在籍確認代行会社について

在籍確認とは

カードローンに申込むと、多くの金融機関から職場に在籍確認の電話がかかります。

中には在籍確認無しという業者もありますが、大抵はあるものとして考えてください。

これは、申込み時に記載した勤務先に実際勤めているかどうかの確認で、○○さんおられますか?と軽く質問されるだけで終わります。

その会社に在籍していれば良いので、電話をかけたときに不在でも問題ありません。

この電話では、金融機関の名前をだされることはまずありません。

大抵、一般人の苗字を名乗りますので通常は職場にカードローンのことがバレることは心配無用です。

在籍確認代行業者

それでも在籍確認されては困るという方がいます。

絶対に同僚に電話を取られたくない場合や、そもそも勤務先が虚偽の場合が主な理由ですが、そんな時に使ってはいけない手段として、在籍確認代行業者のことに触れておきます。

この業者は、電話転送から身分証作成まで、あらゆる在籍確認を装ってくれるサービスを提供しています。

最近は運転代行から結婚式の参加者代行など様々な代行が流行していますので、家族や友人に本来の状況を知られたくなかったり見栄をはりたかったりする利用者があとを絶ちません。

ではなぜ、カードローンの在籍確認で代行業者を使ってはいけないのでしょうか。

詐欺未遂罪

カードローンは、審査を経てお金を借ります。

在籍確認は勤務先の情報が正確なことを担保するために行われ、融資をしてよいか判断するための重要な材料としますから、もしも本当は勤めていない会社に、さも在籍しているかのように装って審査に通ったとすれば、本来貸せない相手に、返済の見込みも無く融資することになり金融機関に大変な損害を与えてしまい、詐欺につながってしまうのです。

具体的にどの行為が違法かというと、審査には電話の在籍確認だけでなく、給与明細などの収入証明書の提出も求められますので、おそらく在籍確認代行業者に頼むような場合にはそういった提出書類も偽造することになっていようかと思います。

この虚偽書類も詐欺ですし、そもそも勤務先を偽って記入することも詐欺にあたります。

詐欺未遂は実刑もある上に、その詐欺行為で金融機関が損害をうけたと主張すれば賠償をしなければならないという、大きなしっぺ返しをうけます。

在籍確認代行業者に依頼することもそれなりに手間や料金がかかります。

そういったことに時間とコストをかけるくらいなら、正攻法で審査に通ることを考えたほうが賢明です。

在籍確認のない業者はあるのか?

代行会社を使うような悪事はもちろんダメですが、純粋に在籍確認のない業者はあるのでしょうか?

これは非常にデリケートな話になってしまいまうのですが、実際に在籍確認を行わない業者もチラホラあるのですが、そのことを表立ってアピールするのはマズイ大人の事情があるのです…。

その中でもモビットは公式HPで「職場への電話連絡なし」を明言していて最も安心です。

モビットのWEB完結で申し込めば、申し込み時に在籍確認に必要な書類をすべてネットでアップロードすることで、電話での確認をすることなく在籍確認をクリアできるというわけです。

電話での在籍確認だけはどうしても避けたいという方にはモビットがオススメです。

300x250 オリコンバナー
モビットの詳細情報
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済方法
返済システム
来店必要有無
20.0%(実質年利) 20歳〜69歳 借入後残高スライド
元利定額返済方式
ネットのみで完了