信用記録には異動情報が記入され、ブラックリストに載っているといった状態になります。

保証会社の審査が重要

銀行系カードローンなのだから、銀行が主体となって審査をしていると思われがちですが、実は保証会社の審査の方が重要です。

というのも現在保証業務はアコムやプロミス等の消費者金融系が主流となって行っていますが、この保証業務は貸金業法改正後の今後の主力業務として、銀行に対し個人向けローンの保証と共に個人融資の与信・審査ノウハウを提供する目的で作られた業務だからです。

銀行側も審査はしますが、何よりも重要なのは保証会社の審査に通過するかどうかという事になります。

こうやって考えると、銀行系カードローンの審査が厳しいのも納得がいきますね。各銀行系カードローンの保証会社の特徴まで理解して、上手に審査突破をして下さい。

銀行ローンの保証会社(系列)で借り入れがある場合は審査に不利?

アコムで借入があるけれども、三菱東京UFJ銀行の銀行系カードローンバンクイックが魅力的なので申込んでみたい。

あれ、バンクイックの保証会社はアコムだから、こんな時審査にどんな影響を与えるのだろう、こんなケースについては審査に与える影響の度合いはどの様になるのか考察していきます。

利害関係が不一致になるため審査には大きく不利

アコムの保証審査担当者の気持ちになって考えると、審査通過の当落線上ギリギリの人がバンクイックに申し込んで来たら、どの様に考えるでしょうか。

バンクイックでの保証業務を断れば、流れてきてアコム本体と直接貸付が可能かなと思う事でしょう。また、バンクイックでおまとめローン等を融資されたら、自社のアコムの債務を返済されてしまって金利が取れなくなるのではと思うでしょう。

これらの思惑からすでに保証会社本体からの借り入れがある場合において保証審査はより一層厳しくなると思われます。

バンクイックとアコムは業務提携をしているものの、基本とする顧客層は同一になる為、このケースでは利害関係が一致していませんので、共存共栄とはいきません。

アコム本体審査とアコム保証業務審査は違う

気をつけたいのは、アコム本体で審査通過している、もしくはした事があるのでアコム保証業務の審査も通過するでしょうという考え方は全く通じないという事です。

アコム本体融資で得られる収益は金利の18%に対して、アコム保証業務で得られる収益は会社との契約にもよりますが、概ね0.5%~3%とされています。

貸し倒れ時の回収不能リスクはどちらも同じですので、基本的に、

アコム保証業務審査〉〉〉アコム本体融資審査
の審査基準になると考えましょう。当然アコム本体融資審査で落ちている様でしたら、間違いなくバンクイック等の提携銀行系カードローンに通過することはありません。

借入先と被らない所を探すか100%子会社の保証会社を使っている所を探す

基本は借入先と被らない保証会社を使っている銀行系カードローンを探すことが審査突破の近道です。

保証会社が被らない審査の甘い銀行系カードローンを1つ上げろと言われたら、楽天銀行スーパーローンをオススメしています。

何故なら、楽天銀行カードローンの保証会社は楽天カードになっており、他の借入先と被る心配がない事と、自社グループ内の100%関連会社である楽天カードに保証業務を委託しているため、利害関係の不一致が起こらないからです。

楽天カードは他に保証業務提携を行っていませんので、楽天銀行カードローン以外から保証料が入ってこない事も審査を甘くしていると思われます。

審査が甘い銀行系カードローンを探すのであれば、自社100%グループ内で保証を付けている会社を探してみるといいでしょう。

銀行系カードローンは保証会社に注目し、借入をしている場合は他の保証会社を使っている所に申し込むのが審査通過のコツです。

審査に通らなかった保証会社は避けて別会社を受けるのが無難なの?

