キャッシングの審査時に書く年収について

審査時記入の年収は税込総収入?それとも手取り?

キャッシングを申し込む時に年収を記入する項目がありますが、この年収とは税込収入なのか手取りなのか迷う事がありますね。キャッシングの年収について解説していきます。

年収と書かれていた場合は税込総収入

キャッシング申し込み欄に年収と書かれていた場合は税込総収入を記入しましょう。会社勤めの人は毎月の給与明細で所得税、住民税、健康保険、厚生年金等が 引かれていない数字が月当たりの税込収入になります。年間の税込収入の合計は、会社から発行される源泉徴収票の『支払金額』という項目が年収となりますの で、その数字を記入するといいでしょう。

所得と書かれていた場合は手取りを記入

あまりないケースですが、キャッシング業者によっては収入ではなく所得を申告する場合もあるようです。所得とは、収入から経費や税金を差し引いたもので、 手取りの金額になります。自営業者の申し込みの場合は、売上高を収入としてみなすと莫大な収入金額があるように見えるため、正しい審査ができませんので、 所得を申告してもらうようです。

迷った時は担当者に質問

審査申し込みの書類を書いていると、ここはどう書けばいいのかわからなくなることもあると思います。迷った場合は担当者に質問してみましょう。

審査時の記入項目は年収額だけでなく、どれも重要な項目ばかりです。あいまいな場合は書類で確認したり、担当者に質問したりして正確に書くようにしましょう。

申込み条件の「安定した収入」ってのは具体的にどれくらいが目安?

キャッシング会社の広告に「安定した収入がある方なら大丈夫」といった文言が見られます。この「安定した収入」とはいくら位の金額なのでしょうか。

法律上年収に対しての規制はない

法律で年収100万円以下の人は融資してはいけないという事は一切ありませんので、安定した収入というのはアルバイトなどでキチンと働いていれば、業者は融資ができるという事になります。収入が証明できるような給与明細や、源泉徴収票などを提示するといいでしょう。

貸せる金額は総量規制に縛られる

総量規制は年収の3分の1を超えての貸付を行えませんから、年収が90万円の人に対して業者は最大で貸せたとしても30万円になります。年収が小さいと借り入れる事ができる金額も少なくなります。

少額融資に積極的でないキャッシング業者もいる

大手の銀行系のキャッシング業者では、数万円の少額融資に積極的でない業者もいます。というのも、少額融資では手間が同じなのに、得られる利息が少ないため、年収が少ない場合の少額融資を断る傾向が増えるからです。

また、年収が少ないと審査も一層厳しくなります。そのような断られる事態を避けるために、 安定した収入が少ないようなら最初からアルバイトやフリーターへの融資に積極的な中小の消費者金融業者を訪ねてみるといいでしょう。

少額融資にも積極的な業者といえば、5万円が180日間無利息のレイクやアコムなどです。

急に風邪などの病気でバイトのシフトに入れなくなり、病院代などが嵩みキャッシングが必要になる事は身近にあります。「安定した収入」があれば、貸してくれる業者は必ずあるはずですので、うまくキャッシングを使ってピンチを切り抜けましょう。

限度額は年収によって決まるの?

審査を受けた後に決まるキャッシングの限度額。限度額500万円もOKなど夢みたいなうらやましいカードも作れるようです。この限度額は、年収だけによって決まるのでしょうか。

不動産収入等も考慮される。

例えば会社員としての給料以外に、マンション投資を行っており、賃貸収入がある人はその部分が審査で加味されることになり、限度額が多くすることができます。給与以外の収入があり、借入総額が少ない人は貸し倒れのリスクが少なく、安心して業者が貸すことができるためです。

職業の安定性も考慮される

例えば、株のデイトレーダーで年収数千万円稼いでいても、来年同じように稼げるとは限りませんので限度額は小さくなります。このように、安定した年収がある事は、年収の大小よりも重要な審査項目になります。

株や土地や不動産などの担保がある

銀行抵当に入っていない株や土地や不動産の担保がある場合は、返済が行き詰ったとしても資産を売却すれば返済ができるので、限度額は大きくなります。また、資産がある場合は、株券担保ローンや不動産担保ローンなど、別のローンも申し込みが可能になります。

単純に年収だけで限度額が決まっている訳ではないと理解していただけましたでしょうか。両親から受け継いだ不動産がある方などは一度自分の資産を見直してみるといいでしょう。

年収は嘘を書いたらどうなるの?

キャッシングの申し込みで、年収が少ないので嘘を書いてみたいといった欲望に駆られる事があるかもしれません。年収で嘘を書いてしまったら、キャッシング業者にばれるのか、どうなってしまうのかを解説していきます。

基本的に年収証明書の提出でばれる

キャッシングを申し込む場合は、大体は年収を証明するための書類、源泉徴収票や住民税の支払表などの提出を求められます。源泉徴収票を見れば、年収額は書 かれていますし、住民税の支払表を見ると、払った住民税額から逆算して大体の収入額がばれてしまいますので、嘘はキャッシング業者に見破られます。また、 勤務先の規模・業種と勤続年数によって、ある程度の年収は推測される為、逸脱した年収を申告しても海千山千の業者はたやすく見破るでしょう。

嘘は詐欺罪に問われる可能性がある

仮に収入証明の書類を偽造して融資を受けた場合、業者を欺いて融資を受けたことになるため、詐欺罪が成立する場合があります。途中でばれた場合は業者は契 約を打ち切り、回収をすることができますので、即座に返すことができなければ刑事告訴され、詐欺罪で最悪逮捕、実刑判決を受けるケースもあります。

虚偽申告で得た借金は自己破産ができない。

虚偽申告でキャッシング業者から融資をだまし取った場合、自己破産はできないと思った方がいいでしょう。自己破産には、裁判所の免責が必要ですが、虚偽申 告をして欺いて融資を受けた場合は免責が降りないからです。借金が返せない金額まで膨れ上がっていても、免責が降りませんので半永久的に返し続ける事にな ります。借金とりから逃げ続けるとしても、借金の時効は10年(通常5年だが裁判所への申し立てで10年まで延長可能、その間住民票は移せない)ですの で、そこまで不便をしてまで虚偽申告をするメリットは余りありません。

いかがでしたか。年収は大切な項目ですので、見栄を張ったりしたい気持ちもわからなくは無いですが、嘘は簡単に見破られますし、あまり良いこともありませ ん。今の年収で満足する金額が借りられないときは、借り過ぎになりますので、よからぬ事を考えず適切なキャッシングを行いましょう。