キャッシングについてある程度知っている方は、カードローンの会社等は保証会社を使っており、保証会社の審査は非常に厳しい事はご存知かと思います。保証会社の審査に落ちた時、同じ保証会社を使っている会社は避けて申込んだ方がいいか解説します。

信用状態が変わらなければ、基本別会社に申込んでも結果は変らない

保証料は保証会社と保証を受ける会社で取り決められ違いがありますが、其処まで目に見えた違いはありません。保証会社の審査に落ちたという事は、借入社数や借入総額が多過ぎる等貴方の信用状態は余裕が無い状態なのだと思います。

この信用状態が改善されない限り、審査の通過は困難を極めるでしょう。

保証会社が2つ以上と提携している会社もある

カードローン会社によっては、保証会社を一社以上提携している所もあります。
例えばオリックス銀行やスルガ銀行などです。

この場合、以前落ちた保証会社以外にも審査を受ける事ができるので、狙ってみるといいかも知れません。

基本的には審査落ちした保証会社にこだわるメリットは無い

キャッシングに申し込む時に注意してもらいたいのは、『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』では無く、『一社入魂』で挑んで貰いたいという事です。

というのも、融資成約にならなくても審査を受けた記録というのは信用情報会社に残りますので、何社も同時期に審査を受けると申込ブラックと呼ばれる状態になります。目安として3ヶ月に1回程度の申込に抑えなければいけません。

一度落ちた保証会社にリベンジしても意味は無いので、下調べを行い他の会社に申込んだ方がいいでしょう。

保証会社は甘い辛いがありますので、必ずしも1つの会社にこだわる必要はありません。上手く審査をパスして快適なキャッシングライフを楽しんで下さい。

保証会社の審査に通ればほぼ契約OKと思って大丈夫?

銀行系カードローンは保証会社と銀行の2つの審査を受けます。実際に債務を保証するのは保証会社なのだから、保証会社の審査が通過すればほぼ契約OKと思って大丈夫なのか、考察していきます。

保証会社の審査が通れば概ねOK

アコム等の大手消費者金融系保証会社は多くの銀行に対して保証業務をする事に加え、与信や審査のノウハウや人的交流を持って行っていますので、銀行の審査が保証会社より厳しいという事は余りありません。

ですので、保証会社の審査が通れば貴方の借り入れ状況と返済余力に問題は無いとされたので、銀行の審査も大体のケースで通ると言えなくもありません。

銀行本体が審査不可を出すケースもある

実は銀行は信用情報会社からわかる貴方の信用度に加えて、自社にある貴方の銀行口座の金融取引記録も審査の対象に入れるのです。この情報に有効期限はありませんので、過去に何度も引き落とし不足で口座に穴が空いた記録がある人は、行内審査で跳ねられる可能性があります。

保証会社から回収できるから融資してもいいだろうと思うかも知れませんが、保証会社が貴方の借入金額を支払うには、2ヶ月以上の延滞をして、信用情報会社に異動情報が記録されてからですので、小さな延滞を繰り返す人の保証料は保証されないといった穴があるのです。

当然、小規模延滞を繰り返す人への請求は、債務が異動していませんので銀行本体が行わなければならなく、余計なコストになります。

貸し倒れ数の増加は保証料の値上げにつながる

銀行は保証会社に保証を貰っているから、後は貸し倒れようがどこ吹く風だろうから審査も緩いだろうと思いがちですが、そうではありません。

明らかに銀行独自の情報でマークが必要な人に貸して、貸し倒れ数が増加すると今度は銀行から保証会社に支払う保証料が値上げされる可能性があるからです。

保証料は年間の貸し倒れ数を総計して決定されるので、審査は銀行と保証会社タッグを組んでやるものと思っていいでしょう。

また、暴力団関係者や反社会的勢力関係者への情報も銀行はよく見ますので、保証会社がOKだから銀行がOKを出すというイメージよりは、保証会社が見ていない部分も銀行が審査しているイメージの方が近いと言えます。

保証会社は審査の大部分を受け持ちますが、銀行も独自のデータから審査を行います。銀行系カードローンの審査が厳しいと言われる原因がわかった気がしますね。